スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイプ・オブ南京が史実になってしまうのか!orz 

南京事件70周年、反日作品目白押し

日中戦争中の南京事件(1937年12月)から70周年を13日に控え、北米の華僑界では事件を糾弾する映像作品などの発表が相次いでいる。日中関係をにらんで中国国内の動きが比較的抑制される半面、海外での動きが突出したかたちだ。とりわけ、今年1月に発表された米ドキュメンタリー映画「南京」が、次期アカデミー賞の有力作品に挙げられ、影響を広げる気配だ。
 「南京」や後続の作品は、ほぼいずれも在米の中国系女性作家、故アイリス・チャン氏の著書「レイプ・オブ・南京」を題材に取り込んでいる。おびただしい史料の誤読など、同書の欠陥は海外の大衆レベルでは度外視され、30万人の虐殺や8万人の婦女暴行という極端な数字だけが、映像作品を介し“真実”として再生産されつつある。
 カナダで新たに制作された映像作品は、「アイリス・チャン レイプ・オブ・南京」という直截(ちよくせつ)なタイトルだ。華人女優オリビア・チェンの扮(ふん)するチャン氏が、南京などで取材し、問題の同書を執筆する過程をドキュメンタリー仕立てで描いている。
 制作を進めたのは、カナダ下院での慰安婦決議支援など、対日批判活動を続ける華僑組織「トロントALPHA」。制作は昨年末、チャン氏の遺族の協力で始まり、この10月に完成した。カナダではこのほか、同じく日本の歴史責任を追及する組織「抗日戦争史実維護」による舞台劇「南京1937」も、バンクーバーで近く上演される。
 こうした新作に対し、公開から1年近くかけて注目度を高めたのが、米インターネット大手AOL副会長(当時)、テッド・レオンシス氏による「南京」だ。
 米映画芸術科学アカデミーはこのほど、来年のアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門のノミネート候補15作品に、マイケル・ムーア監督の「シッコ」などとともに「南京」を取り上げた。
 このうち5作品が来月22日に正式ノミネートされるが、事件70周年にあわせて今月からワシントンなどで劇場上映されるタイミングが、「南京」に有利に働く可能性も出ている。

産経新聞 >2007年12月4日付記事

ーーーーーーーーーーー

今回のアカデミー賞に「南京」が取り上げられたことは、非常に由々しき事態だ。

日本は米国や加国における中国系団体の力を見くびりすぎていたのではないか。

先の慰安婦決議でもその動きを止めることが出来なかった。日本の見通しの甘さが、一連の慰安婦決議や今回のことを生み出したといってよいだろう。

映画という庶民の娯楽で捏造された南京についての作品が放映され、しかもそれがアカデミー賞候補ともなれば、人びとは疑うべくもなく、南京では日本軍が史上最悪な虐殺を行ったということを信じるだろう。世論に定着すれば今よりもっと議会を動かす事も容易となろう。そして日本は、野蛮な国家の汚名を着せられてしまうだろう。


日本にできることは、政府がきちんと歴史の真実を訴えていき、決して弱腰にならず、謂れなき謝罪決議や批判、不当な要求に対して毅然とした態度で臨む、これしかないのだ。泣き寝入りは通用しない。日本政府および外務省には、是非ともこれを肝に銘じてもらいたい。

日本でも映画「南京の真実」の製作が進んでいる。世界に南京虐殺の嘘を知らしめるには良い作品となってくれるだろう。成功に期待したい。

~~~~
最後に記事中に「カナダ下院での慰安婦決議支援など、対日批判活動を続ける華僑組織「トロントALPHA」」とあったが、やはり加国の慰安婦決議の裏にも中国系の団体が存在していたのだ。日本はこのような汚い決議を一蹴してやればよい。

スポンサーサイト

コメント

南京に対する世界的な誤解

南京大虐殺は世界的に誤解されています。

中核的な出来事は南京陥落時の城外における大規模な捕虜の殺害です。
父親(栗原利一)のスケッチブックでも7万余人と書かれています。
非戦闘時の7万余人の捕虜の殺害ですから、当然、日本陸軍が軍の組織として行なったものです。
捕虜の多くは蒋介石軍兵士などです。

ただ、中国側の言う30万人説は戦闘時の犠牲者も含めた数として合理的な数です。
昭和12年7月の南京の人口は135万人です。
11月末の人口は50万人で、これに南京防衛軍15万が加わった65万人が日本軍の攻撃に晒されました。

否定派の言う20万人は逃げ場の無い貧民の数です。
小平市の警察学校と小平団地を合わせた(昔の警察学校の広さ)10万坪の安全区に押し込められた貧民の数です。

(65連隊のシャーカンおける2千人斬首は父だけが日本側の証人です。名古屋市の河村市長は無知なだけです。「ジョン・ラーベ」は城内での出来事しか書かれていないので日本人には誤解を与えます。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/165-84035e82

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。