スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国汚染が凝縮!!中国産アサリから細菌 

m66312.jpg

*大運河・蘇州南地区。岸辺に汚水処理場らしき場所があり、そこから流れ出た排水の色が明らかに他の排水と異なっている
※大紀元時報より引用


なんと基準の11倍! 中国産アサリから細菌 横浜のハナマサ支店

 横浜市は18日、業務用スーパー「ハナマサ西横浜店」(同市西区)で販売していた中国産の加熱用冷凍むきアサリから、食品衛生法で定める基準の11倍の細菌を検出したと発表した。市の抜き取り検査で判明した。
 市はハナマサに対し市内計8店舗での販売を禁止し、在庫の1キロ入り計123袋を回収するよう指示。流通経路や他県での販売状況を調べている。
 現在まで健康被害の報告はないといい、市は「きちんと加熱して食べれば健康への影響はない」としている。
 ハナマサは首都圏を中心に102店舗を展開。同社は「全店舗で撤去する。買い上げたお客さまにご迷惑をお掛けした」としている。

産経新聞 2008年1月18日付記事



今回は市の抜き取り検査で判明したとの事です。
もし抜き取り検査が行われていなかったらと思うとゾッとします。
貝類は重金属などを蓄積するといわれているので、その辺のところも非常に気になります。

外食産業をはじめ、価格の安さから中国産を使用する企業などが多いですが、真に消費者のことを思うのであれば、安心・安全を是非とも徹底してもらいたいですね。

スポンサーサイト

コメント

兎に角、中国産の輸入禁止を!

こう~次から次と、明るみに出てくると、
もう打つ手なし!
中国産の食品だけでも・・・
輸入の全面禁止を願いたい!

ハマグリやアサリ入りのパスタを、
好んで食べていた者として、
怒りも頂点に達する。

もういいから断交して===!

今の中国は…

 ちょうど、昭和30年代の高度成長期の日本に例えられる現在の中国(そういえば、オリンピック開催も)。
 あの頃の我が国では、公害が社会問題化しましたが、同様に中国でも食や自然環境の汚染が進んでいるということなのでしょう。

 歴史は繰り返す、とはよく言ったものです。

 こんばんは!

>今回は市の抜き取り検査で判明したとの事です。

 怖いです。。
 語弊をおそれず言えば,分かったのも「偶然」だったことですよね・・・

 わたしたちがどんなに中国産食品を避ける努力をしても,お財布的な事情もありますし(涙),外食にいけばおそらく中国産の食品が出てきているでしょうからね。。
 再発を防止するためにも,こういった中国産食品の危険性をもっと主張していかないといけませんよね!!もっと販売する側に「チャイナリスク」を自覚してもらわないと。。

reikoさんコメントありがとうございます。

全面輸入禁止にしたら食べるものが無くなったりして。。。それほど中国に頼っていますからねー。私はスーパーでバイトの経験があるのですが、加工品は産地表示が無いものばかり。日本産だったら書かないはずは無いですが、書いてないってことは、恐らくは中国が産地なのでしょう。

まー今では日本産と書いてあっても信じる事ができない世の中ですが。。

出来れば中国産全面輸入禁止を断行してもらいたいですね!

くまがわ直貴さんコメントありがとうございます。

たしかに昔の日本と重なる部分もありましょう。しかしですね、彼らには日本という良いお手本があった。にもかかわらず日本以上の汚染大国になったんですから、昔の日本と今の中国では罪の重さが違います。

昔日本だってやっていたんだからしょうがないでは済まない問題です。

くるくるさんコメントありがとうございます。

そうですね。抜き取り調査という事は、たまたま見つかったんでしょうね。それが今の検査の実情なんでしょうか。検疫所は人手不足でいっぱいいっぱいらしいですよ。これはどうにかしなければですよね。

日本の業界が、もっと日本人の食の安全を考えてくれないと、これからもこういうことは起こるでしょうね。安いからといって乱用はしない。これを徹底してもらいたいですよね。

しかし中国産は安いですね。。

主婦でございます。
食糧自給率40%の日本で、オール国内産というわけにはいかない現状。
しかし、スーパーで手に取った食料品に中国産の表示を見ると直ちに陳列棚に戻しておりました。
昨今は、殆ど中国産を取り扱わない宅配業者から取り寄せております。
加工品に使用される食材の産地まで確認できる業者です。
割高です(泣

いや、こうなると、中国産は恐ろしくて買えません。
にも関わらず、「中国はこの問題に全力で取り組み、現在改善されつつある」
「いや中国のウナギは安全です」と報じたマスコミ・・。
日中間の報道協定だか何だか知りませんが、マスコミは日本国民を殺す気でしょうか。
局に抗議しましたら「厳選なる調査を行った上での報道」とおっしゃいました。
あの「段ボール肉まん」はヤラセで片付けられましたが、中国なら十分あり得ます。
私はヤラセのヤラセではないかと思っております。

鴻さんコメントありがとうございます。

ヤラセのヤラセ・・私もそう思います。彼の国ならやりかねん!

我が家でも、中国食品の脅威が叫ばれるようになってから、中国食品を探し出しては廃棄しました。結構気に入ったものもあったんですがね。

マスコミは一体私たちの安全についてどう思っているんでしょうね。ここでも日中記者交換協定の威力発揮でしょうか。様々な中国食品の脅威が明るみになったと思ったら、こんどはタイミングよく日本で偽装問題が盛り上がりましたよね。なんだかそれで曖昧になってしまったような気がします。それがマスコミの仕掛けた作戦だとしたら。。。

一消費者としては、まず中国産をなるべく買わない。これしかないですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/233-b8936ff4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。