スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党の本質 

ウイグル人権活動家との勉強会を中止 民主訪中団に配慮

 民主党の鳩山由紀夫幹事長が、同党の前国会議員らが11月に計画した中国の少数民族ウイグル族への人権弾圧を告発している女性活動家ラビア・カーディル氏を招く勉強会を中止させていたことが6日、分かった。同党幹部が明らかにした。この幹部は、小沢一郎代表ら訪中団派遣への影響に配慮しての指示だったことも認めた。鳩山氏は11月23日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ十四世と会談したが、これに対し駐日中国大使館から抗議文が届いたことも明らかにした。同党幹部は「独立を唱えていないダライ・ラマ十四世とウイグル(人活動家)は違う」と語った。

産経新聞 2007年12月7日付記事

ーーーーーーーーー


御機嫌取りの為なら、国会だってなんだって全て投げ出して会いにいくんだから、小沢民主党の中国に対する思い入れはよほど強いのだろう。彼らは日中友好の為ならチベット・東トルキスタンで起こっている虐殺の事実すら黙殺する覚悟だ。

民主党が政権をとった後の日本が透けて見えるようだ。中国ベッタリの政府によって
日本は中国の餌となり、吸い尽くされるのだ。


批判すべきことすら批判できないような情けない党に、果たして与党が勤まるか?

~~~~
到底勤まるはずもないというのが私の意見だが、皆さんの意見はどうだろう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/173-a09b90d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。