スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潘基文を送り込んで国連を私物化した韓国 

新年早々から怒れるニュース

“潘流”人事? 事務総長就任1年 韓国人職員25%増

 【ニューヨーク=長戸雅子】潘基文氏(前韓国外交通商相)が国連事務総長に就任して2日で1年。同氏の下で、ニューヨークやジュネーブなどの国連事務局に勤務する韓国人職員数が急増、就任前に比べて25%も多くなっていることが分かった。中でも政策決定に直接、関与できる最高幹部クラスの事務次長補(ASG)以上の韓国人職員は2人から、氏自身や平和維持活動(PKO)分野も含めて5人に増えており、“潘流”の採用や登用は国連内で「異例」と受け止められている。
 複数の国連公式文書によると、秘書などの事務職やプロジェクトごとの契約職員も含めた韓国人の職員数(1年以上の雇用が対象)は2006年6月末の時点で51人。それが就任後の07年6月末時点で64人に増加した。
 中には、気候変動問題特使に任命された韓昇洙・元韓国外交通商相(事務次長=USG)、事務総長特別補佐官の金垣洙氏(ASG)らがいる。金氏をはじめ、06年6月以降に採用された職員のうち数人が事務総長室に配属され、事務総長室スタッフ64人のうち11%に当たる7人の韓国人職員が名簿に載っている。
 事務局外では昨年10月に崔英鎮前国連大使がコートジボワールの事務総長特別代表(USG級)に任命されている。その直後、米紙ワシントン・ポストも「韓国人主要ポストに、潘氏は『情実』を否定」という見出しの記事を掲載し、「母国の利益を優先している」といった国連内部や外交官の間の不満を伝えた。

潘氏はこの記事で「あえて韓国と距離を置こうとしてきた。批判は全く不当」と強く反論。潘氏に近い国連高官も「潘氏は国連内の『縁故主義』を変えようと取り組んでおり、全く公正な人物だ。就任以前から採用が決まっていた韓国人職員も複数おり、批判には根拠がない」と強調する。
 だが、ニューヨーク・タイムズ紙記者で国連事務総長に関する著作のあるジェームス・トラウプ氏は「複数の韓国人スタッフが公式にせよ非公式にせよ、潘氏の顧問団になっているのは間違いない事実だ。彼らは勤勉だが秘密主義的とみられており、潘氏が韓国人職員の内側にいる印象を与えている」と指摘する。
 前任のアナン氏(1997~2006年、ガーナ出身)の下では自国出身幹部(ASG以上)は就任前の2人から就任2年後に1人に減少、その前任のガリ氏(1992~96年、エジプト)の下では2人から2人へと横ばい、さらにその前のデクエヤル氏(1982~91年、ペルー)の場合は就任前、就任後8カ月の時点とも、ASG以上の自国出身幹部はいない。
 昨年11月には、潘氏の娘婿のインド人国連職員が国連イラク支援派遣団(UNAMI)の官房長に抜擢され、国連職員組合は「親類縁者や友人を頼った求職」を批判する文書を先月、採択した。
 ある国連外交筋は「コートジボワール特使は危険な任務で、候補者に次々断られ、元部下で国連のPKO部門で要職を務めた崔氏に依頼した」と説明、別の外交筋も「韓国は分担金(加盟国中11位)に比べ職員数が少なかった。事務総長誕生を生かし増強したわけで、日本も戦略を検討したほうがいい」と提案する。
 ちなみに、通常予算の分担金拠出で2位の日本のASG以上の職員は、赤阪清隆広報局長(事務次長、USG)だけだ。
 ■国連の職階制度 事務総長を筆頭に副事務総長、官房長(以上、1人ずつ)、事務次長(USG)、事務次長補(ASG)が最高幹部クラス。USGとASGは全職員の0・4%。事務局内などに24人ずついる。

産経新聞 2008年1月2日付記事




韓国人職員を大幅に増やし、重要ポストに韓国人を据え、さらには娘婿にまでポストを与えるとは、とんだ愚物が事務総長になったものだ。これを私物化と言わずして何というのか。

10月24日の「国連の日」に国連本部で行われた潘基文事務総長主催のコンサートで、日本海を「東海」などと表記した英文パンフレットが配られたことなどは、潘氏の国連私物化を象徴するような出来事であろう。(前エントリー

潘氏は批判に対して「(批判は)非常に不当だ」、「あえて韓国と距離を置くために努力してきた」と反論していたようだが(朝鮮日報記事)、どうしたら韓国と距離を置くための努力をして、韓国人職員の数が増えるのか、是非とも教えてもらいたい。

~~

国連事務総長に相応しい人物とはどのような人物なのか。

国際連合広報センター 「国連とは何か」を見てみると、

国連事務総長の役割は何ですか。

事務総長は国連の最高幹部かつ事務の統括者であり、特に国際社会の最先端で活躍する調停者および平和創造者として、世界に対する国連の象徴となっています。事務総長は、開発、軍縮、人権などの、グローバルな課題に対して世界の関心を引きつけています。事務総長の主要な責任事項の一つとして、国際の平和と安全を脅かす何らかの問題が生じた場合、これに対して安全保障理事会の注意を喚起することがあげられます。国際紛争の解決を助けるため、事務総長は調停を行ったり、舞台裏での「静かな外交」を展開することがあります。事務総長の中立性は、国連のもっとも重要な資産の一つです。
 事務総長は先頭に立って、国連活動の再編およびスリム化の努力を進めているほか、総会、その他の機関と密接に協力して、改革の徹底と調整を図り、国連が加盟国のニーズに効果的に対応できるよう努めています。



とあった。

国連のもっとも重要な資産の一つである”中立性”に欠く潘基文氏には、是非とも事務総長の辞職をお願いしたい。

スポンサーサイト

コメント

いや~~流石~!鋭いご指摘・・・。
本当ですよね。

国連の事務総長に、藩基文氏が選出されたニュースは大変ビックリいたしましたが・・・。
その人物に一票を投じた国々の責任も大のような気がしますが・・・。
(間違っていたら~ごめんなさいね)

いづれにしても、
事務総長としての任にあらず者は、
即刻~辞職願いたいですね。(同感)

reikoさんコメントありがとうございます。

私も藩基文氏就任には驚かされました。
日本は彼への投票をかなり渋ったそうですが、米国に脅しをかけられたそうですね。ですが結局投票してしまった日本も、このことに対し大いに反省すべきです。
過去の事務総長に比して、明らかに中立性に欠く藩氏には、やはり辞めていただくしかありません。

はじめまして!
とれまが人気ブログランキング運営管理局です。

ポータルサイト「とれまが」から人気ブログランキングがスタートしました!

▼詳細はこちら
http://blogrank.toremaga.com/

■オープンしたての今なら、あきらめていた人気ブログランキング上位も狙いやすい!
■ポータルサイトと連携しているから、ブログランキング目的以外の読者もアクセスしてくる!

シンプルで高機能な、新しいブログランキングサービスです。
会員登録、特別なリンクタグは必要ありません。
しかも、アクセスアップに役立つ機能がいっぱい!
全て直リンクでリンクされ、検索エンジン対策にも有効です。

この機会にぜひご参加ください。
ご参加お待ちしております。

▼詳細はこちら
http://blogrank.toremaga.com/

  • [2008/01/04 11:38]
  • URL |
  • とれまが人気ブログランキング
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/203-1b27037f

【ブサヨ死亡】日本の予想通り「無能」「国連私物化」潘基文に非難轟々

今日の韓流通信 Act.III:【国際】潘基文国連事務総長は「日常的にかんしゃくを破裂させる」~ノルウェー大使  モナ・ジュール国連大使からノルウェー外務省に送られた秘密の書簡を暴露したのは、同国のアフテンポステン紙。書簡は「地球的な危機に対処する国連の必要性...

  • [2009/08/24 21:43]
  • URL |
  • マスコミ不信日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。