スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄教科書問題 撤回否定濃厚 

「集団自決」修正/撤回否定に批判集中
 
【東京】沖縄戦「集団自決(強制集団死)」に関する教科書検定意見の撤回などを文部科学省に要請した市民団体や支援組織が四日午後、参院議員会館内で報告集会と記者会見を開いた。民主、共産、社民の野党国会議員十五人を含む約百人が参加した。文科省の布村幸彦大臣官房審議官が検定意見の撤回を「考えていない」と否定したことに批判が集中。市民の代表は「私たちの税金で働いている人がこんなことを言うのは許せない」と憤りをあらわにした。
 県高教組の松田寛委員長は「(布村審議官は検定意見が)『制度上問題ない』の一点張りだった」と指摘。

 その上で「(審議会での審議という)制度を通過すれば(記述が)間違ってもいいという考え方が全く理解できない」と述べ、手続き論に終始する文科省の姿勢を批判した。

 教科書全国ネット21の俵義文事務局長は「文科省の姿勢は検定意見を絶対に撤回しないが、沖縄が怒っているので訂正申請でけりをつけようとしている。官僚は絶対に過ちを犯さないという前提がある」と述べ、疑義を呈した。

 「沖縄戦教科書検定意見の撤回を求める市民の会―東京―」の阿部ひろみ代表は「審議会で公正な審議がされたという(布村審議官の)考えに本当にびっくりした」と指摘し、教科書調査官の原案を議論がないまま追認した教科用図書検定調査審議会の在り方に警鐘を鳴らした。

検定意見撤回に難色/要請団に文科省審議官

 【東京】沖縄戦「集団自決(強制集団死)」への日本軍の強制を削除した教科書検定意見の撤回を求める市民団体や国会議員などが四日、文部科学省で布村幸彦大臣官房審議官に要請した。出席者によると、布村審議官は「検定意見の撤回は考えていない」とあらためて明言、検定の正当性主張した。一方で、「今回の訂正申請の審議が終わり次第、検定制度全体の在り方について検討したい」と制度の見直しに初めて言及したという。(一部地域既報)

 要請には都内各地で検定意見の撤回を求める「市民の会―東京―」(阿部ひろみ代表)、「沖縄戦首都圏の会」、琉球大の高嶋伸欣教授と山口剛史准教授が参加し、それぞれが要請書を手渡した。

「自決」記述復活 反対決議を採択/政治介入に反対の会

 【東京】「教科書検定への政治介入に反対する会」(小田村四郎代表)は四日、都内で集会を開き、文部科学省が教科書会社の訂正申請を受け、記述復活することに反対する決議を採択した。

沖縄タイムス 2007年12月5日付記事

ーーーーーーー

ひとまずホッっというところでしょうか。。

沖縄戦が凄まじい戦いであったこと、沖縄の人々にとって忘れることのできない苦痛であったことを否定するつもりは毛頭ありません。沖縄の人々の苦しみはそれは筆舌に尽くしがたいものであったでしょう。それを否定しようとしているのでは無いのです。

特定勢力の圧力によって教科書の記述が書き換えられるようなことがあれば、なんでもありになってしまいます。悪しき前例とならずに済みそうで本当によかった。

まあまだ決定の段階ではないので予断を許さない状況といえましょう。


教育は日本国民に等しく与えられるものです。特定勢力のためのものでもなければ、特定国のためのものでもありません。

スポンサーサイト

コメント

11月号のWiLLを買いました.
沖縄集団自決の真実(住民自決命令はなかった!)を詳しく国民に知ってほしい.特に,沖縄の方々には・・

子どもと離れて死ぬくらいなら・・
辱めを受けてまで生きるのは・・
など,どれほど苦しい状況であったのか.
その状況を,いいように操作する人間が許せません.
軍は生き延びろといった.
でも,住民たちにも誇りがあり,家族との愛があった.
そして,防衛のための手榴弾を使った・・

なのになぜ「命令」という言葉を撤廃できないの?
それは,今を生きる住民たちに,ウソの「刷り込み」をした存在があるから.
ですよね?

大江健三郎も許しがたい作家です.

ままぞんさんコメントありがとうございます。

>なのになぜ「命令」という言葉を撤廃できないの?
それは,今を生きる住民たちに,ウソの「刷り込み」をした存在があるから.
ですよね?

そうですね、それもあると思います。もうここめできたら彼らもまさか違いましたとは言えないでしょうね。もう引き下がれないんでしょう。

激戦の中のことですし、命令があったか無かったか確たる証拠がでてきたわけではありません。研究の余地があるというわけです。

よって教科書には、強制があったと記述すべきではなく、ハッキリしていないみたいな記述がなされるべきなんです。ということを文科省はいいたいのかな。

沖縄11万デモ誤報をまた繰り返す九州朝日放送

12月24日午後4時30分ごろ放送されていた九州朝日放送「LIFE2007」沖縄教科書問題の映像テロップで今年9月29日に沖縄で教科書検定撤回県民大会が行われた参加者数を「11万人」と断定して流しておられました。その後、各調査が行われ、多くても3万人ということが参加現場画像から確認されていますが、なぜ、あえて、11万人とのテロップを流されているのでしょうか。九州朝日放送や沖縄の朝日放送系の「九州沖縄スペシャル」でこれほどの意図的な誤謬報道を繰り返されるのは客観報道から逸脱していると思います。コメンテーターの鳥越俊太郎は左翼側の片棒を担いで、沖縄の現地レポーターに「歪んだ教科書問題」と誘導尋問的な質問や意見を言っていました。これはテレビ朝日自体では放送されず、九州朝日放送など、九州、沖縄だけで放送されました。ネット上で、徹底して抗議・訂正を呼びかけましょう。

福岡っ子さんコメントありがとうございます。

貴重な情報ありがとうございます。
テイケイの検証で「11万」の嘘ははっきりしているにも関わらずまだそのような虚報を繰り返しているのですか。。。

私のほうでも色々調べて記事に出来そうならしてみます!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/169-3a6de582

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。