スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人道的な殺し方?笑止! 

カンガルーの殺し方の豪政府指針、愛護団体は批判


 [キャンベラ 7日 ロイター] オーストラリアの動物愛護団体は6日、政府が新たに示したカンガルーの子供の「人道的な殺し方」の指針で、頭を自動車のけん引棒に「強力に打ち付ける」ことが推奨されていることに、疑問を投げ掛けた。
 環境省が発表した、銃殺されたり車にひかれた親カンガルーの袋から見つかった子供の扱いの行動規範案では、散弾銃で至近距離から撃つことも勧めている。
 野生動物保護団体「ワイルドライフ・プロテクション・アソシエーション」の代表、パット・オブライエン氏は、地元紙に対し「連邦政府は、無防備なカンガルーの子供を散弾銃で木っ端みじんにしても良いと考えていると言っているも同然だ」と述べた。
 環境省のスポークスマンは「誰もがカンガルーに愛着を持っていると思うが、数が多過ぎるのが問題」と指摘。時にはへき地でも使える現実的な方法を見つけようとしていると語った。

産経新聞 2008年1月8日付記事



日本でも数の増えすぎた獣の数を減らすことは行われている。
よってカンガルーの数を減らすこと自体を批判しようとは思わない。

しかしそれに「人道的な殺し方」なんていう訳の分からない言葉付けるから矛盾するのだ。殺し方に人道的や非人道的なものなどない。(嬲り殺しなどは論外だが)

人間は生物の命を頂いて命をつないでいるのである。その命に感謝することを忘れなければ、その命を無駄にしなければそれでよい。と私は考える。


ーーーーーー

豪州は日本などの捕国を残虐だなんだと批判するが、豪州政府が人道的として推奨しているカンガルー殺しの方法やディンゴ殺しとどう違うのか。是非説明してもらいたい。

は賢いから、なんていう妄言は通じない。

璧を 完うす さんのブログで紹介されていた動画を見てください。



※過激な映像があるので、気分を害する恐れがあります。

関連ニュース

監視船、今週出港 豪外相が発表(中日新聞)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
グリーンピースジャパンは、グリーンピースとクジラ問題において、

日本人に肉は本当に必要なのか。どのくらい必要なのか。税金を大量に投入してでも、毎年調査捕する必要があるのか。国際的な顰蹙を買ってでも地球の反対側まで捕りに行く意味があるのか。
そして、日本の自己管理能力がどれほどのものなのか。



を考える必要があるとしているが、どれもこれも大きなお世話である。

鯨肉を食すのは古くからの日本の文化である。
緑豆に、必要か不必要かなどと言われたくもなければ、
日本の税金の心配などされたくもない。
鯨の生態を把握するのに調査捕鯨は必要である。国際的な顰蹙が不当なものである場合は従う必要などないのである。


まったく馬鹿げた連中である。

スポンサーサイト

コメント

私も、以前から~グリンピースの活動を、
苦々しく思っていた一人なので・・・貴方の痛快な記事に、天晴れ~!
そんな感じを強くしました。

確かに、無闇に乱獲するのはいけないかもしれませんが、
だからと云って、何でもかんでも、
保護の命題の元、反対の連呼には、
本当に・・・腹ただしい。

却って、生態系を崩す事を、
学んで欲しい・・・。

reikoさんコメントありがとうございます。

いや、文の構成も言葉選びもメチャクチャです
日本語が変な部分があったらお許しください。
ただ書き散らしているだけなので。。。

彼らの主張には様々な理由があるのでしょうね・・・。色々な方が指摘しているように、自国の動物殺しを隠すためだとか、牛のお肉の販路を守るためだとか、複雑でしょうね。。

グリンピース(穏健派)とシーシェパード(過激派)は、環境保護の名の下に、船に妨害を加えたり、船を衝突させたりと色々な犯罪行為をしているそうですから、許せる連中ではないです。

一度思い込んだら決めたら狂ったようにそれを主張する。
まるで、慰安婦などで発狂している連中そっくりですね。

こんにちわ。この映像についてマスコミは完全スルーですね。豪の政府が騒いでいるというのに、なぜなのでしょうか?

るうとさんコメントありがとうございます。

返事遅れて申し訳ありません。
何故でしょうね。なぜ日本は外国に対してこうも卑屈なのでしょうか。弱腰だから各国で慰安婦決議が採択されるし、中国では平気で嘘が宣伝されるんですよね。まったくどうかしてます。

UFOについてまで見解を示した日本政府には、是非ともこの動画についての見解を伺いたいですね。

るうとさん、これからもよろしくおねがいします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/213-5e085c9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。