スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、日本企業を恫喝し、地球儀から台湾を消す 

学研、「台湾」ない地球儀を販売 中国の圧力で

地球儀「スマートグローブ」の台湾周辺を拡大
 学習教材大手「学研」(東京都大田区)グループが国内向けに販売する音声ガイド付きの地球儀が、中国政府から圧力を受けて、台湾を単なる「台湾島」と表記していることが9日、わかった。同社は「中国の工場で生産しているため、中国政府の指示に従わざるを得なかった」と釈明しているが、識者からは「国益を損ないかねない」と憂慮の声が上がっている。
 この地球儀は、学研の関連会社「学研トイズ」(東京)が昨秋発売した「スマートグローブ」。各国の地理や文化などの情報を音声で案内するシステムが組み込まれ、情報はネットで更新される。希望小売価格は2万8000円で、初回製造の1万個は完売という。
 問題の表記は台湾(中華民国)について、「台湾島」と記載。また、日本の北方では、樺太の南半分や北方領土以北の千島列島をロシア領として色分けしている。これらはサンフランシスコ講和条約(1951年)で日本が領有権を放棄した後、帰属先が未定となっているため、日本の地理の教科書では、日露のいずれにも属さない白表記になっている。
 台湾島という呼び名や千島などのロシア領表示は、いずれも中国発行の地図で一般的に使われる表記。
 学研トイズは「当初は日本の学校教科書同様の表記をするつもりだったが、工場が中国にあり、中国政府から表記を変更しないと日本への輸出を認めないと迫られた。すでに注文が殺到していたので、仕方なく中国政府の指示に従った」と説明している。
 同社は応急措置としてメモを添付。「生産国の中華人民共和国政府の指示により、地球儀表面の『台湾』の表記が『台湾島』音声が『中華人民共和国』となっております」などと記している。
 東アジア情勢に詳しい伊原吉之助・帝塚山大名誉教授は「世界地図の表記はその国の利益に直結しており、他国の主張にやすやすと屈服し、自国で販売するというのは主権侵害への加担で、一企業の商行為でも不誠実のそしりは免れない。それが学習教材大手というからなおさらだ」と指摘している。

産経新聞 2008年1月10日付記事



教育は国家の根幹である。その日本の教育に携わる企業が中国の圧力に屈し、台湾を中国の一部と表記するとは、何事か。これがなんの批判も受けずに教育現場などに出回っていたら・・・考えるだけでぞっとする。これは許しがたい行為である。

易々と中国の脅しに屈し、彼らの言いなりになった学研の責任は重い。

報道によると、学研の売上高は、少子化の影響で下がり続けているとのこと。
しかし人件費が安いというだけで中国に依存することが、どれだけ恐ろしいことなのか、学研は今回の一件で思い知ったであろう。

恐らく同じようなことはこれからも続くであろう。
日本は日本の国益のためにも、日本企業の中国進出に待ったをかける必要がある。
中国は依存するにはあまりにも危険な国なのである。
スポンサーサイト

コメント

何で・・・どうなるか、
分りきった事をするんでしょうね。

<学研の責任は重い>
大いにある・・・。

いくら恫喝されても、大和魂を忘れるな!と言いたい・・・。

「背に腹はかえられぬ」・・・とでも言いたいんでしょうか?

愕嫌!!

 6年の科学の教材セット…そう言えば、メイド・イン・チャイナっぽかったですね。
  送らばせながら、今年もよろしくお願い致します。
 政治ブログ『熊川ビジョン』管理人のくまがわ直貴です。

 今年は、恐らく政権交代や政界大編成等があり得るでしょう。
 市井の私達も気を引き締めて行きたいと思います。
 
 http://blue.ap.teacup.com/kumagawanaotaka/

トラバお願いします^^

本当に参りますね.
こんなことされたら,子どもと一緒に学ぶことも難しくなります.

「何でもかんでも信用しちゃいけない」なんて,小学生の子どもに言えないですよ><

正しい教育って,どうしたらいいんでしょう・・

reikoさんコメントありがとうございます。

学研は少子化の影響もあって売り上げが落ち込んでいたようです。出荷差し止めと言われてしまえば、表記変更もやむなしとも思えますが、やはり日本の教育に携わる企業として、譲らないで欲しかったです。

そのごの対応もまずかったですね。紙切れ一枚で、表記や音声はそのままなんて、杜撰にもほどがあります。

私は、今の日本の製造業が中国に依存している限り、こういうことは起こり続けると思います。この問題は、学研批判だけで終わらせるのではなく、中国製品の危険性とあわせ、日本の中国依存を考え直す契機にすべきと思います。

くまがわ直貴さんコメントありがとうございます。

気にしたことなかったですが、もしかしたらそうだったのかもしれません。いや、恐ろしい。

政権交代も政界再編も良いですが、政治家には真に日本の国益を考えた政策をとってもらいたいです。
これからもよろしくお願いします。

ままぞんさんコメントありがとうございます。

最初は学研が!?っていう感じでした私。

正しい教育ですか・・・本当に難しいですね。時分が正しいと思ってきたこと、そう教えられてきたことが実は捩じ曲げられていたなんてこと結構ありましたから。。歴史では特に。

自らの頭でよく吟味する。これしか無いのでしょうか。勉強あるのみですか。。。

学研の企業姿勢

注意書きを添えて販売していたということですが
クレームが出るまで販売し続けようとした企業姿勢はどうしたことでしょう。
この報には私も仰天しました。

歴史の真実を知ったとき怒りが込みあげてきました。
教えられたことを検証しなかった自分が恥ずかしくて
「無知は罪」を実感しました。

子供たちに嘘っぱちを教えないでもたいたいですね。

wildswan0312さんコメントありがとうございます。

そうですよね!日本の教育に関わる企業としてはあまりに杜撰な対応ですよね。紙入れ一枚で済まそうなんて甘すぎる。

台湾からは猛抗議が会ったそうですが、台湾の人々に対して失礼極まりない行為だと思います。

これからを担う子供達には真実を教えていきたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/215-ba6cfadb

「学研」が・・・中国に屈しちゃった?!しゃべる地球儀の台湾表記が><;

私たちが小さい頃の家庭用教材は,「学研の科学と学習」が独走状態だった気がするのですがね.. その学研が・・・_ノ乙(、ン、)_ バタ...

  • [2008/01/10 23:40]
  • URL |
  • ママがネットりウォッチします |
  • TOP ▲

外務省も台湾島!?

台湾は日本の生命線!の記事を転載させていただきました。 以下、転載 偽造地図を「直す」と言った外務省中国課の約束を信じる 2008/01/12/Sa...

  • [2008/01/13 22:47]
  • URL |
  • 璧を 完うす |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。