スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜわからない。 

北海道苫小牧市の食品加工卸会社「ミートホープ」(田中稔社長)が、生産した「牛ミンチ」に豚肉を混入していたことが分かった。
 問題の製品は、ミートホープの肉を加ト吉の子会社「北海道加ト吉」(北海道赤平市)でコロッケに加工し、日本生協連が「CO・OP 牛肉コロッケ」として全国に60万個(昨年度)販売している。
毎日新聞 20日付記事・http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070620-00000027-mai-bus_all&date=20070620221806                               

ミンチ肉偽装・ミートホープ、鶏肉用の袋も10年間偽造 
読売新聞 23日記事http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070623-00000305-yom-soci&date=20070624114205 

 当ブログでは中国産についての批判を2度ほど行ってきた。しかし、いい加減な奴らは国内にもいるらしい。偏った批判は良くないのでここで一稿。消費者は国産の農畜産物、または国内で製造された製品を好んで買い求める。筆者はスーパーでのアルバイト経験があるのでよくわかるが、消費者は産地を気にする人が多い。これは国内産を信用しているからだ。中国産の恐ろしさが明らかになればなるほど国内産への信用は高まる。日本産なら危険な農薬や有害物質などは入っていし、変な混ぜ物も使ってはいないだろう。皆そう信じて国内産を購入してきた。無論筆者も迷わず国内産を選んできた。

あれだけ中国産が批判されているのにわからないか。もはや食の信用は国産が一手に背負っているというのに。今回の事件はそんな消費者の信用を一気に打ち壊すものだ。生協のものだからと安心して買った牛肉コロッケに、まさか牛肉ではなく豚やその内蔵や鳥肉が混入されていたなんて誰が思ったろう。だれも思わない。しかしこれからの皆は疑うだろう。「これは本当に安全か?」と。

国内メーカーはこの際すべての商品に同じような事が行われていないか即刻検査すべきだ。そうしなければ信用は回復しない。

加えてこの偽装事件を巡っては、06年2月に農水省に情報が寄せられていたにもかかわらず、何の対応もされてこなかったという問題もある。農水省は北海道庁へ伝えたと言い、北海道庁は聞いてないの一点張り。お決まりの責任の擦り付けあいだ。呆れるばかりだ。

企業、行政には今後信頼回復への努力、また罰則強化、監視体制強化を希望する。


ついでに一言、野菜、肉、魚などの産地表示は義務になっているが、未だに加工食品の原材料の産地表示がなされていない。消費者の安全などを考えるのであれば是非義務化してほしい。食の安全はこれからの重要な課題だ。

スポンサーサイト

親としての自覚は何処へ・・・ 

子は親の背中を見て育つ。
親を反面教師とする子もいるだろうが、大体は親を見てそれを真似る。
私は子どもと接する機会が多いからよく観察するが、この子は~・・・と思う子の親はやはりなぁ~という感じである。その逆もあるから一概には言えないが。。。

時代が移り変わろうと子どもの一番の手本となるのは親だ。しかし、最近その手本となるはずの親に異変が起きている。給食費滞納問題をはじめ、保育料滞納、虐待、子殺しなどである。

文部科学省の調査で、05年には全児童生徒の約1%にあたる10万人近くが、05年度に給食費を滞納し、滞納総額は22億円余りになったようである。
高級車を乗り回しながら給食費は「義務教育だから払う必要は無い」と拒否する親もおり、保育料にしても同様に不払いを決め込む親が増えているのだ。地方自治体の中には法的措置をとったところもある。

22億という莫大な金額も問題だが、真の問題は親のほうにある。法で縛れば、滞納は一時的に減るかもしれない。しかしそれでは何の解決にもならない。給食にお金を払うことや保育料を払うことは決められたルールであり、皆で守ることで成り立っている。親であれば当たり前に守らなければならないことである。これが一番の問題である。
ルールを守る事を教える立場の親がこの状況なのだから、イジメ、学級崩壊が起こるのに何の不思議も無い。この状況をみればなるほど頷ける。親にはぜひとも親の自覚を持ってもらいたい。それが出来なければ育てる資格など無い。

なぜ今頃こんなことを書いたかというと、先日の朝日の記事を見てどうしても書きたくなってしまったのである。
「たばこを吸う女性は妊娠しても、半数近くが喫煙している。」という記事だ。これを見て皆さんはどう思うか。妊婦が喫煙すると、流産や早産の危険性を高め、生まれる子供の脳や体に障害が出る場合もあるにも関わらず半数が喫煙を続けた。親が子を思えば出来ない仕打ちだ。
虐待、子殺しにいたっては言うに及ばずである。

参考記事↓
http://www.asahi.com/life/update/0522/TKY200705220055.html



一言・・・親は子を選べるが、子は親を選べない。無情だ。




始めてみました。是非クリックお願いします!↓
。



国際社会は強いメッセージを!No!中国産!! 

これ以上放置してはいけない。
国際社会は中国に対して強いメッセージを発するべきだ。

パナマでの中国産の原料が含まれた薬を接種した人100人が死亡した問題に対して、中国政府は責任をパナマ政府に押し付けた。
予想通りの対応だが、改めて中国のいい加減さ、傲慢さを実感した。


日本国および世界各国は断固として食、医療、生命の安全を脅かす中国に対して中国製品の不買を勧告し、日本の食品業界は真に消費者の事を思うならば原料に中国産を使用する事を控えるべきだ。


日本は悲しいことに多くの製品が中国産に依存している。これを断ち切ることは非現実的かもしれないが、このままでは日本人の安全は守れないことは明白だ。食料自給率の問題とともに考え直さねばならないであろう。

残念ながら今の中国に自浄作用は無い。

参考記事↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000205-jij-int

始めてみました。是非クリックお願いします!↓
。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。