スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮を支える在日の存在 

在日朝鮮人は北朝鮮の手足となって働いている。。。。



ミャンマーに不正輸出未遂 貿易会社幹部ら3人を逮捕



 大量破壊兵器に転用可能な物資をミャンマーに不正輸出しようとしたとして、神奈川県警外事課は29日、外為法違反(無許可輸出未遂)容疑で、貿易会社「東興貿易」(東京都新宿区)社長で北朝鮮籍の李慶鎬容疑者(41)▽輸出入代行業「大協産業」(渋谷区)社長、武藤裕彦容疑者(57)▽機械製造メーカー「理研電子」(目黒区)社長、香月巳昭容疑者(75)-の3人を逮捕した。県警によると、3人はおおむね容疑を認めているという。
 県警の調べによると、李容疑者らは共謀。今年1月23日、理研電子を輸出元として、マレーシアから迂回(うかい)してミャンマーにミサイル開発などに使われるおそれのある直流磁化特性自記装置1台(694万円相当)を不正輸出しようとした疑いが持たれている。

(省略)

李容疑者は中国の貿易会社「東新国際貿易有限公司」からの指示を受け、理研電子に依頼。直流磁化特性自記装置は永久磁石を製造する過程で使用する装置で、ミサイルの制御装置の部品に使われる磁石を測定するために使われるという。

産経新聞 2009年6月29日付記事




家宅捜索は2月26日に行われていたようです。(同じ事件であればですが)


ミサイル関連物資、北朝鮮に不正輸出 都内の商社を強制捜査 (産経新聞 09年2月26日付記事

↑の記事には、

「こうした物資を北朝鮮に直接輸出することについては規制が厳しく、実質的に難しい。そのため最近は第3国を経由して、運び込むケースが目立っている。公安当局は、北朝鮮側が“迂回(うかい)輸出”の指示を出しているとみている。」


とあり、迂回輸出が指摘されています。


ミサイル関連物資はミャンマー政権への輸出というより、ミャンマーを迂回して北朝鮮へ輸出されているということなのでしょう。。
「李容疑者は中国の貿易会社「東新国際貿易有限公司」からの指示を受け、理研電子に依頼」とありますが、この貿易会社も北朝鮮系なようです。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090630ddm041040004000c.html


物資の流れは


             

             日本(在日企業)
                ↓
                ↓
              ミャンマー 
                ↓
                ↓
     
            中国(北朝鮮系企業)
                ↓
                ↓
               北朝鮮


 

になるようです。


このような不正輸出が出来るのも、日本に居座る在日朝鮮人の働きがあるからですね。こうやって北朝鮮は外貨や物資を手に入れていた・・・・なるほど、これなら制裁が痛くも痒くもないという北朝鮮の言い分が少し理解できました。



もっともっと厳しくしていかなきゃ!

スポンサーサイト

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!



web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年06月29日] 杉原通信第17回をアップしました。




第17回は「明治38年松江市に居た韓国人教師安泳中について」です。

もう一度民主党を考えよう!三鷹・小金井市議会で「慰安婦」問題に関する意見書採択 

なぜか今、市議会で慰安婦決議が相次いでいる。

既に宝塚市議会、札幌市議会、箕面市議会、福岡市議会、清瀬市議会などが「慰安婦」問題意見書を可決しているが、三鷹・小金井市議会もこれに続き意見書を可決した。


両市議会の意見書はここで見れます。(アジア女性資料センターHP)
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=469



何故このような意見書が易々と可決されるのか、、議員の内訳を見てみると・・・


*三鷹市議会の議員名簿

・三鷹市議会政新クラブ  (11人)

白鳥  孝(幹事長)、伊藤 俊明(副幹事長)、伊東 光則(幹事)、加藤 浩司(幹事)、渥美 典尚、土屋 健一、宍戸 治重、加藤 久平、田中 順子、吉野 和之、石井 良司


・三鷹市議会公明党 (5人)

緒方 一郎(幹事長)、寺井  均(副幹事長)、赤松 大一(幹事)、川原 純子、粕谷  稔


・三鷹市議会民主党 (5人)

谷口 敏也(幹事長)、岩見 大三(副幹事長)、中村  洋、高谷真一朗、浦野 英樹


・日本共産党三鷹市議会議員団 (4人)

岩田 康男(幹事長)、栗原 健治(副幹事長)、大城 美幸、森   徹


・にじ色のつばさ (3人)

嶋崎 英治(幹事長)、半田 伸明(副幹事長)、野村 羊子

http://www.gikai.city.mitaka.tokyo.jp/member/party.html




この意見書は、怪しげな会派「にじ色のつばさ」によって提出され、賛成多数で可決された。賛成17、反対10だそうだ。


ここで確認しました。
http://www1.parkcity.ne.jp/shimayan/Gikai-shitumon-sakuin-09.html

反対したのは、三鷹市議会政新クラブの議員のみ。

後の民主・公明・共産の議員はすべて賛成に回った。

三鷹市議会は完全に左派に牛耳られている。

だからあの様な意見書が通ってしまったのだ。



小金井市議会はどうだろう。

*小金井市議会議員名簿

みどり・市民ネット ( 6人)

日本共産党小金井市議団  (4人)

民主党・社民クラブ  (4人)

小金井市議会公明党  (4人)

自由民主党小金井市議団 ( 2人)

自由民主クラブ  (2人)

改 革 連 合  (1人)

こがねい市民会議  (1人)


http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/gikaijimukyoku/gikaijimukyoku/giin_syokai/20090416kaihabetumeibo/files/20090416kaihabetugiinnmeibo.pdf



小金井市議会では、賛成13、反対9の賛成多数で可決された。

 意見書は会派「みどり・市民ネット」、共産、民主・社民クラブの三会派が提出、自民、公明は反対した。

・・・ここでは公明党は反対。意図は解らないが、過去の意見書採択では公明党は賛成に回っている。


小金井市議会も三鷹と同様、左派に牛耳られている。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これら意見書が、しっかりとした検証のもとに出されたものではないことは明らかである。


それはさておき、私がこれらを見ていて思ったことは、これが国会であったらどうなるのかということだ。


次期衆院選では、民主党が第一党になる可能性が高いとされている。


各市議会において意見書にことごとく賛成票を投じた民主党が、衆院で第一党になろうものなら、とんでもなく恐ろしいことになるのではないか。もはや河野談話どころの話じゃなくなる。


もう一度民主党という政党を理解する必要があるのではないか?

Web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


Web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年06月26日]2009年5月分の意見・質問の回答をアップしました。




面白いです

鳩山民主党と真光 

民主党は次期衆院選での政権交代を狙っているわけですが、


その民主党・・・どーも胡散臭い。



・・・・・・・・で、こんな画像を見つけました。



まずは、創価学会批判・麻生総理にたいする漢字テストでおなじみ

  石井 一 参議院議員。

↓クリックで拡大
minsutoumatome-1.jpeg

※「崇教真光」誌平成13年12月号(471号)32~33ページ



↓クリックで拡大
minsutoumatome-2.jpeg

※「崇教真光」誌平成17年12月号(519号)46~48ページ



新興宗教の真光に祝辞を送っていますね。

この真光。ただの宗教じゃないんです。

真光の何が凄いって、手をかざすだけで「健(病気しないからだ)・和(争う心が起きない)・富(貧しさからの脱出)を得ることができる」というんです。私自身も中学生時代に同級生に勧誘されたことがありました。

※ちなみに誘い文句は「すごいんだよ、例えばこの葉っぱあるだろ?これがさ、手をこうやってやるだけで、ポテチの味がするんだよ!マジで」です(笑)

石井さん。創価学会を散々批判してこれです。当時は期待したんですがね。

まあそんな宗教なわけですが、


この真光へ祝辞を述べた民主党議員は石井さんだけじゃないんです。


次は民主党副代表の


岡田克也 衆議院議員


minsutoumatome.jpeg

※「崇教真光」誌平成19年12月号(543号)41~42ページ




どうも参議院選挙ではだいぶ真光にお世話になったみたいですね。

いつもは鳩山由紀夫さんが祝辞を述べていたみたいです。



はっきり言って真光はカルト宗教。


これにニコニコ祝辞を述べちゃうような民主党



どうなんでしょう!?


パチンコ税?それよりパチンコ自体を無くす方が大事だろ! 

久々にパチンコネタです。

以下はわかやま新報

自民県議団有志がパチンコ創設へ動き


自民党県議団有志で今春立ち上げた 「パチンコ・スロット (仮称) の創設を考える会」 (山田正彦座長) は19日、 県庁北別館2階大会議室で第1回勉強会を開く。 県独自の法定外導入を視野に実質的な活動の第一歩となるが、 県の業界団体は 「厳しい経営環境のなか毎年、 社会貢献も行っている。 勉強するなら業界内部の実情をもっと知って」 と反発を強めている。
考える会の山田座長 (県議) は会設立の目的について パチンコ依存症や家庭崩壊などパチンコ業界が抱えるさまざまな問題に警鐘を鳴らすという意味が先で、 収確保が第一と思われているのは心外」 と説明。 将来的に議員提案での条例化を目指し今後、 勉強会を定期的に開いていくとしている。
具体的な新の課方法などは今後勉強会を重ねて検討するが、 新規の遊技機1台当たり月500~1000円として徴収し、 新税は目的税化して社会福祉環境の整備や青少年健全育成に充てるという案が出ている。
県警などの調べでは、 県内の遊技機台数は平成20年末で約4万台で、 新税が導入された場合は年間2億4000万円~4億8000万円の税収が見込まれる。 パチンコ税はかつて、 東京都で法定外税の1つとして提案されたが、 現在は立ち消えになっている。
一方、 県遊技業協同組合の竹中利雄専務理事は、 射幸心をあおりすぎるというギャンブル性については 「新規則の施行で、 旧来の遊技機はすべて撤去されている。 最近は健全な娯楽を目指した 『1円パチンコ』(貸し玉1個1円)などを導入している店も増えているが、 ここ数年間で多くの店が廃業に追い込まれている」と指摘。
その上で「深刻な経営環境のなかで社会貢献活動として毎年、物品の寄付活動などを続けている。こうした業界内部のことをもっと知ってほしい」と新税創設には反対の姿勢。
考える会の第1回勉強会はフリージャーナリストの溝口敦氏が講師となり、 広くパチンコ業界の現状について話を聞く。 午後3時から。 溝口氏は 『パチンコ30兆円の闇』 『もうこれで騙されない』 などの著書がある。 考える会は自民県議団有志のほか、 他会派の県議や県職員らの傍聴も呼びかけている。


わかやま新報 2009年06月19日付記事




パチンコ税。。。

かつて東京都でも検討されていた。


この動き、歓迎したいが、諸手を挙げて賛成する訳にはいかない。


何故なら、課税する事によりパチンコの違法性を容認することになりかねないからだ。


考える会の山田座長 (県議) は会設立の目的について 「パチンコ依存症や家庭崩壊などパチンコ業界が抱えるさまざまな問題に警鐘を鳴らすという意味が先」などと言っているが・・・


本当にそうなのか?



パチンコの換金システムは明らかに違法である。これが人々を依存させ、家庭崩壊や盗み、強盗、殺人を引き起こすのではないか?パチンコ依存症や家庭崩壊などに警鐘を鳴らすのが目的というならば、まず換金システムの違法性を指摘し、これを規制すべきなのではないか?

パチンコ諸問題の元凶を黙認して、よく「パチンコ依存症や家庭崩壊などパチンコ業界が抱えるさまざまな問題に警鐘を鳴らすという意味が先」などと言えたものだ。どう見ても税収確保にしかみえない。もしこれが実現すれば、国民から搾取した金を税として徴収するのだから、パチンコ業界と同罪になる。



パチンコによって産み出される金は、その一部が北朝鮮へ流れているという指摘もされている。北朝鮮の核問題が膨れ上がっている今こそ、その資金源となっているパチンコを規制すべきなのではないだろうか。


風営法

(遊技場営業者の禁止行為)

23条 第2条第1項第7号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。)を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。

 1.現金又は有価証券を賞品として提供すること。

 2.客に提供した賞品を買い取ること。

 3.遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物(次号において「遊技球等」と いう。)を客に営業所外に持ち出させること。

 4.遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること。

 第2条第1項第7号のまあじやん屋又は同項第8号の営業を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。

 第1項第3号及び第4号の規定は、第2条第1項第8号の営業を営む者について準用する。

http://www.houko.com/00/01/S23/122.HTM#s3



「中井養三郎と竹島」特別展 

竹島は日本の領土です!


Web竹島問題研究所HPから

「中井養三郎と竹島」特別パネル展・講演会が開催されます
主催:隠岐の島町・隠岐の島町立公民館・隠岐の島教育文化振興財団
共催:島根県総務課竹島資料室            
【特別パネル展】                                                                                                                                         開催期間: 平成21年6月13日(土)から6月28日(日) 9:00~22:00                                  場   所: 隠岐島文化会館(1階コミュニケーションホール) 
本年2月~3月に竹島資料室で開催した特別展示「中井養三郎と竹島」で使用したパネル70枚を展示し、竹島の日本編入の経緯や島根県の関わりなどを解説します。
【講演会】                                                                             開催日時: 平成21年6月24日(水)午後7時から                                                     場   所: 隠岐島文化会館(2階集会室)                                                 講   師: 佐々木 茂氏 (松江東高等学校教諭、Web竹島問題研究所研究スタッフ)




山陰中央新報にも紹介されています。


「中井養三郎と竹島」 隠岐の島で特別展



竹島(韓国名・独島)が1905年に島根県所管となるきっかけをつくった隠岐の水産業者、中井養三郎(1864-1934年)の関係史料を集めた特別展「中井養三郎と竹島」が、隠岐の島町西町の隠岐島文化会館で開かれている。28日まで。

 養三郎は竹島でアシカ猟を営み、乱獲防止と漁の安定継続のため1904年、明治政府へ竹島の領土編入と貸与を願い出た。これを受け政府は竹島を領土編入し、島根県の所管となった。

 会場には、県の竹島資料室(松江市殿町)で2~3月に開催された同展で使用したパネル約70点を展示。中井の領土編入願の文書や旧西郷町長時代の直筆公文書、甥(おい)の中井金三が撮影したアシカ猟写真などのパネルが並ぶ。

 韓国の実力支配後に竹島で漁を行い、昨年末に亡くなった同町の八幡尚義さんの写真や証言文もある。

 同館は「竹島への理解を深めてもらうとともに、隠岐での関連史料発掘のきっかけになれば」と期待する。24日午後7時から講演会があり、松江東高校の佐々木茂教諭=同町出身=が竹島について話す。


山陰中央新報 2009年06月18日付記事




隠岐の島での開催ということで、なかなか遠方の方にはご縁が無いかとおもいます。


私も八王子なので、見に行くことができません。


こういう催しを是非とも東京など都市部でもやってもらいたいですね。

鳩山代表、故人から献金!?じゃあその金は何処から・・・ 

幽霊の仕業!じゃ済まされませんよ鳩山代表!


鳩山代表に「故人献金? 少なくとも5人、120万円



 民主党鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、すでに亡くなった人が個人献金者として記載されていることが分かった。朝日新聞が03~07年分の報告書を調べたところ、少なくとも5人の故人が延べ10回、120万円分を献金したことになっていた。遺族のうち、1人は「よく分からない」と答えたが、4人は「死亡後に献金した事実はない」としている。

 05年3月に亡くなった東京都内の旅行会社元社長は、生前から献金があり98~00年に年1万円、03年は25万円、04年は24万円が記載されていた。ところが死亡後もそれが24万円(05年)、10万円(06年)、15万円(07年)と続いている。

 元社長の妻は05年以降の個人献金を否定したうえで「なぜそんなことになっているのか。死亡後の献金なんて不愉快」。旅行会社側も「経理担当者が確認したが、会社がかかわった献金はなかった」と困惑気味に語った。

 04年12月に死亡した愛知県の建設会社元社長は生前、98年から6年連続で1万円を献金。死亡後は途絶えていたのに07年になって突然10万円が記載された。遺族は「変な話だ。何かの間違いではないか」と話した。

 02年12月に死亡した都内の元国立大教授の場合は、生前の01年から献金が始まり死後の03~06年にかけても計46万円分の記載があった。元教授の遺族は「夫の死後、個人的なお礼で1度だけ夫人に10万円を渡したと思う」と話すが、その10万円が献金として処理されたのかどうか不明という。

 鳩山氏は5月の代表就任会見で企業・団体献金の3年以内の禁止を打ち出した。さらに今春に配信した自身のメールマガジンでは、個人献金に対する税の優遇措置の拡大を訴えており、「企業献金から個人献金へ」の流れを唱える代表的存在だ。

 鳩山事務所は朝日新聞の取材に「誤記載だとは思うが、全体を調べてみたいと思う。事実とすれば本人や遺族に申し訳なく、誠心誠意対応したい」としている。


朝日新聞 2009年6月16日付記事





う~ん。故人献金が事務所でどのように記載されるのかは、よく解らないので何とも言えないですが、死後は途絶えていた献金が、なぜ突然記載されるのか。。。大きな疑問だ。

しかも・・・誤記載だったというならば、120万円の献金は一体何処から来たのか?


いずれ説明をしてくれるだろうが、気になるところだ。


国民の疑念を払拭できる様な説明をお願いしたい。

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年06月15日] 「実事求是」第20回をアップしました。




第20回 テーマは


「東北アジア歴史財団」の愚挙


です。

変態新聞騒動の張本人が民主党から立候補!? 

皆さんにお知らせします!

もうご存知の方もおられるかとおもいますが、


変態記事を垂れ流していた!


しかも当時責任者だった!


毎日新聞社員 矢崎公二が!!!


なんと!あの民主党から!衆議院 長野県4区から立候補するそうです!!!!


えらいこっちゃ~~~~~!



※プロフィール

2005年 西部本社福岡本部報道部副部長
     東京本社デジタルメディア局プロデューサー

2008年 編集局夕刊編集部副部長




>東京本社デジタルメディア局プロデューサー

これ、waiwaiのコラムを担当していたみたいで!

なのにお咎め無し!

・過去エントリです。
朝日も毎日も身内に甘過ぎ!

※毎日新聞が公表した処分対象に名前はありませんでした。




んで、毎日批判が収まった頃に立候補なんてしてくるんですから。。。


なめんな!と言いたい。


皆で、この事実を広めていきましょう。

でなきゃ、日本は変態が政治をする国になってしまう。


矢崎公二HP :http://home2.netpalace.jp/nagano4yazaki/top.cgi
 
矢崎公二blog :http://nagano4yazaki.at.webry.info/

韓国が捏造推進か?韓国に口述史学会誕生 

今日のニュースはちと強烈です。


突っ込みどころが満載過ぎて、私のみでは対応しきれないので。


みなさんの突っ込みよろしくお願いします。


では、久しぶりに朝鮮日報記事をどうぞ!


韓国に口述史学会が誕生

初代会長に咸翰姫・全北大教授

「強烈な事件ほど人々はきちんと記憶している」「口述は思ったよりも正確」

 「実証主義史学では、人の記憶は信用できないとして、記録だけを重要視します。しかし口述史を信頼に値する研究方法として確立していくのは、現在の世界的なすう勢です」

 今月5日に創立された韓国口述史学会。同学会の初代会長に就任した全北大考古文化人類学科の咸翰姫(ハン・ハムヒ)教授は、「数年前に学会を作ろうと言ったときは、特に反応はなかったが、最近になって関心が高まっているのを見て、“ああ、すべてには時期があるのか”と思った」と話し、大きな声で笑った。

 口述史学会には、人類学の研究者として木浦大の尹炯淑(ユン・ヒョンスク)教授、済州大のユ・チョルイン教授、韓国口述史研究所のユン・テクリム氏、社会学の研究者として漢城大のキム・ギオク教授、ソウル大のイ・インギュ教授、韓国史の研究者として公州大の池秀傑(チ・スゴル)教授、蔚山大のホ・ヨンラン教授、成均館大のイ・ヨンギ教授らが名を連ねている。このほか、人文・社会科学だけでなく国楽・舞踊・体育・看護学なども含め、さまざまな分野の研究者120人余りが参加している。

 人の口を通じ記憶を採録する「口述史(オーラルヒストリー)」が西欧で重要な歴史研究の方法として注目を集めたのは、第2次大戦以後のこと。戦場から帰ってきた軍人たちが、記録からは知ることのできない戦争の惨状を知らせたことで、口述の重要性が浮き彫りになったのだ。ナチスによるユダヤ人虐殺を明らかにしたのも、「記録」ではなく「言葉」だった。

 しかし咸翰姫教授は、「口述の伝統は、西洋よりも韓国の方が強い」と指摘する。「朝鮮時代には、“文書は偽造可能だが、人の口は偽れない”と考えられていた。裁判を行うとき、誰がどの土地を持っているかという所有権の文書よりも、その土地の実際の所有者が誰なのかについて、近所の人々が話す内容の方を重視した」。咸教授は「西欧の学者も、民謡・物語・説話など口述文化が発達した韓国の伝統に驚いている。西洋の近代学問が輸入される中で、むしろ記録の重要性が強調され始めた」と語った。

 咸教授は、「人々は強烈な事件について驚くほど正確に記憶している。口述は意外と正確だ」と語った。証言者が間違って記憶している部分があっても、価値がないわけではない。事実を立証することも重要だが、その人がなぜそのように記憶しているのかについて、当時の社会的・政治的環境を加味して解釈することもできるからだ。

 口述史学会は今後、学会誌の創刊、学術大会の開催、海外の口述史学会との交流など、さまざまな活動を繰り広げていく予定だ。咸教授は「口述史研究は諸分野の学問の統合を導き、市民自らが歴史の主体との認識を持ち、それを拡散させるのに寄与するだろう」と語った。 


韓国口述史学会の初代会長に就任した咸翰姫(ハン・ハムヒ)全北大教授は、「近い時代を研究する際には、口述が“主”、文書が“従”になることもあり得る」と語った。/写真=イ・テギョン記者
李桓洙(イ・ハンス)記者

朝鮮日報 2009年6月14日付記事





オーラルヒストリーは確かに注目されてきているそうです。


文献資料に残らなかった出来事や、細かな部分を知ったりするという意味では、当時を知る人物からそれを聞くというのはとても重要なことでしょう。


しかし、それはあくまで文字史料を補完する意味合いしか持たないのでは?と私は考えます。素人意見ですが・・・・


オーラルヒストリーの危険なところは、記憶に頼るものであるから、曖昧な部分が出てくるということ。そしてその人個人の主観、思想、が入ってしまうこと。また政治的な意味合いを持ってしまうものなどでは、本当のことを良い辛くなってしまうこと。また意図を持って捏造することが出来ること。


全北大考古文化人類学科の咸翰姫(ハン・ハムヒ)教授は「口述は思ったよりも正確」「朝鮮時代には、“文書は偽造可能だが、人の口は偽れない”と考えられていた。」などと言いますが、一時史料などがしっかりしていないようでは、何の意味もないものではないかと考えます。嘘をつこうと思えばいくらでもつけるし、何らかの強制的な力が加われば無理矢理証言をさせることだってできる。


良い例が、韓国が主張する「従軍慰安婦問題」「強制連行問題」や、沖縄県民の主張する「集団自決問題」、中国が主張する南京大虐殺問題」などです。どれもしっかりした史料が無く、歴史事実として立証は出来ていない。しかし、証言だけが一人歩きして、大変醜い状況になっていますね。

彼らは都合のいいように証言を使っていますが、これじゃあ駄目です。


咸翰姫(ハン・ハムヒ)教授は最後に「近い時代を研究する際には、口述が“主”、文書が“従”になることもあり得る」などと言っておられますが、有り得ないことですね。
まあ韓国からすれば、そうなれば従軍慰安婦強制連行問題で有利になると考えているのかもしれませんが。。。



※wikipediaより


一次史料
一次史料とは、その当時の生の史料、すなわち同時代史料のこと。古文書、当事者の日記、手記、手紙など、その当時の人物が作成した文書類や収集した事物など。その時代のコインや新聞記事等も一次史料になりうる。

二次史料
二次史料とは、同時代史料以外の(一次史料などによって後から作成された)編纂物などのこと。例えば、明治時代に書かれた「豊臣秀吉」伝は二次史料である。ただし、研究テーマによってはこの著作自体をその当時の秀吉像や歴史観を知る一次史料として用いることも可能である。


一等史料・二等史料…
明治時代の歴史家、坪井久馬三が提唱した史料の6区分。坪井説によれば、一等=事件当時に当事者が作成したもの(日記・書簡の類)、二等=事件から少し経ってから当事者が記したもの(手記の類)、三等=一等と二等をつなぎ合わせて作成したもの(伝記の類)、四等=信頼できる書籍や遺物(年代・作者が不明確なものも含む)、五等=信頼のおける編纂書、等外=それ以外のもので、一等から四等が根本史料である。主に当事者性に着目した区分であるが、明確でない点もある。機械的に史料を区分するだけでは意味がなく、現在では余り使われない用語である。

中国の景気は大丈夫?怪しい噂・・・ 

世界が不況に喘ぐなか、中国は一足先に抜け出している・・・?

こんなニュースがありました。


中国景気回復より鮮明に 5月PMI3カ月連続50上回る


 中国物流購買連合会が1日発表した5月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整後)は53.1と、前月の53.5から低下したものの、3カ月連続で製造業の拡大・縮小の分かれ目となる50を上回った。同国景気がほぼ10年ぶり低迷期から回復に向かっていることがあらためて裏付けられた。これを受け、同日のアジア主要国の株式市場は大幅に上昇した。

 融資の伸びや固定資産投資の加速、さらに小売売上高の増加は、同国の温家宝首相による4兆元(約55兆円)規模の景気刺激策が効果を表していることを示している。

 メリルリンチのエコノミスト、ティン・ルー氏(香港在勤)は「より多くの景気刺激プロジェクトが始動するなか、経済活動や国内需要が拡大している。周辺国が景気低迷から抜け出すなかで中国景気回復により勢いがつくだろう」との見方を示した。

 5月の生産指数は56.9(前月は57.4)、新規受注は56.2(同56.6)といずれも低下した。一方、輸出受注指数は50.1(同49.1)へ上昇した。

 中国国家発展改革委員会(発改委)の先月21日の発表によると、景気刺激策により同国では4月末までに、地方で2万キロの道路が建設されたほか、21万4000戸の低賃貸料住宅、445キロの高速道路、10万平方メートル相当の空港整備が行われた。

 中国自動車3位の東風汽車は景気刺激策が1~4月の自動車販売の増加に寄与したと話している。

 ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査によると、同国のGDP(国内総生産)成長率は4~6月期に6.8%へ加速する見通し。1~3月期は同6.1%だった。

 同国のPMIが3カ月連続で50を上回ったことを受け、1日の上海、深セン、香港の株式相場は大幅に上昇。上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は同日、前週末に比べ88.35(3.36%)高い2721.28で取引を終え、今年3月4日以来の上げ幅を記録した。このほか、インドやシンガポール、韓国など他のアジア主要株式市場の株価も軒並み上昇した。

 大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「景気改善のペースは予想を上回っており、それが投資家に株を買う強い理由を提供している」と述べた。(Paul Panckhurst、Li Yanping)


Business i  2009年6月2日付記事




経済対策の効果もバッチリです!

流石は中国。



と行きたいところですが・・・・


もともと、大消費国だった米国がポシャったから中国も大変だったはず。

それがこんなにすぐに回復しちゃうのか?

米国はまだまだ回復なんてのにはほど遠いはずなのに。



少し興味深い記事を発見しました。


以下は大紀元です。ソースとしては心もとないですが・・・

中国:電力消費急減で鉱工業生産上昇の矛盾
 

 【大紀元日本6月13日】中国国内電力消費量が急激に減少したにも関わらず、政府の発表した鉱工業生産(付加価値ベース)が上昇しているとの矛盾に海外各界は疑念を持つようになった。また、中国電力企業聯合会がこのほど、全国電力消費量の公表を取りやめたことで、人々の中国経済指標の信憑性に対する疑念がさらに深まった。

 5月25日付のウォールストリートジャーナル紙(WSJ)電子版は、過去10年の大半において、中国の鉱工業生産(付加価値ベース)の伸びは電力消費量の伸びとほぼ連動していたが、しかし最近では電力消費量が減少傾向にあるにも関わらず、鉱工業生産が比較的速いペースで伸びていると指摘した。

 中国国家工業情報化部は4月16日に、今年1-3月期(第1四半期)の全国電力消費量が7809・90億キロワットで、去年同期比で4・02%減少し、また全体の70%を占める全国工業生産電力消費量は5507・80億キロワットで、昨年同期比で8・38%急落したことを発表した。また、3月の全国電力消費量は2833・89億キロワットで、前月比で2・01%減少したという。しかし一方、中国の温家宝首相は4月11日、中国の3月鉱工業生産が前年比で8・3%増となり、過去最低を記録した1-2月の3・8%増から伸びが加速したと述べ、1-3月期の鉱工業生産の伸び率は5%を上回ったと語った。さらに、中国国家統計局によると、中国の1-3月期の国内総生産(GDP)実質成長率が前年同期比で6・1%増となった。

 WSJの報道によると、一部の国際エコノミストはこのような経済データが非常に矛盾していると指摘する。さらに、鉱工業生産の伸びデータが作り上げられたものであれば、今回の中国GDP指標も大きく誇張されたものであろうとの疑問を示した。中国統計当局は鉱工業生産指標で産業全体の成長状況を判断するが、しかしGDPのうち鉱工業生産が占める割合は約50%しかない。

 また、国際エネルギー機関(IEA)も最新発表の「世界石油市場レポート」において、中国経済指標の信憑性に疑念を示した。同レポートによると、中国政府は1-3月期のGDP成長率が6・1%増と発表しているが、同期における中国の石油需要が前期比で3・5%減少しているほか、国内電力の需要も非常に低迷しているとし、中国政府の発表した経済指標の信憑性が疑わしいと示した。同時に、このほど国内電力消費量を発表してきた中国電力企業聯合会が電力消費量の公表を取りやめたことで、海外各界の中国経済指標に対する疑念をさらに深めた。

 一方、中国政府によると、2008年10-12月期(第4四半期)の電力消費量は最も少なく、伸び率は前年同期比でマイナス7%となった。中国の電力消費量は昨年5月から低迷し始め、東の沿岸部から内地の中西部へと拡大した。経済成長の高い沿岸部では、昨年の電力消費量の減少幅が比較的に小さいが、中、西部地区の経済構造は主にエネルギー高消耗型の産業とするものであるため、電力消費量の減少幅は非常に激しいという。


大紀元時報 2009年6月13日付記事




ふむ。中国が謳っているような景気回復には至っていないと。。

鉱工業生産の伸びと、電力消費の伸びがあっていない。且つ中国電力企業聯合会が電力消費量の公表を取りやめた・・・ってのは実に怪しいです。


まあ共産党独裁の国ですから、何でも捏造しかねないですよね。


中国にまつわるニュース。


もうすこし疑り深く見る必要がありそうですよ。

カルト統一教会を許すな! 

カルト宗教が蔓延る日本。。。

彼らに共通するのは、不安を煽りそこにつけ込む手法である。

騙す手口が巧妙なのか、それとも簡単に騙されてしまう程日本人の心が弱くなったのか。。


印鑑販売拡大、統一教会幹部が指示か メールを押収


 東京都渋谷区の印鑑販売会社「新世」が、根拠のない姓名鑑定で不安をあおって印鑑を売りつけていたとされる事件で、新世社長の田中尚樹容疑者(51)=特定商取引法違反容疑で逮捕=が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の幹部から、印鑑の販売拡大を指示されていたことを示すメールの記録を、警視庁公安部が押収していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。公安部は、統一教会が印鑑販売を通じて信者を集めていたとみて調べている。

 公安部によると、逮捕された田中容疑者ら7人は容疑について否認しているという。

 捜査関係者によると、メールの記録は新世の関係先から押収された。それによると、田中容疑者は、渋谷区などでの布教を担当する統一教会南東京教区の教区長(50)と一日に何度もやりとりしていた。田中容疑者からは教区長に印鑑の販売状況を報告したり、社員の賞与額について指示を仰いだりしていた。教区長はたびたび売り上げを伸ばすよう指示していたという。

 さらに、印鑑の売り上げが少なかった際に新世の販売員が書いたとみられる「反省文」が押収された。田中容疑者が取りまとめて教区長に提出していたとみられる。

 公安部によると、押収資料から、田中容疑者が同教区の運営部長を務めていたことが判明。運営部長は「特別伝道部隊」と呼ばれる信者獲得活動や献金集めを担うチームのまとめ役で、公安部は、新世が特別伝道部隊の拠点だったとみている。

朝日新聞 2009年6月12日付記事




この事件の注目すべきところは「統一教会幹部が指示」していたというところである。

単なる末端の信者が行った犯罪ではない。


教団主導でこのような犯罪行為が行われていたのである!



幹部が印鑑販売で金と信者の獲得を支持していたというが・・・・

これこそ統一教会というカルト教団の汚い本性であり、

今回の事件でその一端が露呈したということである。



このように人を騙し、金を巻き上げているような宗教をなぜ放置しているのか。

公安部は事件を徹底的に追及し、統一教会の真の姿を暴いて欲しい。



そうそう統一教会主催の合同結婚式で、日本人女性6500人が行方不明になっていることはあまりにも有名である。


韓国の違法操業によるゴミ投棄を許すな!漁業協定破棄を含め取締り強化を! 

韓国による違法操業については度々取り上げてきた。


過去エントリ

許すまじ!最悪韓国の違法漁業

韓国の密漁船投棄に対し毅然とした態度を!!

韓国よ日本をなめるなよ!また韓国船拿捕!

新日韓漁業協定破棄だって?こっちから破棄したるわ!

韓国よ!密漁者を放置せよというのか??

韓国の密漁船拿捕・・・過去5年間で最高の17件




日本も度々抗議をしてきたようだが、全く効果がない・・・ということだろう。


以下は朝日新聞記事↓

違法操業ゴミ、怒りの回収/各漁協が苦慮


 日本海で違法操業した漁船が日本の排他的経済水域(EEZ)に放置していった漁具の回収に、各地の漁協が苦慮している。香美町香住区の香住漁港には10日、放置漁具の回収に出動した但馬漁協の漁船5隻が帰港した。どの船にも回収した漁具が山積みで、漁師たちは「何度回収してもまた放置される。取り締まりを徹底してほしい」と怒りをあらわにしていた。
 日本では資源保護のため6~8月の底引き網漁を休漁しているが、韓国籍とみられる漁船がこの期間にも日本のEEZで違法に操業し、漁具を放置するケースが後を絶たない。このため水産庁から委託を受けた全国底曳網漁業連合会が主体になり、各地の漁協が放置漁具を回収している。但馬漁協ではこれまで年1回、底引き網漁の解禁前の8月ごろに回収作業をしていたが、「とても追いつかない」と今年から2回に増やした。
 回収作業をする漁船は4日朝に香住漁港を出港。山口県沖のEEZ付近で作業していた。帰港した5隻の漁船にはバイガイ用の仕掛けかご、刺し網、ロープなどが山盛り。クレーンも使って次々にトラックに積み込んだ。
 回収にあたった共進丸の福本吉彦船長(48)は「網だけでも3トンぐらいは回収した。今回は近年になくゴミの量が多い。松葉ガニの漁場で回収したが、これほど違法漁具が海底に放置されたら松葉ガニが逃げてしまう。徹底的な取り締まりが必要だ」と憤る。
 同漁協の吉岡修一組合長も「この状況では海底の掃除を続けざるを得ないが、いつまで続くのか。残念でならない」と嘆いていた。

朝日新聞 2009年06月11日付記事(兵庫)




毎年海上保安庁が取締りを行っているが、全く改善の兆しがない。

それどころか、今回は近年になくゴミの量が多いときたもんだ。


水産庁は過去にも韓国側と交渉を行っているが、韓国側からでる言葉は「過剰に取り締まりすぎである」である・・・・もちろん謝罪や改善の言葉は一切無い。

日本に過剰な漁船取締りを抗議、韓日漁業実務者協議(聯合)

結局韓国には「他人のものを盗んではならない」という考えが無いのである。


そもそもモラルがない韓国に対して何を言っても変わらない。

日本が出来ることは、日韓漁業協定の破棄を含めた厳しい取締りと賠償請求(増額も含め)である。拿捕し解決するまで乗組員と船舶の解放はしない。このくらいのことをしなければあちらも解らないであろう。


盗人にはそれ相応の罰を与えるべきである!

何故韓国が干渉する!「つくる会」教科書採択 

わざわざ教科書採択を阻止するために遥々韓国からおいでのようです。ご苦労なことで。

「つくる会」教科書の不採択求め要望書 韓国団体、市教委に 栃木



 「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが執筆した扶桑社が発行する歴史・公民教科書を公立中学校で使っている大田原市教委に対し、韓国市民団体「アジアの平和と歴史教育連帯」のメンバーが3日、「扶桑社や、(新たに検定に合格した)自由社の教科書を採択しないことをお願いする」などの要望書を提出した。

 市教委では7月中にも来年度から使う歴史教科書を決める予定だ。来年度から使われる教科書検定で、「新しい歴史教科書をつくる会」のメンバーが主導した自由社の中学歴史が合格したことが4月、文科省から発表された。自由社版は扶桑社版とほぼ同じ内容となっている。


朝日新聞 2009年6月9日付記事



この教科書に関しては韓国政府も抗議していたが・・・・

日本の教科書はしっかりとした検定を通ってきている。


それをあれこれ文句をつけるなど内政干渉以外何者でもない。


是非とも大田原市の教育委員には、怪しげな市民団体の抗議などに構わず教科書採択をしていただきたい。

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。



■研究情報
[2009年06月04日] 杉原通信 第15回第16回をアップしました。




第15回は「森潤三郎の『朝鮮年表』について」

第16回は「日露戦争と竹島


です。

創価学会:ウイグル人虐殺を無視し友好だって!? 

久々に聖教新聞を見ていたら、いつも通りの池田大作の自慢記事。

あ~相変わらずやってんねー。で、今回はどこから賞もらったの?




中国・新疆財経大学から池田名誉会長に名誉教授称号

 中国・新疆ウイグル自治区にある「新疆財経大学」から、創価大学創立者の池田名誉会長に「名誉教授」称号が贈られた。名誉会長の日中友好への尽力と、アジアの文化・教育の振興に対する多大な貢献を讃えるもの。授与式は28日、東京・八王子市の創価大学本部棟で行われ、来日した新疆ウイグル自治区の楊剛常務副主席、韓子勇文化庁副庁長、新疆財経大学のアスハー・トゥアシュン学長ら一行が出席。アスハー学長から代理である山本創大学長に「名誉教授」の証書が託された。

聖教新聞 2009年5月29日付記事




中共からの弾圧の苦悩を訴えにきたのか・・・・?


と思いきや!

新疆ウイグル自治区の要人が日本にやってきて、池田大作に「名誉教授」の称号・・・・

新疆ウイグル自治区の連中はわざわざ日本に来てなにやってんだ(怒)


とおもったら新疆ウイグル自治区といっても勿論中共の手先。あ納得。



翌30日付の記事には、、、


新疆ウイグル自治区人民対外友好協会から名誉理事称号

 きょう30日は池田名誉会長の初訪中から35周年。この佳節に、中国・新疆ウイグル自治区の人民対外友好協会から、名誉会長に「名誉理事」称号が贈られた。新疆と日本の友好交流の貢献を讃えたもの。授与式は28日、東京・信濃町の聖教新聞本社で行われ、新疆ウイグル自治区訪日団の楊剛同自治区常務副主席ら一行が出席した。また、初訪中35周年を記念し、各界から祝福の声が寄せられた。


聖教新聞 2009年5月30日付記事




ちなみに「楊剛」は、中国共産党新疆ウイグル自治区常務委員会の副書記と新疆ウイグル自治区人民政府の常務副主席を兼任している。1953年生まれの漢族であり、中共の手先だ。

新疆ウイグル自治区占領政府概要 より


新疆ウイグル自治区占領政府概要によれば、新疆ウイグル自治区人民政府の主席は、ヌル・ベキリ(ウイグル族)であり、表向きはウイグル族の政府に見える。しかし実際は「楊剛」が操っているのである。


そんな偽新疆ウイグル自治区人民政府と会談し、「新疆と日本の友好交流」と言ってしまう学会は阿呆か。実際はウイグルの人々は弾圧を受け苦しい生活を送っているのに、その事実に触れず友好を謳い、終いには賞までもらう。恥ずかしいと思わないのだろうか。


まあ聖教新聞見る限り池田大作に「恥ずかしい」という気持ちは無いんだろう!

卑しい人間である。

竹島問題を解説書に明記せよ!! 

竹島は日本の領土です!


島根県頑張ってます。

島根県竹島問題の解説書明記を 知事が文科省に要望

 島根県の溝口善兵衛知事は4日、文部科学省を訪れ、日韓両国が領有権を主張する日本海の竹島韓国名・独島)問題について、2013年度から実施する高校地理歴史の新学習指導要領の解説書に明記するよう銭谷真美事務次官に要望した。

 銭谷次官は「要望は承ったが、どうするかは現在、検討中」と述べるにとどまった。

 溝口知事は「学校教育の場で竹島に関する指導がより強化され、生徒の正しい理解が進むことが重要だ」と強調。「昨年まとめられた中学校の解説書と同様、明記してほしい」と訴えた。

 解説書は授業での指導や教科書作成の指針。中学の社会科解説書では竹島問題に関して、日韓で主張に相違があることに触れるとし「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」と記述した。

47news 2009年6月4日付記事




竹島問題は北方領土に比べ、まだまだ国民の正しい認識がなされていない。

是非とも学校教育を通じ、領土問題についての正しい認識を図り、解決の道につなげて欲しい。



領土問題解決において重要なのは世論だ!


web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新したのでお知らせします。


■研究情報
[2009年06月03日] 「竹島問題を学ぶ」 講座 第4回の講義録・配付資料 第6回の講義録
              第8回の講義録・レジュメをアップしました。



今回はたくさんリンクがあるので、直接web竹島問題研究所HPへお願いします。


・こちらから

web竹島問題研究所HP

web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年6月3日]下條正男所長の 『WEDGE』2009 5月号掲載記事をよりアップしました。




テーマは日本海呼称問題。

タイトルは・・・


日本海

地図から消える?

韓国のでたらめ領土工作




です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。