スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で親日派吊るし上げ最終確定 

第2期親日反民族行為者、195人を最終確定


【ソウル6日聯合】大統領直属機関の親日反民族行為真相糾明委員会は6日、第2期(1919~1937年)親日反民族行為者195人の名簿を最終確定し、決定理由などもまとめた2007年度調査報告書を大統領と国会に提出した。これで委員会が選定した親日反民族行為者は、昨年発表された第1期(1904~1919年)の106人と合わせ301人になった。
 第2期親日反民族行為者は、主に1919年の独立運動後に実施された日本帝国の民族分裂政策に積極的に協力した朝鮮人が対象となっている。貴族や朝鮮総督府の中枢院参議ら日本帝国の植民地支配に直接賛同した人物、独立運動の弾圧に積極的に協力した人物がほとんどだ。日本帝国から子爵を与えられ、朝鮮殖産銀行の設立委員や大東斯文会会長などを歴任した閔泳徽(ミン・ヨンフィ)、高宗を強制退位させた「丁未7賊」のの1人で、中枢院顧問などを務めた高義敬(コ・ヒギョン)らの名がある。高宗退位を主導した宋秉ジュン(ソン・ビョンジュン)と、内務大臣を務め、1905年に韓国支配を決定付けた乙巳条約(第2次韓日協約)に賛同し「乙巳五賊」と呼ばれる李址鎔(イ・ジヨン)は、本来は植民地時代の初期に入るが、昨年の第1期報告書にもれていたために今回の報告書に含められた。

 報告書は全4巻、3000ページ以上に及ぶ膨大な量で、第1巻には委員会の事業と調査活動の内訳、残り3巻には親日反民族行為者195人に対する決定理由が記されている。

 委員会は来年、第3期とする1937~1945年に主に活動した反民族行為者に対する調査を実施し、報告書を作成する計画だ。

聯合ニュース 2007年12月7日付記事

ーーーーーーーーーーー

現代の魔女狩りとは上手いことを言ったもんだ。

過去の親日派を探し出し、その財産を奪い取る行為は、野蛮な行為であり、言い換えれば国家主導の強盗行為とも言える。

韓国政府及び韓国民は、このような行為を働くことが、韓国の品位をさらに貶めるということを自覚すべきだ。

スポンサーサイト

コメント

彼らも

こちらにも、コメントさせてくださいね。
親日反民族には、来日しては、日本のおばちゃんたちに『愛している」と公言している、韓流スターさんたちも明記してほしいですね。

後進国の韓国民には、約束概念も品位のかけらさえもありません。
これですからね。
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/414218/

ノムたんは米国に逃げる準備はしっかりしているようですね~~

みなみさんコメントありがとうございます。

人本では絶対見ることができない光景ですね・・・
隣国でありながらこうも違うんですね。

次期大統領には、日本との冷静な外交が出来る人を望みます。まあ、世論がそうはさせないだろうけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/172-054ba055

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。