スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親としての自覚は何処へ・・・ 

子は親の背中を見て育つ。
親を反面教師とする子もいるだろうが、大体は親を見てそれを真似る。
私は子どもと接する機会が多いからよく観察するが、この子は~・・・と思う子の親はやはりなぁ~という感じである。その逆もあるから一概には言えないが。。。

時代が移り変わろうと子どもの一番の手本となるのは親だ。しかし、最近その手本となるはずの親に異変が起きている。給食費滞納問題をはじめ、保育料滞納、虐待、子殺しなどである。

文部科学省の調査で、05年には全児童生徒の約1%にあたる10万人近くが、05年度に給食費を滞納し、滞納総額は22億円余りになったようである。
高級車を乗り回しながら給食費は「義務教育だから払う必要は無い」と拒否する親もおり、保育料にしても同様に不払いを決め込む親が増えているのだ。地方自治体の中には法的措置をとったところもある。

22億という莫大な金額も問題だが、真の問題は親のほうにある。法で縛れば、滞納は一時的に減るかもしれない。しかしそれでは何の解決にもならない。給食にお金を払うことや保育料を払うことは決められたルールであり、皆で守ることで成り立っている。親であれば当たり前に守らなければならないことである。これが一番の問題である。
ルールを守る事を教える立場の親がこの状況なのだから、イジメ、学級崩壊が起こるのに何の不思議も無い。この状況をみればなるほど頷ける。親にはぜひとも親の自覚を持ってもらいたい。それが出来なければ育てる資格など無い。

なぜ今頃こんなことを書いたかというと、先日の朝日の記事を見てどうしても書きたくなってしまったのである。
「たばこを吸う女性は妊娠しても、半数近くが喫煙している。」という記事だ。これを見て皆さんはどう思うか。妊婦が喫煙すると、流産や早産の危険性を高め、生まれる子供の脳や体に障害が出る場合もあるにも関わらず半数が喫煙を続けた。親が子を思えば出来ない仕打ちだ。
虐待、子殺しにいたっては言うに及ばずである。

参考記事↓
http://www.asahi.com/life/update/0522/TKY200705220055.html



一言・・・親は子を選べるが、子は親を選べない。無情だ。




始めてみました。是非クリックお願いします!↓
。



スポンサーサイト

コメント

まさにその通りですね。

子育ての前に、自分育てを怠ってはいないだろうか?

まさにそうですね。いやー書き込みありがとうございます。
なかなかみなさん見てくれないみたいでアクセス少なすぎですわ。。ヘタクソな文をどうにかしたらどうにかなるかなーなんて思っております。
また暇なときにでもどうぞ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/14-9963a7f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。