スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根拠を示せ!【毒餃子】 

警察庁長官、鑑定データを中国公安省に要求

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件に関連し、警察庁の吉村博人長官は29日午後の衆院予算委員会で、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が「中国国内で混入した可能性は極めて低い」と発表した中国公安省に対し、根拠となる鑑定データを至急、提供するよう求めたことを明らかにした。


 吉村長官は、ギョーザに付着していたメタミドホスの鑑定結果などから、日本で混入した可能性が低いという見方を改めて強調。一方で「私たちの力だけではいかんともしがたい」とも述べ、今後も公安省との捜査協力が必要だとする立場も示した。

読売新聞 2008年2月29日付記事



中国当局は、日中双方で協力して解決すべきと言いながら、「中国側での混入の可能性が極めて低い」というその根拠を示さないでいる。中国当局は実験で問題となった餃子の袋と同じ袋に外部から「メタミドホス」を散布し、それが浸透するかという実験を行った。その結果、袋の内部への「メタミドホス」浸透を確認したとして、日本での混入も可能だと主張したのである。

日本側が求めたのは実験結果の詳細である。浸透を確認したといってもどの程度の濃度になったのか。日本で見つかった高濃度の餃子のような事が起きたのか、それがはっきりせねば、中国側での混入を否定しうるだけの根拠とはならない。

中国当局に日本と協力する用意があるならば、速やかに実験結果を公表すべきである。

中国側は、第3国から「メタミドホス」が運ばれ、混入した可能性があるとしている。さっさと幕引きを謀るつもりか。北京五輪を控えているから何がなんでも中国は関係ない!という姿勢を貫くつもりなのであろう。


しかし、そうは問屋が卸さない。

スポンサーサイト

コメント

摩訶不思議な事が・・・

聴剣さん、今晩は。

凄く不思議に思う事が一つあります。

あれだけ~色々騒ぎ立てるマスコミが、今回の事では、余り~報道しないという事です。
何故なんでしょうね。

その上・・・
日本国の対応も、情けない対応で・・・

先日、アメリカのお友達と話した時も、同じような疑問を懐いておりました。
何で、国もマスコミも、声をあげないのか!と・・・。

よその国から、
指摘されるまでもなく、
国として凛と対応すべきなのだが・・・
どうして~獅子と進まないのか・・・歯痒く思う。(怒)

reikoさんコメントありがとうございます!

他国の方から指摘されるほど、今の日本はおかしいんでしょうね~。。恥ずかしいです。

マスコミは中国に股間を握られていますから、下手な報道ができないんでしょうね。まともな報道すらできないマスコミに存在価値があるのか!と思うてしまいますね。

国の対応も同じです。福田総理の生温い対応には嫌気がさします。中国は前向きって…明らかに幕引きムードじゃないか!

先日、中国のナントカ省で、
メタミドホスを満載したトラックが横転しました。
周辺地域にまで異臭が広がり、処理班は砂をまくなどして対応。
被害者はなかった・・・

って環境被害はどうすんねん!

メタミドホスは、中国国内に
大量に流通しているようですね^^

鴻さんコメントありがとうございます。

これですね?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000012-scn-cn

2.5トンってwww
致死量とかそういうレベルじゃないです。
その土地は完全に汚染されました。

はい!生産は中止したとかいっていますが、もう海外向けに約束したメタミドホスはまだ生産していますし、まだまだ流通しているようです。おお怖い。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/299-b6d5fcad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。