スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる台湾総統選挙 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成19年(2007年) 12月23日(日曜日) 
通巻第2036号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

四年前の失策を踏襲するブッシュ政権。台湾に内政干渉
住民投票をやめろ、と露骨な圧力に台湾民衆が反発
**********************************

コンドレーサ・ライス米国務長官が馬脚を現した。
12月21日の記者会見でライスは「台湾が『台湾名義』での国連加盟を問う住民投票を計画しているのは『挑発的な政策』である」と決め付けたのだ。
そして「台湾海峡の緊張を不必要に高めるだけであり、住民投票を中止するように」と強く警告する虚にでた。
スティタス・クオ(現状維持)優先の立場に立脚する米国としては、そういいたいのはわかるにせよ、明らかに内政干渉である。

だが、陳水扁総統は、このライス発言を待っていた節がある。
四年前の総統選挙でも、土壇場で米国が台湾の住民投票に内政干渉し、反発を強めた本土台湾人が、優勢だった国民党・親民党連合を破り、僅差で陳水扁続投となった。
1996年選挙でも、直前に中国はミサイルを台湾海峡へぶち込み、緊張感を高めた結果、台湾独立を主張する李登輝の圧勝に結びついた。

2000年総統選挙は、国民党分裂により、陳水扁が漁夫の利を得たのは基本構造だが、やはり土壇場で朱容基(首相、当時)の強行発言が反作用を引き起こし、民進党の勝利となった。

それゆえ、中国は台湾の総選挙と総統選挙を目の前に、久しくだんまりを決め込んでいた。
うっかり強硬な態度を示せば、北京の希望する馬英九の当選が遠のき、つまり台湾の挑発に乗れば、逆に台湾独立派を有利にしてしまうと踏んでいるからだ。

米国は北京の圧力にまけて、再び三度、台湾へ「独立を示唆するような、いかなる動きにも反対」という立場を鮮明にしてきたが、おそらく北京との連絡ミスか、あるいはライス国務長官のフライング失態であろう。台湾の挑発にまんまと嵌った。

陳水扁総統は直ちに反論した。
ライス長官の警告に対して、「台湾に挑発政策はない。住民投票は2300万人の台湾人民の民意を示すことにすぎない」。

問題の『住民投票』とは、じつは結果がどうでても、国際法的にレジティマシー(合法性)がない。
与党・民進党は2008年3月22日の総統選挙と同時に住民投票を行ない、「台湾の国連加盟は是か非か」と問う。
野党・国民党も住民投票には乗り気で、ただし「中華民国としての国連復帰は是か非か」と問う。
すでに台湾では憲法に従い、住民投票実施を求める272万人以上の署名が法に基づいて集まっている。

さらに陳水扁総統は付け加えた。
「挑発しているのは台湾ではなく、中国だ。中国のほうが台湾対岸に988基以上の短距離弾道ミサイルを配備しているではないか。台湾はすでに主権独立国家であり、中華人民共和国の一部ではない」と明言した。
台湾の緊張が高まれば高まるほどに、台湾人アイデンティティへの自覚が広がり、その行き着く先の投票行動がどちらに有利になるか。書くまでもないことであろう。
◎◎み◎や▼◎ざ◎き◎◎◎▼◎ま◎さ◎◎ひ◎▼◎◎ろ◎◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上引用

宮崎正弘氏のメルマガより引用させてもらいました。私の愛読しているメルマガの一つであります。

台湾総統選挙気になるところです。

中国の一部となるか、それとも独立を果たすか。


宮崎正弘HP
http://miyazaki.xii.jp/

宮崎正弘の国際ニュース・早読み
http://www.melma.com/backnumber_45206/


ーーーーーー

最近少々忙しいので、更新が不定期になるかもしれません。

なるべく更新していきたいとおもうのでよろしくお願いします。

ーーーーーー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/191-b8982310

【中華人民共和国】についてのお得なブログリンク集

中華人民共和国 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…

  • [2007/12/25 13:41]
  • URL |
  • 旬なキーワードでお得なブログのリンク集 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。