スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左翼連中よ。深く反省せよ! 

毅然とした態度で無実訴え 梅沢元守備隊長

「自決命令は出していない」。9日、大阪地裁で本人尋問が始まった沖縄の集団自決訴訟。住民に集団自決を命じたと記述された座間味島の元守備隊長、梅沢裕さん(90)は、毅然(きぜん)とした態度で“無実”を訴えた。確証がないのに汚名を着せられ続けた戦後60余年。高齢を押して証言台に立ったのは、自分のためだけではない。無念のまま亡くなったもう1人の元守備隊長と旧日本軍、そして国の名誉を守りたい一心だった。
 地裁で最も広い202号法廷。梅沢さんはグレーのスーツに白いシャツ姿で入廷した。終始しっかりとした口調で尋問に答え、焦点となった集団自決前の状況について問われると、「(村民に対し)弾はやれない、死んではいけないと言いました」と語気を強めた。
 梅沢さんにとって決して忘れることのできない出来事をめぐる証言だった。米軍が座間味島に上陸する前日の昭和20年3月25日。「あの日、村民5人が来た場面は強烈な印象として残っている」という。
 大艦隊の艦砲射撃と爆撃にさらされ、本格的な米軍との戦闘に向けて山中の陣地で将校会議を開いていた夜、村の助役ら5人が訪ねてきた。
 《いよいよ最後の時が来ました。敵が上陸したら逃げ場はありません。軍の足手まといにならないように老幼婦女子は自決します》
 助役らは切羽詰まった様子でそう言い、自決用の爆薬や手榴(しゆりゆう)弾などの提供を求めた。驚いた梅沢さんは即座に断り、こう言葉を返したという。
 《自決することはない。われわれは戦うが、村民はとにかく生き延びてくれ》
 戦後、大阪府内で会社勤めをしていた昭和33年、週刊誌に「梅沢少佐が島民に自決命令を出した」と報じられた。そして、戦後まもなく発行された沖縄戦記『鉄の暴風』(沖縄タイムス社)で隊長命令説が記述され、沖縄の文献などに引用されていることを知った。
 「お国のために戦ってきたのに、なぜ事実がねじ曲げられるのかとがく然となった。屈辱、人間不信、孤独…。人の顔を見ることが辛く、家族にも肩身の狭い思いをさせた」
 転機が訪れたのは57年。戦没者慰霊のため座間味島を訪れた際、米軍上陸直前に会った5人のうち、唯一生き残った女性と再会。戦後、集団自決は隊長命令だったと述べていた女性は苦しみ続けた胸の内を吐露し、「隊長は自決してはならんと明言した」と真相を証言してくれた。
 さらに62年、助役の弟で戦後、村の援護係を務めた男性が「集団自決は兄の命令。(戦傷病者戦没者遺族等援護法に基づく)遺族補償を得るため隊長命令にして申請した」と述べ、梅沢さんの目の前で謝ったという。
 「彼から『島が裕福になったのは梅沢さんのおかげ』と感謝もされた。ようやく無実が証明され、これで世間も治まるだろうと思った」
 だが、隊長命令説は消えなかった。大江健三郎氏の著書『沖縄ノート』など多くの書物や教科書、さらに映画などでも隊長命令説が描かれた。梅沢さんはいう。
 「戦争を知らない人たちが真実をゆがめ続けている。この裁判に勝たなければ私自身の終戦はない」

・引用

産經新聞 2007年11月9日付記事">2007年11月9日付記事
ーーーーーーーーーーーーーー

戦後から60年以上無実の汚名を着せられてきた、座間味島の元守備隊長、梅沢裕さんの怒りと悲しみはいかばかりか。

梅沢さんは、軍による強制はあったと、反日・自虐教育で教えられ、それを妄信している国民の大半を敵に回し、自身も御高齢であったにもかかわらず、仲間や、軍、そして日本の名誉を挽回すべく立ち上がった。この意味は大きい。


「お国のために戦ってきたのに、なぜ事実がねじ曲げられるのかとがく然となった。屈辱、人間不信、孤独…。人の顔を見ることが辛く、家族にも肩身の狭い思いをさせた」
「戦争を知らない人たちが真実をゆがめ続けている。この裁判に勝たなければ私自身の終戦はない」
梅沢さんの言葉が胸に残る。

日本国民は、深く反省すべきだ。全て軍の責任、国の責任と決めつけ、無実の人を追いつめ苦しめてきた事を。

正義の判決が下る事を願う。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大江健三郎は,取材に行かずに「沖縄ノート」なる,本を出版したのですね.↓

軍による自殺強要の事実は無かったことをレポートした『ある神話の背景』(曽野綾子)により、
「取材の結果、判明したのは沖縄タイムズの記者も、大江氏も一度も現場の島に取材に行った事実がない」
と言われ、記者も大江も伝聞だけで、赤松大尉の悪逆非道の人物として報道し著書に描いた事が判明している。

大江健三郎は,反省し検証しなおした著書を出版するまで許すべきではないですね.

でも・・・
↓ここを見てください.
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/511455fcb6a86af7b6b9118d517e03ea

本文もですが,コメントを読ませていただくと,大江の北朝鮮賛美が・・・
こんなやつがノーベル賞もらってるわけで,ファンはどこまでも大江の著書を崇拝して洗脳されるのでしょう><
こわいい!!!

大江健三郎の「沖縄ノート」読んでみたいですね。
ままぞんさんが紹介くだすったブログの引用を見る限りでは、反吐が出そうな書き方ですが。

慰安婦問題にしてもそうですが、推測、憶測でものごとを捉えて、それを論拠に主張していますよね。証言などは、決定的な証拠にはなり得ないですよ。

こういう連中は反省しないでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/119-0eb7e446

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。