スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野聖火リレーはどうなる? 

4月26日に長野で聖火リレーが行われるようですね。

ロンドン、パリでは激しい抗議活動が行われ、パリではついに聖火が消えるというハプニングまで起きました。サンフランシスコでは、在米中国人と抗議を行っていた人々の間でもみ合いも起きたようです。
サンフランシスコには近隣在住の中国人が動員されたようで、中には本国から集まった中国人もいたようです。長野で行われる聖火リレーでも中国人の集結が行われるかもしれません。

「この嘘つきめ」と中国人ら

 「この嘘つきめ」「恥を知れ」「お前らの知ったことじゃない」。激しい言葉が、聖火リレーを待ち受けるサンフランシスコの街角を飛び交った。ほとんどがリレーを守る「人間の壁」を作るため大挙して押し寄せた中国人や中国系米国人が、抗議活動を行っていたチベット問題やダルフール問題での支援者に向かって浴びせかけたものだ。(サンフランシスコ 松尾理也)
 米大リーグ、ジャイアンツの本拠地で、聖火リレーの出発地となったAT&Tパークには、この日早朝から続々と貸し切りバスが登場。五星紅旗(中国国旗)を担いだ人々があたりを埋め尽くした。
 関係者によると、サンフランシスコ周辺に住む中国系社会の間で、妨害行動が予想された聖火リレーを“守る”ため、動員が呼びかけられたという。中には、中国本国からこの聖火リレーのためにやってきたと話す参加者も。
 チベット人やその支援者、ダルフール問題での人権団体なども沿道に陣取っていたが、全体の数では圧倒的に中国系が上回り、あたりは赤い旗と中国語に制圧された感があった。
 中国系の参加者は拡声器やドラ、カネを用いて気勢を上げたうえ、リレー反対の人々に対し、次々に「チベットの弾圧や虐殺は全部作り話だ」「歴史を知っているのか」「よそ者が口を出すな」などと食ってかかり、険悪な空気に発展する場面もしばしばみられた。
 チベットに生まれ、北京で大学を卒業した後米国に移り住んだというツェ・リンさん(51)は「中国人にはもちろん五輪開催を喜び、意見を表明する権利があるが、われわれに憎しみを向けるのはおかしい。彼らはチベット人の意見に耳を傾けようとしない」と話した。

産経新聞 2008年4月10日付記事



長野でも中国人と中国国旗が沿道を埋め尽くすということも考えられます。

チベット国旗(雪山獅子旗)を掲げて抗議をされる方も居られると思いますが、中国人暴徒に教われないようにくれぐれも気をつけてください。。


サンフランシスコでは激しい抗議をかわす為にルートの変更が行われたようですが、この成功を受けて、長野でもコースの変更が行われるかもしれないそうです。

長野でもルート変更の可能性 JOC会長


 【北京=川越一】北京五輪の聖火リレー国際ルートで妨害行為が続発している中、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は10日、今月26日に予定されている長野市での聖火リレーのルートを変更、修正する可能性を示唆した。

産経新聞 2008年4月10日付記事



これをやられたらもうどうしようもない感じですが、どうなるでしょうか。。


こんな記事も。

長野聖火リレー「中国警備隊」の実力行使認めず 警察庁

 長野市で26日に予定されている北京五輪聖火リレーで、警察庁は10日、妨害行動に備えるため、国内の中国批判勢力や右翼の情報収集を強化する一方、他府県の機動隊投入も視野に入れ、警備計画を全面的に見直す方針を決めた。また、聖火ランナーに伴走する「セキュリティーランナー」を含め、北京五輪組織委員会が派遣する「警備隊」による実力行使は一切認めない方針で、今後、中国側に通告する。

産経新聞 2008年4月10日付記事



この中国五輪組織委員会が派遣する中国人「警備隊」は、かなり評判のよろしくない連中だそうで。大紀元にはこんな記事が。

「まるでヤクザ!」=ロンドン五輪委員会会長、せい火の中共警備を糾弾
 
 海外最長ルートを計画し、北京五輪の宣伝効果を狙ったはずのロンドンでのせい火リレーは7日、予定の祝典のどころか、千人の抗議者にも出た抗議多発の大失敗となった。英国メディアの報道によると、2012年ロンドンオリンピック委員会のコー会長が、せい火をガードする中国の特別警察がリレー中に抗議者やランナーに対して犯した暴力行為について、「恐ろしいヤクザの行為だ」と糾弾した。

ロンドンでのリレーでは、青い服を着た中国からの14人のボディーガードがせい火を厳重に囲み、近くからの抗議者に暴力をふるう場面もあった。

大紀元時報 2008年4月8日付記事



誰に許可を貰って暴力を振るったのか知りませんが、とにかく誰彼構わず殴ってくる。そんな連中の暴力行為を許さないとした警察の態度は評価します。ただ、そのかわり警備はかなり厳しいものになるということでしょうね。機動隊って・・・


長野の聖火リレーでは4組の団体が集会の届け出を出しているようです。
スポンサーサイト

コメント

聴剣さん、こんばんわ。

もしかして、サンフランシスコの場合「激しい抗議をかわす」というより中国人の暴動を引き起こさないように配慮したのではないかと思えてきました。
しかし、そういう異様な中国人の集団を見るにつけ、あの青いウェアの連中の暴行を見るにつけ。世界中の人々が中国人に対する嫌悪感を深めていくと思うのです。
中国人ってかなりアホなんじゃないかなぁ?

-4,000年?

世界中にこれ程までにチベット虐殺や聖火リレー失敗の情報が流れているのに・・、中国本土に居て情報を入手できない人は別として、各リレーの沿道での傍若無人なこの振舞いと情報を理解出来ない彼らの脳味噌には呆れかえりますね。
中国4,000年の歴史とは「進歩」ではなくて「退歩」ですね。
長野の沿道で騒いだら即「逮捕」しましょう。

るうとさんコメントありがとうございます。

なるほどー!そういう見方ができましたかぁ!確かにもみ合いになっていましたし、あのまま正規ルートで来たら、暴力沙汰もあったでしょね。

私は国内に放送したいから誰もいない高速なんかを走らせたのかと思ってましたよW

あの青服集団は学生ボランティアらしいですね。中国当局情報ですが…嘘コケてんですよ!

しかも中国は何故あんなにわかりやすい嘘つくんですかね。阿呆なのかな。。

Ⅲ号戦車さんコメントありがとうございます。

ホントですよね。情報統制されているわけでは無い中国人などが、なぜ中国で起こっている事を理解出来ないんでしょう。。

退化…W あの国は最早末期ですね。。

長野、心配ですね。長野県警は抗議運動を取り締まって、中国人は野放し…なんてことにならなきゃいいですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/353-b349ad9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。