スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web竹島問題研究所更新情報  & ニュース 

竹島は日本の領土です!


Web竹島問題研究所が更新されたのでお知らせします。


ーーーーーーー
更新情報

[2007年12月11日]竹島の日」関連事業実施概要を発表しました。

ーーーーーーー


竹島をめぐるニュース

ーーーーーーーーー
慶尚北道が中断している島根県との交流再開を検討


【大邱11日聯合】日本の島根県が2005年に「竹島の日」を制定したことから同県との姉妹提携を撤回した慶尚北道が、民間レベルでの交流再開を検討している。慶尚北道が11日に明らかにしたところによると、独島の領有権をめぐり3年にわたり島根県との交流が中断しているが、民間レベルの交流とビジネス、観光、農業など経済分野での協力の必要性を慎重に検討している。金寛容(キム・グァンヨン)知事はこれと関連し、最近投資通商本部、国際関係諮問大使、北東アジア自治体連合事務局などに交流再開時の実益と問題点を検討するよう指示した。
 慶尚北道のこうした動きは、同道と同様に鳥取県との交流を中断していた江原道が、先月30日に交流再開を発表したことを受けたもの。慶尚北道関係者は「必ずしも島根県ではなく、農業や水産業などで共通点を持つ地域と民間レベルの交流を通じて経済的実益を得ることを検討中だ」と話している。ただ、公務員の交流など行政的で公式的な交流はまったく考慮対象ではないとし、独島の領有権に関する限り、日本の中央政府や地方政府のどちらに対しても譲歩する考えはないと強調した。

 慶尚北道は1989年10月に島根県と姉妹提携を結んだが、2005年2月23日に島根県議会が「竹島の日」の制定条例案を上程したことから、島根県に派遣していた道職員を引き上げ、これまで交流を全面的に中断している。

聯合ニュース 2007年12月11日付記事

ーーーーーーーーー

まったく虫の良い話だ。

日本はきっぱりと突き放すべきだ。

日本の領土を奪い取るような輩と付き合うほどお人好しでないとね。

スポンサーサイト

コメント

ウリドクト

こんにちは。まったくもって図々しい奴らです!
韓軍隊では、兵士が「独島は我々のものだ!」と毎日雄叫び上げるそうです。

色欲全開の韓流お花畑さんたちも独島は韓国のものだ!って叫ぶんでしょうね~
こんなおばちゃんたちを片道切符で半島流しにしてみたいです。嬉々として流されてくれますよ。(笑)

島根のみなさん、早く目覚めて、半島対策お願いします。

みなみさんコメントありがとうございます。

本当は国がもっとしっかりしてもらわないと困るんですけどね。。

国を動かせるのはやはり世論です。国会議員は国民の付託を受けて議員という職についているわけですから、もっと国民が竹島に関心を持ってくれれば大きく変わってくると思うのですが、やっぱり戦前の引目があるんでしょうか、国民はそこから目をそらすんですよね。

まずは世論の形成。これしか無いですね。

ホルホルします(笑)

おはようございます。竹島とは関係ないのですが、今朝の読売新聞の2面にあった記事です。
バイオリニストの五嶋みどりさんが、日本の出身者として初の「国連平和大使」になりました。
私は五嶋みどりさんと弟の龍くんの大ファンです。
そしてお母様の五嶋節さんは尊敬する女性のお一人でもあります。
節さんが出された本「天才の育て方」はタイトル通りではなく、子育てに大切なことが多く書かれています。
是非、子育て真っ最中のお母さんがたに読んで頂きたい一冊です。

ボーイスカウトで子供達と触れ合い、教師を目指している聴剣さんも是非機会がありましたら読んでみてくださいね。

おまけに韓国親子事情の記事を置いていきますね。
ママボーイと呼ばれる程母にチヤホヤされて育った韓国男性も、なんと冷たいことでしょう>-<
http://www.chosunonline.com/article/20071211000023

交流必要なし!

日本の領土に勝手に進入.
我々のものなんぞ,起きてても寝言いうようなやつらと交流する必要なんてナシ.

日本の駅そばにあるパチンコ屋が出来た経緯を知っていれば,この後どうなっていくのかおのずと分かるはずですよね.
勝手に断交,また擦り寄ってくるようなマネをする国,イリマセン~!

みなみさんコメントありがとうございます!
返信遅れてごめんなさい。「天才の育て方」ですか。読んでみたいと思います。
子どもと接することは本当に難しいといつも実感しております。。

勉強勉強W

ままぞんさんコメントありがとうございます。
返信遅くなってごめんなさい。
まったくです。日本を貶めることを忘れず、都合のいいときにはすり寄るというなんとも卑怯な国です。
日本は韓国に対して毅然とした態度をとるべきです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/181-5f0037a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。