スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のマスコミを縛る中国 

日本のマスコミは何故、中国の現状を正しく報道しないのか。

これには日中記者交換協定が関係していたようだ。

すでにご存知の方も多いことだろうが、復習のために。

日中記者交換協定とは、1964年4月19日、当時LT貿易を扱っていた廖承志事務所と高碕達之助事務所が、代表の相互派遣と連絡事務所の相互設置の件について会談で取り決められたものである。

記者交換に関する取り決めの内容は次の通り。

一,廖承志氏と松村謙三氏との会談の結果にもとづき,日中双方は新聞記者の交換を決定した。

二,記者交換に関する具体的な事務は,入国手続きを含めて廖承志事務所と高碕事務所を窓口として連絡し,処理する。

三,交換する新聞記者の人数は,それぞれ八人以内とし,一新聞社または通信社,放送局,テレビ局につき,一人の記者を派遣することを原則とする。必要な場合,双方は,各自の状況にもとづき,八人のわくの中で適切な訂正を加えることができる。

四,第一回の新聞記者の派遣は,一九六四年六月末に実現することをめどとする。

五,双方は,同時に新聞記者を交換する。

六,双方の新聞記者の相手国における一回の滞在期間は,一年以内とする。

七,双方は,相手方新聞記者の安全を保護するものとする。

八,双方は,相手側新聞記者の取材活動に便宜を与えるものとする。

九,双方の記者は駐在国の外国新聞記者に対する管理規定を順守するとともに,駐在国が外国新聞記者に与えるのと同じ待遇を受けるものとする。

十,双方は,相手側新聞記者の通信の自由を保障する。

十一,双方が本取り決めを実施する中で問題に出あった場合,廖承志事務所と高碕事務所が話し合いによって解決する。

十二,本会談メモは,中国文と日本文によって作成され,両国文は同等の効力をもつものとする。廖承志事務所と高碕事務所は,それぞれ中国文と日本文の本会談メモを一部ずつ保有する。


付属文書


 かねて周首相と松村氏との間に意見一致をみた両国友好親善にかんする基本五原則,すなわち両国は政治の体制を異にするけれども互いに相手の立ち場を尊重して,相侵さないという原則を松村・廖承志会談において確認し,この原則のもとに記者交換を行なうものである。

引用

連絡事務所の設置および新聞記者交換に関する高碕達之助,廖承志両事務所の会談メモ

ーーーーーーーーーーーーーーー
取り決めの文言自体には、日本の記者の中国に対する批判的な報道を規制するものはない。しかし赤字に示した、「両国は政治の体制を異にするけれども互いに相手の立ち場を尊重して,相侵さないという原則を松村・廖承志会談において確認し,この原則のもとに記者交換を行なうものである。」という部分において、中国の体制批判などをしないという前提で記者交換を行うことが決められている。

さらに1968年3月6日には、「日中覚書貿易会談コミュニケ」が発表され、その中で先に交わされた記者交換に関する取り決めの修正に合意がなされた。

その修正内容でとても重要なのが次の部分。

 一 双方は、記者交換に関するメモにもとづいて行われた新聞記者の相互交換は双方が一九六八年三月六日に発表した会談コミュニケに示された原則を遵守し、日中両国民の相互理解と友好関係の増進に役立つべきものであると一致して確認した。

この中の「一九六八年三月六日に発表した会談コミュニケに示された原則」というのは、「政治三原則と政治経済不可分の原則」である。

「政治三原則」とは、1958年8月に訪中した社会党の佐多忠隆・参議院議員に対し、廖承志(当時、全国人民代表大会常務委員会委員)が周恩来・総理、陳毅・外交部長の代理として示した公式見解以来、中国側がたびたび主張してきた日中間の外交原則である。1960年8月27日に発表された「周恩来中国首相の対日貿易3原則に関する談話」によれば、「政治三原則」とは次のような内容である。
(前略)これまでわれわれがのべてきた政治三原則を堅持するもので三原則は決して日本政府に対する過酷な要求ではなく、非常に公正なものである。すなわち、第一に、日本政府は中国を敵視してはならないことである。なぜなら、中国政府は決して日本を敵視していないし、さらに、日本の存在を認めており、日本人民の発展をみてよろこんでいるからである。もし双方が話し合いをすすめるとすれば、当然日本政府を相手方とするものである。だが、日本政府は中国に対しこのような態度では臨んでいない。かれらは新中国の存在を認めず、これとは逆に、新中国を敵視し、台湾を承認し、台湾が中国を代表するとのべている。また日本政府は新中国政府を会談の相手方にしようとはしていない。第二は米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しないことである。米国で今後大統領が民主党から当選するにせよ、また共和党から当選するにせよ、すべて「二つの中国」をつくることをたくらむであろう。香港にある台湾系の新聞の報道によると、共和党の「二つの中国」をつくるたくらみは消極的で、待つて見ていようとするものであり、一方、民主党が政権をとれば、「二つの中国」をつくるたくらみが積極的であり、主動的であろうとのべている。これはある程度道理にかなっていると思う。米国がこのように行ない、日本がこれに追随すれば、われわれはもちろん反対である。第三は中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げないことである。(後略)
すなわち、

日本政府は中国を敵視してはならない

米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない

中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

の3点の遵守が取り決められた。


引用
Wikipedia:日中記者交換協定

周恩来中国首相の対日貿易3原則に関する談話

記者交換に関するメモ修正取決


ーーーーーーーーーーーーーーーー

「一九六八年三月六日に発表した会談コミュニケに示された原則」、すなわち「政治三原則と政治経済不可分の原則」の遵守によって、初めて日本は中国に記者をおくことができるというわけだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府は中国を敵視してはならない

米国に追随して「二つの中国」をつくる陰謀を弄しない

中日両国関係が正常化の方向に発展するのを妨げない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なるほどこれでは、今の中国の現実を報道することはできない。

この協定を破棄しない限り、日本国民は中国の本当の姿を知ることはできなだろう。


引用資料サイト

・日中関係資料集   (東京大学東洋文化研究所・田中明彦研究室)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/indices/JPCH/



思わず「怖い!」と思ってしまう動画



スポンサーサイト

コメント

中国は強か

今晩は、私は昨夏に東トルキスタンのことを知りました。
中国による民族浄化主義!銃を突きつけられている人の写真もNETで見ました。
TVしか見ていなかったら、知らずにいたことでした。
NETをやっていても、韓国俳優の情報にしか興味を示さないおばさんたちに、中国民族族浄化主義の話をしても、「ふ~ん」で、終わってしまいます。
韓国の実情について話しても同じです。
こんなおばさんたちには何を言っても無駄だと、思う今日この頃ですが。。。^^;

私、子供がまだ小さい頃に、子供の友達の台湾人のお母さんに、「台湾なの、あ~中国人ね」って何気に言って、すごく憤慨された事があります。
その頃は、中国のしてきたこと、していることに無知でしたので。^^;
いつかそのお母さんに再会することがあれば、「ごめんなさい」と言いたいです。

強かな中国は、ほんとに恐いですね。
中韓北の実情を、日本のマスコミの異常さを多くの方々に知ってもらいたいですね。
聴剣さん、頑張ってくださいね。
応援しています。^-^
ダラダラと書いてしまって済みませんでした。

私も、インターネットで最近しりました。。

東トルキスタンでは1000万人ほどが虐殺されているそうですね。ヒドすぎる。

本当にインターネットをしなければ知り得なかった事ばかりです。日本のマスコミは何を伝えていたのか!と思ってしまいます。

私も台湾に関しての知識もあまりなかったです。日々勉強です。教員の勉強そっちのけですが(汗

微力ながら、頑張っていきたいとおもいます。

応援ありがとうございます。励みになります!

これからもよろしくお願いします。

鳥肌が立つほど恐ろしいフラッシュでした.

日中記者交換協定・・・
報道,言論の自由は無いも等しいですね.

そして,無関心な日本人を作り上げている・・
この現状はまさに思う壺><

聴剣さんが教員になるのを楽しみにしています.
聴剣さんのまわりは,きっと日教組も左まきの教師も避けて通るようになるでしょう.
正しい歴史,特アを許さない教師の仲間をどんどん作って欲しいです!!

できたら,うちのちびっこの先生になってね♪
待ってます!

あ・・
やっぱりだめでしたか・・ともろく.
私のも「許可する」になってるんですが,聴剣さんからともろく申請がこないんです><

おっかしいなぁ.(´Д⊂ヽ

ままぞんさんコメントありがとうございます。
いや本当に恐ろしいと思いました僕も。こんなことがあっていいのかって。。

日教組W 私の育った街は日教組の力が強いところでした。小学校時代は、わけもわからず国家斉唱のときは歌わず起立もしないものだと思っておりました。
次のネタは日教組ネタでいきたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/111-f1713a80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。