スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!

web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年01月27日] 「竹島問題を学ぶ」講座 第4回の講義録・レジュメをアップしました。


スポンサーサイト

文科省は島根の要望を真摯に受けとめろ! 

竹島の「固有領土」記載を

◆県など、新指導要領で要望◆
 県と竹島領土権確立県議会議員連盟(会長=細田重雄県議)は23日、文部科学省が昨年公表した高校の学習指導要領の改訂案に竹島の記述がないことに対し、「竹島は隠岐の島町に属する我が国固有の領土」と記載するよう要望したと発表した。文科省が21日まで受け付けているパブリックコメントに県は16日、議連は20日に意見を提出した。
 新しい指導要領は13年度の入学生から実施する。文科省が昨年まとめた中学校の学習指導要領の解説書には、北方領土問題とともに、初めて竹島問題が明記された。
 坂根昌宏・県教委高校教育課指導主事は「竹島問題が高校の教科書に記述されるように、国や国会議員に対し訴えていきたい」と話した。文科省は早ければ2月にも正式な指導要領を発表する予定で、県と議連は27日、合同で文科相や外相を訪問し、意見書を手渡す。

朝日新聞 2009年01月24日付記事



パブリックコメントやってたのか~~・・・・・orz


本当に島根県は良くやってくれている。

文科省はいい加減に目を覚ましてもらいたい。教育は国の行く末を左右するものである。その教育の指針ともいえる学習指導要領を、他国の圧力で書き換えてしまうことは国を滅ぼすも同然の行為である。


文科省の英断を期待したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それにしても自国の領土を侵略されているのに、侵略者に胡麻を擂るような腐った政治家がこの日本には多すぎる。なぜもっと毅然とした態度を取らないのか。


世界各国が金融危機を乗り越えんと必死に頑張っているのに、ここ日本の政治家は、人の揚げ足取りに夢中で本当に日本を良くしようなどとは考えない。で、挙げ句の果てに「漢字テスト」までやっている。全く救いようの無い連中である。絶対に政権などを託すことはできない。

ねえ民主党さん。ねえ石井一さん。


民主・石井氏らに批判殺到 首相への「漢字テスト」 (産経)

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!

web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年 1月22日]2008年12月分の意見・質問の回答をアップしました。




民主党国対委員長にまたもスキャンダル!! 

民主党も懲りませんね・・・またブーメランですか。


民主の国会戦略に打撃も 山岡氏の不透明資金発覚



 民主党の国会対策の司令塔である山岡賢次国対委員長の不透明な資金問題が23日浮上し、党内に動揺が走った。与党側が攻撃を強める余地もあり、今国会の主戦場となる平成21年度予算案の審議を目前に控え、出ばなをくじかれた形だ。山岡氏自身は「問題ない」として乗り切る姿勢をみせているが、説明責任を十分に果たしているとはいえないのは事実。小沢一郎代表の側近だけに、この問題の行方が党に打撃を与える可能性は捨てきれない。
 山岡氏は23日午前、自宅にこもり、電話などで関係者らと対応を協議した。その結論が、「政治的にも法的にも適性に対処し処理している」とするコメントを出すことだった。
 この問題を記者団に聞かれても無言のまま。同日午後、4野党国対委員長会談後に国会内で行った記者会見でも、冒頭に2分ほど会談内容を説明しただけで、質問を受け付けずに足早に退室した。記者にICレコーダーを突きつけられても無視を決め込んだ。
 山岡氏は民主党最高幹部の「5人衆」に数えられているだけに、昨秋以来、自民党からマルチ商法関連業界との関係も追及されてきた。不透明資金の問題はこれに追い打ちをかける形となり、党内から「国会運営に影響が出かねない」(中堅)との声が上った。

この問題をめぐっては栃木県真岡市の福田武隼市長が23日の記者会見で、平成13年の市長選で山岡氏の当時の公設秘書らに手伝ってもらった見返りに2年間で約400万円の報酬を要求されたと主張した。
 これに対し、山岡氏はコメント文で「市長の所有する病院の土地買収問題の弁護士代などの諸経費だったと聞いている。当選後、政敵となった市長サイドの虚言であり、近々行われる真岡市長選への悪質な選挙妨害としか考えられない」と反論した。
 自身の口で説明しない山岡氏の狙いは「嵐の過ぎ去るのを待つことだ」(周辺)というが、与党からは「黙っているのは後ろめたいからだ」(自民党中堅)という声も漏れる。
 真岡市長からの入金について民主党関係者は「違法性はなく、選挙活動の報酬だとしても、ただの『セコい話』というだけ」とみている。だが、振込先だった都内の学習塾経営会社については「ペーパーカンパニーだった場合、与党に徹底追及されるのではないか」(幹部)との懸念が広がっている。この会社の口座にマルチ商法関連業者から「花代」10万円が振り込まれ、返金した経緯もある。
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は記者会見で、「党の問題というよりも個人の問題だ」としつつも「疑惑が多少でもあるとすれば、晴らす努力をしなければならない」と注文をつけた。
 自民党の細田博之幹事長は「事実関係について確認していないが、公人として十分な説明をすべきだ」と述べ、山岡氏の出方を注視する考えだ。

産経新聞 2009年1月24日付記事 2ページ目はこちら




この山岡賢次という人物、以前にはマルチ商法関連業界との関係で国会で追及されていましたね。拙ブログでも取り上げました。

民主とマルチの蜜月関係 副代表・国対委員長までもが・・・

そういえば結局この問題は有耶無耶にされてしまったようですね。私もすっかり忘れていました。

人々から金を搾取しているマルチ業界から金をもらって、マルチを擁護するような方には「国民の生活が第一」を掲げる民主党の国対委員長など勤まらないと思うのですが、今度は不透明な資金ですか。全く民主党も可笑しな方を国対委員長にしたもんですな。

この疑惑の行方は、振込先だった都内の学習塾経営会社がペーパーカンパニーなのか、そうでないのかで大きく変わりそうです。

>この会社の口座にマルチ商法関連業者から「花代」10万円が振り込まれ、返金した経緯もある。

ん~こういう経緯があったんですか。となるとそういう目的(資金洗浄?)で作られた会社な気がしますね。


自民が民主にカウンターを食らわせる絶好のチャンス。

見守っていきましょう。

竹島が奪われた日 

竹島は日本の領土です!

【20世紀のきょう】李承晩ラインを宣言(1952・1・18)

 日韓が領有権を主張する竹島韓国名・独島)で、韓国による実効支配の端緒となったのが李承晩大統領が沿岸の漁業管轄権を一方的に主張する李承晩ラインの宣言だった。サンフランシスコ講和条約が発効する直前のタイミングで、ライン内に竹島を取り込んだ。韓国側は警備隊員を配備、デモ行動を展開するなど実効支配を強めていった。


産経新聞 2009年1月18日付記事



戦後のゴタゴタで日本はてんてこ舞い。

米国の占領下にあり主権を回復していないのを良いことに、韓国竹島をかっさらっていった。

まさに火事場泥棒である。



web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年 1月16日] 「実事求是」第17回をアップしました。




今回は韓国の各紙が一斉に報じた「総理府令24号」と「大蔵省令4号」についてです。


建設利権ドップリな小沢さん 

「国民の生活が第一」が売りの民主党・・・・

のはずなのに、トップの小沢さんは建設利権にどっぷりですか。

何処向いてんのかさっぱり解らない小沢さん。

西松建設OB2団体 脱法的献金 4億8000万円


 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)のOB二人が設立した二つの政治団体が、二〇〇六年末までの約十年間に、総額約四億八千万円の政治献金をしていたことが分かった。複数の同社関係者は本紙の取材に「実体は同社がつくった政治団体」と認めている。政治家個人に対する企業献金は禁じられており、同社は“抜け道”を利用した脱法的な献金を続けていた可能性が強い。 
 同社については、海外事業で捻出(ねんしゅつ)した裏金一億円を、無届けで国内に持ち込んだ外為法違反の疑いで、東京地検特捜部が捜査を続けている。
 団体は「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」。西松建設の営業管理部長を務めたOB二人がそれぞれ、一九九五年と九八年に設立。事務所は千代田区内のビルの同室で、〇六年末にそろって解散した。
 二団体の政治資金収支報告書や官報によると、新政治研は十二年間で約三億五千五百万円を寄付し、約七千百万円分のパーティー券を購入。未来研は九九年以降の八年間で、約二千九百万円を寄付、約二千二百万円分のパーティー券を買っていた。
 〇四-〇六年の主な献金は、小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」へ千四百万円、自民党・二階派の政治団体「新しい波」(二階俊博代表)へ七百七十八万円など、与野党首脳や建設族の議員が中心。小沢氏については、岩手県の政党支部にも千七百万円を寄付している。
 二団体の収入は会費と、年三回ずつ都内で開いていた政治資金パーティーの二本柱。会員は新政治研が数百-千四百人、未来研が百人前後。パーティーでは一回平均二百万円近い収入が計上されているが、参加者など実態は不透明だ。
 二団体の代表を務めた西松建設OB二人には、文書などで取材を申し込んだが、二十八日までに応じていない。西松建設総務部は「捜査が続いている現時点では、何もコメントできない」としている。

東京新聞 2008年12月29日付記事



読売も!

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081231-OYT1T00021.htm


おお!小沢さんは西松建設が脱法的献金をした政治家の中で堂々の1位ですね。天晴れ!

汚いお金をこんなにもらっちゃって。。。見返りは何なんでしょうね。気になるところです。




~~~~~~~~~

恥ずかしながら私はこの報道を1月13日に知りました。

こんな大きな事件なのにテレビなどで見かけなかったのは私だけ??

マスコミ小沢民主マンセー!状態ですから故意に報道しなかったのでしょうか?

それとも選挙を睨んでマスコミは知らんぷりしたのでしょうか?

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新されたので御知らせします。

■研究情報
[2008年12月25日] 杉原通信第13回をアップしました。

外務省の竹島パンフレット・・・10カ国語へ 

竹島は日本の領土です!


外務省が作成したパンフレット「竹島問題を理解するための10のポイント」は、今日、英、韓の3カ国語版のみでしたが、新たに中国、仏、独など7カ国語版が追加されたようです。



・外務省HP~竹島問題~
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/

韓国側が工作に躍起になっているのに、日本が何もしないのでは、他国に良くない印象を与える恐れもあります。今回の外務省の動きは「遅すぎ!」といいたいところですが・・・まあ動き出したということで一応評価できるでしょうか。


さて、外務省の動きに早速韓国側が反発しています。


韓国政府、外務省ホームページの竹島記述の削除要求

 韓国外交通商省は28日、日本の外務省がホームページに掲載している竹島韓国名・独島)問題の記述について改めて削除を要求したと発表した。外務省は従来の日、英、韓の3カ国語版の竹島問題の紹介パンフレットに加え、中国、仏、独など7カ国版を新たに作成し配布を始めた。韓国政府はこれに厳重抗議した。(ソウル支局)

NIKKEI NET 2008年12月29日付記事




中央日報も。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109352&servcode=A00§code=A00


日本は高校の学習指導要領でも韓国側に配慮してましたね。。。

さて日本はまたも韓国の脅しに膝を屈してしまうのか。

あけましておめでとうございます。 

             謹 賀 新 年         


             あけましておめでとうございます。


              
            本年もどうぞ宜しく御願いいたします。


             

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。