スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい中国~警官の勝手な取り締まり~ 

数百人の陳情者を拘束 北京、「法治徹底」日に

 中国で法治の徹底を図るためにつくられた「法制宣伝日」の4日朝、北京中心部にある中国中央テレビ前で、官僚腐敗などへの不満を記者に訴えようと全国各地から農民ら千数百人が押しかけたが、うち数百人が治安当局に拘束され北京南部の収容施設に送られた。
 関係者によると、来年8月に北京五輪を控え、陳情者に対する取り締まりがさらに強化されているという。
 同日早朝から警察車両数十台が同テレビ周辺に配置され、数百人の警官が警戒の目を光らせた。不当な農地収用などへの不満を訴える陳情者が到着するたびに、腕をつかんで当局が借り上げた大型バスに連行し、施設に収容。抵抗した一部の人は当局者に殴られ、負傷したという。
 浙江省から陳情に来た女性(56)は「中国に法治など全くない。官僚はやりたい放題で、民衆のことなど全く考えていない」と批判した。
 中国政府は先月「いかなる組織や個人も取材を妨害してはならない」との通達を出している。一部の外国メディアの記者が通達のコピーを警官に見せたが、警官らは「意味がない」と無視、記者らを現場から排除した。

産経新聞 2007年12月4日付記事

ーーーーーーーーーーーー

中国政府は先月「いかなる組織や個人も取材を妨害してはならない」との通達を出している。一部の外国メディアの記者が通達のコピーを警官に見せたが、警官らは「意味がない」と無視、記者らを現場から排除した。

今の中国の現状をこの一文がよく表している。

中国は北京五輪開催に向けて、食や環境の安全のアピールのために、様々な方策を打ち出している。偽物の取り締まりなどもその一環であろう。

しかし、いくら国が徹底したところで、末端が従わなければ意味の無いことなのである。この警官らの「意味がない」はまさにそれを表している。

警官が国の意志に反して、勝手な取り締まりを行うようなでは、五輪開催などもってのほかである。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/167-c2bf676a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。