スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支那による"Yellow dust terrorism" 

2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測
 
【大紀元日本1月6日】北京が直面する生態環境問題で最も深刻なものは、黄砂だ。関係部門では地球温暖化の影響を受けて、北京地区の気温も高くなると予測し、2008年北京春季の黄砂発生日数は2007年同期より増加すると見ている。北京市気象局の郭虎局長が1月3日に発表したところによると、昨年10月の北京地区の気温は平年並だったが、その他の月は平年より高くなっていたという。郭局長は今春に北京が見舞われる黄砂の予想日数は8~11日間で、平年平均値の9・7日に近いが、昨年同期比より増加すると見込んでいる。

 南郊気象観測台によると、2007年北京の気温は平年同期平均気温の14℃より1・7℃高くなっており、1951年以降もっとも高い。また、35℃以上の高温が続く日数は10日で、平年同期に比べ6日多かったという。

 さらに、往年に比べても2007年春の北京はこれまでの20年間でもっとも黄砂の少ない1年で、北京市気象観測台では砂嵐は3つしか観測しなかったという。郭局長によると、現時点の予測分析から、黄砂の源である北京上流の砂漠化地区の気温が高く、降雨量が少なく、さらに今年の春季における冷たい空気の活動が活発になることに加えて、砂嵐が容易に形成されるという。

 気象数値によると、2007年増水期において、北京では雨の降らない日数が67日にも達しており、降雪日数も3日しかなく、平年より著しく降水量が少なかったという。また、昨年北京平原地区における降水量は2006年より多かったが、平年の584ミリに比べて11%少なくて、北京平原地区において、年々降水量が少ないことはすでに9年間続いているという。

 一方、砂漠化を止めることについて、中国気象科学研究院副院長の張小曳氏は、都市緑化による黄砂防止は難しく、緑化などの措置は黄砂の濃度を弱めるに過ぎないとし、根本的に黄砂を断ち切ることはできないと示した。黄砂は数千メートル上空で移動し、樹木の高さはせいぜい十数メートルしかないからだ。

 中国科学院植物研究所主席研究員の蒋高明氏は、砂漠化防止のための生物措置において、草木の作用を十分に認識すべきだとし、特に干ばつの初期段階では、草の作用は潅木より大きく、潅木の作用は森より大きいと示し、最も良い方法は、干ばつに負けない自然の回復力であると強調した。


大紀元時報 2008年1月6日付記事

 

黄砂が問題なのは、中国などで発生した大気汚染物質を吸着するからである。
吸着した汚染物質は砂と一緒に降るか、雨と混じって日本などに降り注ぐのである。

黄砂の成分は次の通り。

組成を見ると、石英、長石、雲母、緑泥石、カオリナイト、方解石、石膏、硫酸アンモニウムなどからなる。
粒子の種類によって度合いは異なるものの、黄砂は空気中のさまざまな粒子を吸着する。上空を浮遊しながら次第に粒子を吸着するため、その成分は発生する地域と通過する地域により異なると考えられている。中国や韓国の工業地帯を通過した黄砂は硫黄酸化物や窒素酸化物を吸着すると考えられているが、中国と日本の茨城県つくば市でそれぞれ採取された黄砂の成分調査によると、つくば市のものは二酸化窒素(NO2)や硫酸水素(HSO4)が増加しており、これを裏付けている[11]。工業地域を通過した黄砂は一酸化炭素を含んでいたという調査結果もある。
2001年に中国で行われた黄砂の成分分析では、ケイ素が24~32%、アルミニウムが5.9~7.4%、カルシウムが6.2~12%であったほか、微量の鉄などが検出された。
鳥取県衛生環境研究所の調査では、2005年4月に黄砂を含む大気中の成分を調べたところ、平均値に比べてヒ素が22倍、マンガンが13倍、クロムが7倍、ニッケルが3倍という高い数値を記録しており、黄砂の飛来時には大気の成分が通常とは異なることを示唆している。
韓国では、黄砂の中から硫酸塩などの化学物質や、病原菌なども検出されている。また、同じく韓国での2003年の調査では、黄砂の前後における尿の成分測定で、発ガン性物質が増加したと発表された。
肺に入ると炎症を起こすシリカや、カビの菌糸体を構成するβグルカンなどが含まれているという研究結果もある[12]。
大気中を進むうちに紫外線などを受けるため、病原菌の一部は死滅すると考えられているが、化学物質が紫外線により分解されて有害なものになることが懸念されている。 (wikipediaより引用



中国の黄砂も海洋汚染もそうなのだが、基本的に防ぐ術が無いというのがやっかいである。海も大気もつながっているから、他人ごとという訳にいかないのである。


まさに"Yellow dust terrorism"


どこまでやっかいな国なんだ。
スポンサーサイト

コメント

聴剣さん、こんにちは。
知らず知らずに、死の灰を浴びているようなもの。
日本も安閑としていられませんね。

これこそ、声高に、抗議して欲しいですね。
日本国民の安心・安全を守る為に・・・。

それにしても、何でこんな弊害のある国に友好の名の元に、物も言えないのか?・・・疑問だけが沸く・・・。

reikoさんコメントありがとうございます。

まさに死の灰ですね。偏西風を恨むか、それとも支那の東に日本が存在したことを恨むか。支那で核の事故でもあろうものなら日本はモロに影響を受けちゃいます。嗚呼。。

福田総理の支那の環境への血税投入も、本来なら支那自らが出すべきでしょうが、致し方ない、というか完全な無駄金にはならないのかなーとも思うてしまいます。その金がしっかり環境に使われることが前提ですが。

媚中政治家が多いですから、機嫌を損ねるようなことは絶対にしないでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/209-aae29428

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。