スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会は在日共々この日本国から出て行くべし 

民団中央団長に表明 創価学会原田会長


「参政権」決着へ支援

 鄭進民団中央団長は19日、原田稔創価学会会長を表敬訪問し、在日韓国人の当面する問題や韓日友好増進などについて意見を交換した。

 14年目になる永住外国人の地方参政権付与の問題に話が及ぶと、原田会長は「皆さんの熱い思いをよく承知している。そろそろ決着してもいい時だ。しっかり支援していきたい」と述べた。学会から吉郷研滋副会長ら幹部、民団から呂健二副団長、河政男事務総長らが同席した。

民団新聞 2007年12月20日付記事

ーーーーーーーーーー

創価学会は日本を特定国に売り渡す売国教団だ。

地方参政権は、日本人固有の権利である。

日本人の生活の為の参政権を、在日なんぞに渡してはならぬ。

創価学会は在日共々この日本国から出て行くべし!

スポンサーサイト

コメント

まったく同感です~!

それにしても選挙事情と云っても、
自民党も、あんな公明党と手を切れば良いと思うのですが・・・。

reikoさんコメントありがとうございます。

公明党を操り日本を破壊する創価学会は日本の癌ですね。自民党も公明党のような悪党と連立なんてしているようでは何の期待も出来ません。

真の保守の登場を待つしかありませんか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/192-3544c429

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。