スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国で中国製薬品による死者続出!【中国毒情報】 

met.jpg

アサヒる.net様より御提供>

海からは汚染物質を、空からは汚染物質を載せた黄砂を、そして食品に見せかけた毒物で日本に襲いかかる中国だが、今度は中国産の原料を使用した薬によって、米国で死者が相次いでいる模様。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  3月7日(金曜日) 弐 
通巻第2116号  臨時増刊号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

中国産原料のへプリン注射で46名が死亡している
  偽物混入の可能性大、米国で大騒ぎに発展
***************************************

毒入り餃子は幸いなことに日本では死者がでていない。
ところが。。

中国産原料を使用したへパリン薬を注射され、死亡する患者が米国で続出している。
ヘパリンは抗凝固剤として使われ、原材料は豚の小腸。これを不衛生に扱かうと薬品の役目をなさないばかりか、副作用で低血圧などに陥る。ヘパリンを使用した注射は、人工透析や手術のあとで、血液が固まるのを防ぐ。
現在、世界市場にでまわるヘパリン薬品は大半が中国製である。

NYタイムズは3月1日に初めて事件を報道して以来、たびたびこの事件を報じているが、3月7日付けヘラルドトリビューン転載記事に依れば、全米で785件の被害報告があり(2月末現在)、死者は46人、このうち19名が明らかにバクスター社製品による副作用と判断されたという。
顕著な副作用として呼吸困難、悪心、嘔吐、発汗過多、血圧の急下降など。

 元凶のヘパリンは中国の家畜加工業者が豚の小腸から粗製品を作り、米企業が保有する常洲(上海近郊)のSPL工場で加工した後、バクスター社が輸入して最終製品にし、病院ルートで販売してきた。SPLとはSCEINTIFIC PROTEIN LAB<中国企業名は常洲凱普生物化学有限公司>の略)。SPL社は米国ウィスコンシン州に最終工場があり、バクスター社は、この米国企業から製品を購入してきた。

 FDAは、中国の工場に不衛生な点があったことや手続きミスでFDAが工場の検査をしなかった事実などを認めた。
このため米バクスター社は二月末から製品の自主回収を始めている。FDA(米食品医薬品局)も中国に調査官を派遣して原因の特定を急いでいる。

 日本の厚生労働省の医薬食品局は、日本にはバクスター社のヘパリン製品が輸入されていないと発表している。

ところが、3月5日にバクスター社の血液抗凝固剤から主成分のヘパリンに酷似した偽の成分が検出されたことをFDAが発表したため、事態は極めて深刻となった。
NYタイムズは3月7日付けで「当該薬品投与で、およそ20%が死亡に結びつくことがある」とセンセーショナルな見出しを付けている。

この事件、米国で執拗に尾を引くだろう。

      ☆
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www.melma.com/backnumber_45206_4023220/



産経新聞記事(2008年3月6日付)
血液抗凝固剤から偽成分 中国製原料使用と製薬会社



「ヘパリンに酷似した偽の成分」ということで、製造過程の不衛生の問題でもなく、製造過程の事故でもなく、明らかな故意によって製造されたという事であろう。

中国の偽薬に対しては、だいぶ昔の記事ではあるが、大紀元時報(05年11月18日付)も、「中国の偽医薬品は医薬品の10~15%を占めており、偽薬で20万人が命を落とす」と報道している。なるほど中国では偽薬が大量に出回っているということだが、これが輸出されれば当然それが世界に出回り、被害を出す。
パナマで中国産原料の含まれた咳((せき)止めシロップで100人以上が死亡した事件などは、その実例と言える。そして次の被害者が米国から出たのだ。

 中国の国会にあたる全人代において温家宝首相は、「私たちは人民大衆が安心できる食品や日用品を提供し、信用のある輸出品を作らなければならない!」と大見得を切ったが、毒餃子事件では、日本側が要請した資料提供に対し「ほぼゼロ回答」という不誠実な対応をしている今の中国に、それを実現する意志があるのか、またそれが可能なのかは大いに疑問である。大方北京五輪を控えての内外向けのパフォーマンスであろうが。。。

産経新聞記事
ギョーザ資料 首相の融和姿勢背景? 中国「ゼロ回答」



毒餃子問題では、幼い少女が意識不明の重体に陥るという大きな被害が出た。
外国では既に死者までが出ている。今回の製品は日本には輸入されていないとの事だが、この現実に日本政府は何らかの対策を講ずるべきではないか。中国の悪質かつ不誠実なる体質を改めるには、厳しい措置をも辞さないという、各国の毅然とした態度が必要である。輸入全面停止も手段の一つになるであろう。

日本では幸いながら死者が出たとの情報は無い。日本政府は、福田総理の言う「前向きな中国」は何処にも存在しないということを自覚し、これ以上の被害者を出さないためにも、早急な対策を立ててもらいたい。

<関連情報>

中国製品の脅威は今や世界規模で起こっている。今度はイタリアで玩具から有毒な物質が検出されたようだ。

中国製人形の塗料から有毒物質 伊、アニメキャラ4000体押収

 【ローマ6日共同】中国製の玩具の人形の塗料に毒性の高い物質が使われていたとして、イタリア北部ピアチェンツァの税関当局は6日、約4000体を押収したと発表した。ANSA通信などが伝えた。輸入元の玩具メーカーは人形のデータを消費者に公開、回収を急ぐとしている。既に市場に出回った人形にも有毒な塗料が使われている可能性があるためとみられる。人形はイタリアで人気のアニメキャラクター。

共同通信 2008年3月7日付記事



スポンサーサイト

コメント

ここまで明るみに出たのなら

聴剣さん、こんにちは。

ここまで、被害の実態が判ったのなら、
日本国~一国で交渉せず、
被害を蒙った国々(アメリカとか)と、一緒に講じることが、
解決の近道だと思うのですが・・・。

いづれにしても、
拓・鉱一・誠・・・が、OKするか、
疑問ですね・・・。

あ!答えは決まってましたね。
友人関係だから、対話で何とか・・・マヌケな言葉しか返ってこないのは、明々白々でした・・・(笑)

あの三人組だけでも・・・何とか出来ませんか?聴剣さん~~!

やはり・・。

この件、アメリカの反応を見守りたいですね。アメリカの監視にある工場でもこのような事態になるのですね。
あの国の国民に物を作らせると全てにあぶないですね。自分さえよければ相手は死んでも構わない・・と言う中華思想を骨の髄まで浸み込んでいる民族ですから・・。

reikoさんコメントありがとうございます。

reikoさんの仰る通り、被害の出た国々で一緒になって訴えればいいんですよね~。

しかし、日本の媚中政治家共の強い反対にあうでしょうから難しいのかもしれませんね。総理もあの調子ですし。

あの三人どうにかしたいですね~。我々に出きることは、選挙で落とすことくらいしかできませんよね。

歯痒いです。

エノキさんコメントありがとうございます。

そうですね、これほどの死者が出たのですから、米国が静かにしているとは思えませんね。日本に期待できない今、米国の強い抗議を期待したいです。

JTは結局中国で作り続けるそうですが、彼らは何にも学んでないです。こちらの要求や約束は一切守らない人間であるということをわからないんでしょうか。生協も同様です。

日本人が死のうが構わないって…恐ろしいですね。そんな国に世界の工場なんて任せられません。

聴剣さん、こんばんわ。
「暗黒大陸 中国の真実」にも書いてありましたが、中国人(漢民族?)というのは他人が死ぬと面白がってゲラゲラ笑うんですってね。
その上残虐な拷問を考え出すことに関しては天才的ですし…

そういう脳構造の彼らにとっては何が問題なのか理解できないのではないかと思うのです。ですから話し合いなど何の意味もないのではないかと…

関わらない、中国製品を買わない、使わない。それ以外対処法はないですよね。

るうとさんコメントありがとうございます。

るうたんおはよう!
人の死を笑うとは。。。最低ですね。
南京大虐殺なんて、中国人が考えそうな事ですよね。通州事件での中国人の蛮行をそのまま焼き映したような事件ですから~。ま、捏造ですからそんな事件自体が無かったのですが。。。

毒餃子での当局の態度には本当に腹が立ちます。
協力?話し合い? そんなものは彼らには通用しないのかもしれませんね。

私もチャイナフリーしまーす。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/307-a94e0d3f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。