スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本よ中国の毒餃子に怒れ! 

【政論】中国食品の輸入の一時停止を 首相よ トップ交渉を迫れ

 5歳の女の子が一時重体となった中国製毒ギョーザ事件の被害が拡大している。中国の不衛生・毒入り製品の問題は世界で相次いでおり、今回の事件も単なる一企業の問題とは思えない。
 平成16年には中国製ダイエット用健康食品を服用した岩手県の女性が亡くなった。2006年にはパナマで、中国製偽造薬が成分のせき止め薬で、幼児ら多数が死亡したと報じられた。
 福田康夫首相は、事件を中国の構造的な問題ととらえ、中国産食料品や医薬品の輸入の一時停止に踏み切り、再発防止のため強い姿勢で対中交渉に乗り出すべきだ。
 首相は31日の参院予算委員会で、先の訪中で温家宝首相と「食品の安全が両国共通の課題」だと確認し、残留農薬の検査技術の研修を表明したと説明。「今回の問題も、そういう枠組みの中でも話し合いを進められると思う」と語った。
 だが、そんなレベルにとどまる問題だろうか。「何をやりたいのか見えてこない」といわれる首相にとって、今回の事態は国民のため先頭に立って働ける絶好の機会のはずだ。それなのに、省庁任せの感がぬぐえないのはなぜだろう。
 国内の事件なら警察や厚生労働省、自治体などで対処できる。だが、今度の相手は中国政府と中国社会そのものだ。首相が真っ先に憤りの声を発し、早急に中国政府とのトップ交渉に乗り出すほど効果的な対策はない。
 牛海綿状脳症(BSE)感染牛の発見では米国産牛肉が長く輸入が停止された。今回はすでに全国で被害者が出ている。施政方針演説で「今年は生活者や消費者が主役となる社会へ向けたスタートの年」と宣言した首相だが、国民の生命と健康を守る言行一致のリーダーになれるか。首相には中国産品の脅威から国民を守る気概をみせてほしい。(榊原智)

産経新聞 2008年1月31日付記事



産経の政論はまさに正論だ。

なぜ福田総理は中国にはっきりと抗議しないのか。

国民の命が失われかけたというのに。

中国にたいする配慮だかなにか知らないが、もういい加減にしてほしい。

中国食品が日本に流通している限り、今回のような事件は必ず起こるだろう。

日本国民の安心・安全を守る為には、今こそ中国食品の全面輸入停止を宣言すべきである。

福田総理の英断に期待する。


ーーー
※書きかけだったのに公開してしまいました。申し訳ありません。居眠りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

宮崎正弘氏のメルマガ「宮崎正弘の国際ニュース早読み」によると、今回の中国毒餃子について、米国のマスコミも報じ始めたそう。産業界は移転計画・・・


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年) 2月1日(金曜日) 弐
通巻 第2073号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

中国の毒入り餃子、世界マスコミが追加報道
米国も日本のなりゆきを注視、産業界は移転計画
***************************************

拙著『中国は猛毒をまき散らして自滅する』(徳間書店)が予測した恐るべき事態が、悲しいかな、本物の状況に発展した。
昨日までは毒入り餃子事件を日本のマスコミが報じ、これを日本発として台湾、香港、韓国のマスコミが多少報じたに過ぎなかった。
それが昨日からは米国のマスコミが追加報道を展開しているのも、中国産冷凍食品は米国のスーパーマーケットでも売られているからだ。

実に多くのテレビと週刊誌から小生も取材を受けたが、テレビ(地上局)には出演しない方針なので、以下週刊誌に答えた拙コメントの結論とは、
「要するに日本の家事に当たる人(主婦でも主夫でも)が炊事に横着を決め込んで、冷凍をオーブンにかけて食事を済ませるのが、需要を富ませる。中国からの冷凍加工食品の輸入は過去十年間で五倍になった。ということは日本人の食事が五倍横着になったことではないのか」と。

餃子はもともと華北の食べ物で、それも中国では水餃子が主流。
蒸し餃子もあるが、焼き餃子の習慣はなかった。日本の需要を見込んで、焼き餃子を教えたのは日本人である。
中国各地のレストランで「焼き餃子」を注文するときは、「日式餃子」(リーシェ・チャオズー)と言わなければいけない。

日本の観光客がよく行く西安では「餃子オンパレード」といって十数種の餃子を食べされてくれる名物レストランが多い。
JALパックなど団体ツアーの目玉にも謳われている。
が、これもほとんどが冷凍で、天津や北京など華北のメーカーから送られてくる。
ある時「中身を教えろ」と主任に食い下がったら丁場まで聴きに走って、
「お客さん、私たち、中身は分からない。これ、みんな北京から冷凍できている」との回答。つまり、今度の被害は中国国内でも、もっと深刻な筈である。

○○ ○○○ ○○○
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




宮崎正弘の国際ニュース早読み
http://www.melma.com/backnumber_45206/


ーーーーーー

大紀元時報に恐ろしい中国食品の実態が載っていたので紹介する。

中国国内インターネットで挙げられた有毒食品の一覧は次の通り:

 

1.有毒豚肉

成長周期および生育率を向上させるために、ホルモンおよび抗生物質などの注射は不法商人の常套手段だ。一方、病死した豚からの豚肉、腐敗した肉、大量の水を強制的に注いだ肉、寄生虫のある肉などについて、防ごうとしても防ぎきれないのだ。

 また、豚の飼料に塩酸クレンブテロールを添加したことは、さらに民衆を恐慌状態に陥れた。塩酸クレンブテロールは豚の赤身のたんぱく質合成および脂肪減少を促すことができ、豚肉の赤身の増加率を向上させることができるが、人体対して、目眩、吐気、手足の振るえ、心悸亢進をもたらし、特に高血圧、心臓病の人には、最悪の場合は心拍停止になり、死亡に至る場合もあるという。

 
2.有毒アヒルの血

 動物の血液の中に、アヒルの血液がもっともソフトで、美味しいものだ。しかし、アヒルの血はすべての人に提供するのに数量が足らないことから、牛の血に洗剤と味の素を入れ似せて、レストランへ大量販売する。さらに、安価な豚の血、または他の動物の血液に工業用塩を加えて出来上がり。工業用塩は人体に対して、有害の亜硝酸塩を含んでいるため内臓、消化系統の慢性中毒をもたらし、しいては、急性食中毒をもたらすこともある。

 
3.有毒羊肉

 
羊は屠殺される前にアトロピンの注射を受けているため、肉質は明るく艶がよく見える上、羊は喉が渇くため、大量の水をのむから、重量が増し販売側にとって有利だという。

 
4.有毒しん粉


劣質のしん粉に工業用漂白剤として使用されるフォルムアルデヒドジ硫酸ナトリウムを添加して白くできるほか、防腐およびコシを増強することにもなる。人体に対して、アレルギー、食中毒を引き起こし、発ガンをもたらす。古くなった品質の悪い米自体は、すでにアスペルギルス・フラーブスの発ガン性物質を含有していることから、フォルムアルデヒドジ硫酸ナトリウムが入るとさらに毒性が増す。

 
5.有毒小麦粉


増量するためにタルクを添加して、白くする。タルクの主成分は、四酸化マグネシウムと珪酸マグネシウムなどだ。四酸化マグネシウムの性質は比較的に安定しているが、珪酸マグネシウムの性質は不安定であり、発がん性がある。

 
6.有毒米

長期にわたり貯蔵された古い米が含有する基準値以上のアスペルギルス・フラーブスは、280℃の高温でも生存できる。工業用油を用い、古い米を「加工」すると、新米のように透き通るようになる。人体に対する影響は、下痢、目眩を引き起こし、多く摂食した場合、がんをもたらす。

 
7.有毒雑穀

有毒米と同様なやり方で、古い粟とトウモロコシの粉を漂白する。

 
8.有毒(油条)揚げパン

 
揚げパン材料の中に洗濯用の洗剤を添加することで、揚げた時によりサクサク感が得られ、小麦粉の節約ができる上、揚げパンは美味しく見える。一方、使用する油は地下溝に溜まった生ごみの油を再製したものだ。このような油を多く摂した場合、大脳および神経細胞に対して悪影響を与え、痴呆症をもたらす。

 
9.毒キクラゲ

すでにカビが生じた腐敗、変質したキクラゲを墨汁などに漬けてから、砂糖、澱粉、硫酸銅、硫酸マグネシウム、にがり、尿素、明礬、アンモニア水などの有害物質を加え、乾燥させて完成する。場合によって、セメントを加え、虫よけのために農薬として使用されるリン化アルミニウムを添加する。毒性の強い発ガン物質が含まれている。

 
10.有毒白いキクラゲ

1日1回、硫黄を使用し、白いキクラゲを燻す

硫黄は白いキクラゲをさらに白くすることができる。硫黄には鉛或いは砒素という重金属が含まれており、人体の肝臓、腎臓に損傷をもたらす。

 
11.有毒酒

 単純に工業用アルコールと水を混ぜた有毒酒は、メタノール含量は数倍高い場合が多い。中毒者は、意識不明になり、大脳の組織は程度違いの損傷を受け、視神経も損傷を受ける。死亡に至ることもある。中国大陸では、この種のものは蒸留酒の「白酒」として販売され、製造は簡単で儲かるという。


スポンサーサイト

コメント

偶然にも、私もブログに・・・

聴剣さん、おはようございます。

仰るように、
事の真相が解明しない限り、
中国食品輸入停止!・・・それぐらいの気構えで臨んで欲しい。

政府の対応~発言を聞いていても、
食べた人が悪いんじゃないの?

そんな無責任な言葉しか響いてこない。
これ以上~被害甚大にならない内に、
早期の決断を願いたいと・・・。

reikoさんコメントありがとうございます!

居眠りしていて書きかけを公開してしまいました(汗)
なんだか今回はマスコミでも大盛り上がりですね。
政府がどう出るかで、これ以降の日本人の被害、中国側の対応、全てに影響が出ると思います。

ここで泣き寝入りしたら、向こうの態度は改まらないでしょうし、もちろん被害も続くでしょうね。このブログで再三取り上げてきたのは、みんなに早く気付いてほしかったから。このままの状態なら必ず第2の毒餃子がでてきます。

ミートホープ他、国内の企業を袋叩きにしたマスコミが
この度は一斉に消費者に責任を転嫁。

この違いはなんでしょうね。

福田さんは素っ気ないほどに普通でしたね。
中国人のようにコブシを振り上げて抗議せよとは言いませんが
世界で相次ぐ中国産事故の被害国が
「中国に抗議する」というたった一つの結論を出すのが
そんなに難しいことなんでしょうか。
これがもし中国で起きたことなら大騒ぎするんだろうな。

五輪に選手団の食料と調理人を持ち込む参加国が出てくるかもしれませんね。

今回の発覚で、民主党の対応が見ものなんですけど。岡田だの小沢だの、
こないだ宗主国へ土下座しにいった連中は何て言うんでしょうね。

命と安全を捨て、既得権益保持!
だとしたら、ちゃんとそう訴えて選挙マニフェスト作らないとね。

鴻さんコメントありがとうございます。
ホントに。。あそこまで違うんですね。鴻さんの記事みて、マスコミほど信用ならないものはないんだなと思いました。
かつての日本企業叩きは中国製品の汚染から国民の眼をそらせるためですよね。
福田総理にはがっかりですね。なぜ強く抗議しないんでしょうか。

五輪にどう響くか見ものですね!

higuma1021さんコメントありがとうございます。

なるほど!民主党がどう対応するか楽しみですね。

なぜか中国への批判がなされず、かわりに行政と業者にその矛先が向けられています。どう考えてもおかしいです。

自民も民主も消費者や生活が第一と謳っているからには、しっかりと元凶をたたいてもらわないと。

おはようございます。マスコミは最初から、工場内の労働者の、経営者に対する嫌がらせ。つまり「個人の犯罪」と決めてるような論調ですよね。中国製品が悪いのではない、としたいのがあまりにもミエミエです。そんな情報操作に乗るほど日本人ってそんなに甘くないですよね。

るうとさんコメントありがとうございます。

マスコミの情報操作にはあきれますね。
まー私記事書くのにマスコミの書いた記事使っているんですがねww

日本人は案外きづいているのかもしれませんね。売国マスコミの存在に・・・

 こんばんわーん

 「原因も分かっていないし,宗主国さまを傷つけたら申し訳ないですよ。ふっふっふっ...」

・・・という福田首相の心を透視して参りました(え?)

 この問題って,最後どうなるんでしょ。
 わたしは,中国で現地の役人が死刑になって終わりかなーくらいに考えていたのですが,工場側は過失を認めていません。
 もちろん輸出向けの会社なので,過失を認めた場合の影響を考慮してはいるのでしょうが,このままでは責任の所在が極めて曖昧になってしまいます。。

 日本のマスコミも腰抜けなので,ひとまず「消費者の責任」に言及しとけば安心だーくらいにおもってますね,きっと。

>日本国民の安心・安全を守る為には、今こそ中国食品の全面輸入停止を宣言すべき

 これは大きいとおもいます。特に北京五輪の前だからこそ,やってほしいです。

 民主党もここで中国に抗議したら,国民の支持もグッと引き寄せることができるんでしょうが,何も言えない民主党が情けないですねー。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/256-d7aa68b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。