スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海沿岸大量ポリ容器漂着について 

前エントリ「海洋汚染は中国だけではない。--朝鮮半島の強酸性不法投棄物が米子市に漂着 -- 」で、韓国からの投棄物の日本海沿岸への漂着のことを取り上げたが、この韓国からのポリ容器漂着は、すでに平成15年に、日本側の要請を受け、韓国海洋水産部が指導を徹底するという約束をしていたのである。本来なら漂着などするはずのないポリ容器がまたも大量に
漂着したのは、韓国側が約束を違えたからであり、韓国側に強く抗議するべき問題である。

どのくらいの数のポリ容器が日本海沿岸に流れ着いていたのか。

海上保安庁警備救難部環境防災課の報告書によれば、平成12年に約38,000個、平成13年に約11,000個、平成14年に約13,000個、平成15年には約29,000個という膨大な数が日本海沿岸に打ち上げられていたのである。冬の日本海沿岸にはポリ容器がゴロゴロと散乱するのが冬の日本海の風物詩となっていたのである。

 事態を重くみた海上保安庁は、平成15年6月19日に韓国海洋水産部を訪問し、近年日本海沿岸に漂着している大量のポリ容器について、現状を説明し韓国側の対策について協議を行った。

協議の席で韓国側は調査の結果を報告し、日本海沿岸に漂着したポリ容器の一部は、ノリ養殖業者が海岸付近に保管しておいたものが強風などによって海に流れ出し、海上を漂流し冬の北西の風により日本に漂着した可能性があるとした。

そして今年から対策を開始したと説明したのである。

 

 
韓国側が示した対策
 
 ・ ポリ容器を流出させないようノリ養殖業者を指導
 
 ・ 同部で保管所を作り、これまで海岸付近に野積みしていたポリ容器を適
   正に保管するよう指導(これまで4ヶ所建設)
 
 ・ 散逸しないよう、また再利用し易いように、20リットルの容器に代え
   200リットル入りのドラム缶を使うよう指導
 
 ・ 海上漂流ゴミのモニタリング調査の実施
 
 ・ 済州島付近の特定の地域で、漁民等が回収した海上漂流ゴミの買取りを
   開始(本年4月半ばから6月上旬までに約8トン買取り)

報告書より引用




これで、韓国側からの漂着物は無くなると、海上保安庁の職員は思っただろう。

しかし、漂着物はいっこうに無くなる気配を見せなかったのである。

協議が行われたのは平成15年、それから2年後の平成17年には、中国地方知事会が国に対し「日本海沿岸への廃棄物の漂着防止に関する要望 」書を提出し、原因究明と、原因者に対する厳正な措置、監視体制の強化、国レベルの機関の設置を求めたのである。たった2年後にこんな要望書が出されるという事は、状況がまったく改善されていなかったからであろう。


再三にわたる日本側の要請を無視し、海洋投棄を黙認してきた韓国政府の罪は重い。

日本政府の毅然とした態度を望む。



スポンサーサイト

コメント

何故、黙して語らないのか!

聴剣さん、今晩は。
領土問題しかり~被害を被っているも、
日本政府の毅然とした態度が見受けられないのは・・・何故???

黙して語らず~!
それが、美徳とでも思っているんでしょうか?

言うべき事を、言わない政治家は、
その業を成していない・・・。
左派の面々が、閣内に魑魅魍魎としている現状を、苦々しく思うと同時に、

日本の為に、一刻も早く・・・
強いリーダーの誕生を願うばかりです。

reikoさんコメントありがとうございます。

reikoさん今晩は。

ほんとに何故でしょうね!朝鮮日報では大きく取り上げられていましたが、政府はいまのところ沈黙?だし、マスコミも産経に一つ記事があるだけですよ。。。

黙して語らずでは聞こえがいいですが、はっきり言って怠慢でしかない。まったくなんとも不甲斐無い連中です。

そうですね。自民でも民主でもない新たな勢力の誕生を願います。

韓国人も『日本海の名称を東海に変えようとしてるのに、韓国が海を汚していることを知られることはまずい』と思っているようで、英語版Wikipediaでは、この問題を全削除という荒っぽいことをしています。

Japanese-Korean disputes - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Japanese-Korean_disputes&diff=198354844&oldid=197585805

エキサイト 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

こんな情報の隠蔽活動よりも、ごみを出さないようにして欲しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/271-195b57b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。