スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民団に操作された市川市議会 外参権に反対する意見書棄却! 

永住外国人への地方参政権付与を阻止できるか。

依然として厳しい状況ですね。

千葉県市川市議会外参権に反対する意見書が提出されましたが棄却されたようです。

それにしてもやり方が汚い。脅迫といっても過言でないような圧力です。

民団新聞にその時の状況と、民団の意のままに動いた市議会議員の名前があったので引用します。

永住外国人への地方参政権付与「憲法違反」は誤り

市川市議会 反対派の陳情棄却
民団支部の説得が実る


 【千葉】千葉県市川市議会は、永住外国人の地方参政権付与に反対する意見書の採択を求めた陳情を20日、本会議で棄却した。出席議員36人のうち、賛成に回った議員はゼロ。付与反対を表明していた自民と民主の4人は退出、票決には加わらなかった。議案は19日の総務委員会で採択されていた。

 この日の本会議では付与に消極的な姿勢の議員が、「地方といえども明確に憲法違反」との立場を表明。これに対して、公明党と無所属の両会派議員は、「市川市議会はすでに地方参政権付与を求める意見書を採択している」「これまでにも国会で法案が上程されてきたが、憲法違反であれば、内閣法制局が認めるはずがない」と主張した。

 わずか1日で形勢が逆転した裏には、民団市川支部(朴健市支団長)の果敢な働きかけがあった。同支部役員は、民団中央本部の呂健二運動本部長代行と連携をとり、各議員を訪ねて歩き、陳情趣旨の不当性を説いて回った。これを受けて鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)の両議員がいち早く動き、各会派所属議員に「市川市議会で通したら恥」と、棄却に向けた説得工作を展開した。

 本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

 朝日新聞の調査によれば、昨年の政権交代以降、47都道府県のうち、14県議会が永住外国人の地方参政権の付与法制化に反対する意見書を可決してきた。このうち、7県はかつて、賛成の意見書を可決している。千葉県議会でも昨年12月22日、反対の意見書を可決した。

民団新聞 2010年1月27日付記事




鈴木啓一(自民党)、戸村節子(公明党)

この二人は完全に民団の走狗ですね。

公明党は言うまでもなく民団の奴隷。もう一人の鈴木啓一氏については面白いことがわかりました。

自身のHPにこんな記述が。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~skeiichi/

HP内の中段【表彰・免許】の欄には・・・・・・


・ 平成20年1月13日  大韓民国民団中央本部表彰


ああ、完全に民団の言いなりになっていらっしゃるんですね。




そして、ここも。

本会議当日は、民団と市民団体の関係者10人余りが傍聴に詰めかけた。これが最後の決め手となった。陳情書採択に反対していた議員の一人は、「最後は皆さんがたの傍聴が大きな力になった」と語った。

これを読んで背筋が寒くなりました。

参政権云々の前に既に議会が操られているんですからね。

民団の力がそれほど強いということでしょうが、参政権を与えずともこれほどの力をもっているのに、これに参政権を与えようものならどうなるか。考えるまでもないですね。


参政権を付与していいのか。

この市川市議会の状況が答えなんじゃないでしょうか。

スポンサーサイト

【外国人参政権】民主主義は崩壊した!民主党は意見すら言えない独裁政党だ! 

国会議員は代議士とも言いますね。
言うまでもなく彼らの仕事は、国民を代表して国政を議する人間のことです。


では、その代議士が仕事をしなかったら皆さんはどう思うでしょうか。・・・やめてしまえ!と思いますよね。自分の地元の議員に意見や要望を述べても突っぱねられたら、何の為にいるんだと怒りが沸いてきますね。でも、そうしたくても上の人間が恐ろしくて意見など言われても困るという場合もあるかもしれません。独裁で有名な中国共産党や朝鮮労働党などは特にそうでしょう。文句を言えば粛正。

え?日本は大丈夫だって?


民主主義だから?



そんな方に見てもらいたいです。この記事。
日本も中国北朝鮮に仲間入り!?と思ってしまう内容です。



外国人参政権問題 民主・古賀一成衆議院議員「反対は直接上に言ってくれ」


 外国人参政権に反対する市民の声に、現職国会議員が他人事のような対応をとった。
 古賀一成衆議院議員は、外国人参政権へ抗議するため事務所を訪れた市民に対し、「私も外国人参政権については疑問に思っているが意見を言えない。直接、上(民主党本部)に掛け合ってはどうか」との説明をしていたことが分かった。
 抗議したのは、古賀議員の地元(福岡6区)である小郡市や久留米市に住む主婦7名の集まり。「国民の代表として選ばれているのに、自分は何も言えないなんておかしい。何のために代議士をやっているのでしょうか」と、古賀議員の態度に腹を立てている。
 なお、昨年12月24日には古賀議員の後援会が解散しており、地元有権者の同議員に対する不信感は募る一方だ。


九州企業特報 2010年01月18日付記事




とうとう日本もここまで来たか。。これが率直な感想ですね。


「私も外国人参政権については疑問に思っているが意見を言えない。」


これが今の民主党の全てを表していますね。



恐ろしい世の中になりました。

Web竹島問題研究所更新情報 

Web竹島問題研究所が更新したのでお知らせします。


■研究情報
[2009年 1月 7日] 杉原通信 第26回第27回第28回第29回第30回(最終回)を更新しました。また、第22回に追記をしました。




杉原通信が完結しました。

とても解りやすく竹島の歴史を学ぶことが出来ました。

外国人参政権法案成立秒読みか・・・政府提出法案で政府・民主党間合意 

いよいよ18日からの通常国会で外国人参政権法案が提出されます。

衆参共に与党が大勢を占めているので、強引にいけば易々と可決されるでしょう。


それにしても沖縄の基地問題では住民との対話云々言っているくせに、この外国人参政権法案については国民と一切対話もせず、ひた隠しにしてきたんですから卑怯ですよね。

それでいて鳩山さんは「理解は得られると思っている。」ですからね。思ってんじゃなくて、しっかり理解を得てからやって欲しいですがね。


以下産経から引用します。


外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」


 鳩山由紀夫首相は12日、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「理解は得られると思っている。今政府内で検討している最中だ。日韓併合100年というタイミングでもあることをもっていろいろ検討している」と述べ、政府提出法案(閣法)として18日召集の通常国会への提出に意欲を示した。首相公邸前で記者団に答えた。
 民主党はこの法案を「結党以来の基本政策」としているが、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)では党内対立を避けるため外していた。だが、11日の政府・民主党首脳会議で民主党側から政府提出法案として出すよう要請があり、政府・民主党間で合意した。
 鳩山首相は民主党幹事長だった昨年4月、インターネット上の動画サイトに出演し「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、一生懸命頑張っている。参政権ぐらい当然付与されるべきだと思っている。日本列島は日本人だけの所有物じゃない」と発言するなど、これまで提出に意欲的な姿勢を示していた。


産経新聞 2010年1月12日付記事





そもそもマニフェストから外していたくせに、この大変な時期に他の政策を差し置いてこんなことやっているのがオカシイ。はっきり言ってしまえば詐欺ですよね。マニフェストに書かず、国民に何の説明もせず「理解は得られると思っている。」なんて言えるんですから、どれだけ国民を舐めているんでしょうかね。


極めつけはこれ。もう民主党がどっち向いて政治しているかがハッキリ解る記事です。どうぞ!


外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏

 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。
 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。
 一方、鄭進団長は「2010年が明るい未来への象徴として永住外国人への地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福のもとに実現することを願う」と期待感を表明した。

産経新聞 2010年1月12日付記事




国民は無視で民団に年賀の挨拶です。結構なことで。
しかし腹立たしいのは民主党の山岡・マルチ・賢次国対委員長の発言です。

「今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と。意味不明。
なぜ参政権付与法案の為に錦の御旗が必要なんでしょう。敵はだれ?自民党?

それとも日本国民ですか!!

まあいいでしょう。其のくらいの気概を持っているんでしょう。しかしです。もっと他にやることが有るんじゃないでしょうか。この不況を改善する政策は?日米関係の修復は?領土問題は?資源問題は?

優先順位くらい理解してもらいたいですがね。


さて、自民党はこの動きに対してどんな反応を示しているのでしょうか。


参政権法案、自民・大島氏は反対姿勢

 自民党の大島理森幹事長は12日午前の記者会見で、政府が通常国会に提出する方針を決めた永住外国人への地方参政権付与法案について「各県の議会などで反対の意見書が数多く出ている。今の時点で明確な結論は出ていないが、そういう声を尊重しながら議論したい」と述べ、反対の姿勢をにじませた。
 また、平成12年に当時の与謝野馨・党選挙制度調査会長が「外国人地方参政権問題に対する見解」などで外国人参政権付与は「憲法違反」との考えを内々にまとめていた経緯も触れ、「当時は(参政権を認める)積極的な意見集約ではなかった」と述べた。


産経新聞 2010年1月12日付記事




一応反対の姿勢を示していますが、なんだか弱いですね。なぜ党として堂々と反対しないのでしょうか。恐らくは自民党内も一枚岩ではないからですよね。この中途半端さが自民党を半壊させたんですが、谷垣氏以下自民党の方々は解っているんでしょうかね。少し残念です。


参政権付与に14県議会が反対表明!しかし時間は残り僅かだ 

日本を破壊する悪法に対し、地方自治体が声を上げ始めております。
やはり地方参政権付与ということで、モロに影響を受けるのは地方。
「堪ったもんじゃない!!」と思っているんでしょう。


これを報じたのはなんと。。。朝日新聞。あら珍しい。

http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201001070489.html

今現在反対を表明しているのは、秋田、山形、茨城、埼玉、千葉、新潟、富山、石川、島根、香川、佐賀、長崎、熊本、大分の14県議会。


当初賛成だった県も、民主党政権となって法案可決が現実味を帯びてくると、
「さあたいへんだ」と反対に転じたそうです。安易というかなんというか。


この記事に有るように、徐々に参政権付与への危機感が高まりつつ有りますが、
今だ47都道府県中14県しか反対表明をしておらず、国政では賛成意見が多数を
占めている現段階は、決して喜べる状況ではありません。民主党は意地でもこの
法案を通してくるでしょう。なんてたって美味しい票が沸いてくるんですからね。

其の証拠にこんな動きも。

産経新聞は「市川氏が顧問に復帰 公明、小沢氏対策か」という見出しで、市川雄一
元書記長の常任顧問復帰を報じております。市川氏は細川政権や旧新進党時代に
小沢氏と「一・一ライン」と呼ばれる太いパイプを持っていたようで、今回の復
活は民主党との連携の為の人事ではないかとのこと。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100108/stt1001081441004-n1.htm

公明と民主で連携と言えばもちろん「外国人地方参政権付与」ですよね。
可決まで後一歩。最後の仕上げといったところでしょうか。


もう時間がありません。
この悪法を廃案に追い込む為にも世論の力が必要となります。
皆で声を上げ続けましょう。

web竹島問題研究所更新情報 

web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


■研究情報
[2009年12月28日] 2009年10,11月分の意見・質問の回答をアップしました。
[2009年12月24日] 杉原研究顧問の研究レポート「『鬱陵島友会報』と元鬱陵島居住者の証言」を掲載しました。
[2009年12月 4日] 「実事求是」第24回をアップしました。




更新が楽しみなHPです。内容が濃いし面白いです。


新年 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

この年が日本にとって、また皆さんにとって良い年になりますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。