スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web竹島問題研究所更新情報 

竹島は日本の領土です!


Web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年10月28日]竹島問題研究会第1回を開催しました。




※久々の更新になりました。これから少しずつ更新を増やしていきたいと思います。
 コメントにつきましては、早急にお返事を書こうと思っております。

スポンサーサイト

web竹島問題研究所更新情報 

10月いっぱいは多忙のため、更新がほとんどできなくなります。

申し訳ございません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年10月08日] 杉原通信 第24回</a> ・ 第25回をアップしました。

千葉法相!不法滞在を奨励するようなこといっていいんですか!! 

前にもエントリにした鳩山内閣の千葉法相に対するインタビュー記事をもう一度取り上げます。


読んでみたのですが、やっぱりこの人ちょっと大丈夫かな・・・と思ってしまいました。

人権人権叫ぶ人間の変なところがに良く出ている記事です。

【新閣僚に聞く】千葉景子法相 拉致実行犯の釈放嘆願署名「うかつだったのかな」


 ――人権侵害救済機関を創設するいわゆる「人権擁護法案」の扱いは
 「どの時点で法案化できるか詰めて、スケジュールを立てたい。基本的には(民主党案通り)内閣府に独立性の高いものを作る。都道府県には地方人権委員会に設ける方向だ」
 
――民主党が設置した第三者委員会報告書では、法相による検事総長への「指揮権発動」に言及していた
 「指揮権という権限があるから、あり得るということではないか。それに尽きる」
 
――自身が指揮権を発動することは
 「うん、別に。はい」
 
――難民認定の基準は見直すのか
 「できるだけUNHCR(国連高等難民弁務官事務所)の基準を念頭に置きながら、『日本は懐が大きいんだぞ』という方向にしていきたい。日本がきちんと受け入れて、貢献していくことを考えていきたい」


――不法滞在者の扱いは
 「日本に長年定着し、罪を犯したりすることなく一生懸命働き、家族も日本がふるさとのようになっている人に『帰りなさい』というのはねえ。日本社会もそういうみなさんの力で成り立っている。少子化などもあり、日本に寄与して地域の一員になっているみなさんに温かい目を向けていく方向にしていきたい」
 
――拉致実行犯の辛光洙(シンガンス)・元死刑囚の釈放嘆願書に署名していたが
 「拉致問題は国際的にも、私が人権を大事にすることからも、許すことのできない問題だ。どういう状況の中で署名したか、経緯は調べている段階だ。本当に、まあ、『うかつだったのかな』という気持ちはある。誤解を招くような結果になったのは、大変申し訳ないという気持ちではある。必要であれば、鳩山由紀夫首相からもいろいろなご指導いただく問題だと思っている」

 ――死刑制度に反対していたが、死刑執行命令書にサインするか
 「法相にそのような職務が課せられていることは承知している。ただ、これだけ議論があり、人の命を奪う刑罰なので慎重に対処したい」


MSN産経ニュース 2009年9月30日付記事




拉致実行犯の釈放嘆願署名に関しては既にエントリーにしたので省略しますが、まだまだいっぱいあるんですね。


一番えぇ~とおもったのは

不法滞在者の扱いについての質問に対する答え


不法滞在している時点で、罪を犯しているんですが、千葉さんにはそう認識ないんですかね。日本経済がたとえそういう方々のお陰で成り立っているからといっても、じゃあ許しましょうとはならないでしょう。日本にはちゃんと法律があってそれを守ってもらう条件で日本に来ているんじゃないですか??

千葉さん「罪を犯したりすることなく一生懸命働き」なんて言ってますが、本当にそうなのですか?しっかりとした統計はあるんですか?

温かい目で・・・なんていって一度でも許してしまったら、じゃあどれだけ不法滞在すれば許してもらえるの?子ども作れば良いの?なんて話になって、もう滅茶苦茶になってしまうんではないですか?日本は不法滞在すればそのまま日本に居着ける!と皆は思って殺到するんじゃないですか?


法相という立場にいる人間の見解とは思えませんが。。。。



死刑制度もそう。


死刑判決を受けた人間がどれだけ他人の命を奪ってきたのか、それを承知の上で「人の命を奪う刑罰」という言葉を使ってるんですかね。


「うん、別に。はい」じゃないっての。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。