スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気を読め!福田に胡錦濤! 

毎日世論調査:「中国には今より厳しく臨め」が51%

 中国の胡錦濤国家主席来日を明日に控え、毎日新聞が1、2日の両日に実施した全国世論調査(電話)で、日本の中国に対する姿勢を変える必要があるか聞いたところ「今よりも厳しく臨むべきだ」とする回答が51%で最も多い結果となった。「今より友好的に臨むべきだ」は26%、「今のままでよい」は17%。無回答は6%だった。

 中国政府は4日、チベット問題でダライ・ラマ14世側と非公式の対話を始めたが、「内政問題であって人権問題ではない」との立場は依然変えていない。ギョーザ事件についても、毒物混入の経緯で日中の捜査当局の見解が食い違っている。

 関心が高いテーマで、中国政府の対応がいずれもかたくななままと受けとられていることが影響しているとみられる。こうした世論を踏まえ、福田首相が7日の首脳会談にどう臨むか注目される。

 対中姿勢に関しては、福田内閣を支持する人でも「厳しく」が53%で、「友好的に」の26%や「今のまま」の17%を大きく引き離した。支持政党別では、「厳しく」としたのが自民支持層で48%、民主支持層で52%だったのに対し、公明支持層では36%。反対に「友好的に」としたのは自民支持層27%、民主支持層29%に対し、公明支持層は38%で上回った。

 年齢別では「厳しく」が20代は37%なのに対し、30代は50%、40、50代はいずれも54%、60代は58%だった。【須藤孝】

毎日新聞 2008年5月4日付記事



私なんかはてっきり中国マンセー!な結果だと思っていましたが、以外にも半数が福田総理の対中姿勢を今よりもっと厳しくすべきだと思っていたんですね。

毒餃子やチベット問題での中国側の不誠実な対応もさることながら、中国に対してひたすら低姿勢を貫く福田総理に国民が怒っているということでしょう。福田総理はこの世論調査の結果を重く受け止め、中国に対して毅然とした態度を示すべきです。

さもなくば支持率も20%切っているし、即辞職をお願いしたい。


それにしてもこの記事で面白かったのが、公明党支持層。

>支持政党別では、「厳しく」としたのが自民支持層で48%、民主支持層で52%だったのに対し、公明支持層では36%。反対に「友好的に」としたのは自民支持層27%、民主支持層29%に対し、公明支持層は38%で上回った。

ほんとになんでこんなに中国大好きなんでしょう。。。



まあそれは良いとして・・・

胡錦濤来日について産経に「胡錦濤空気読めよ」な記事がありました。

胡会見は合意、劇的提案なしを暗示 関係強化を謳う背景


 【北京=野口東秀】北京の人民大会堂で4日に行われた胡錦濤国家主席の記者会見は、福田康夫首相との首脳会談で、日中両国の懸案事項をめぐり進展が得られないことを暗示するものとなった。だからこそ、胡主席は「両国関係の発展の大局と友好往来」という抽象的な一般論を強調した。日本だけでなく、中国指導部も訪日の具体的成果のアピールに悩む実情を示したといえる。
 胡主席が最も強調したのは、日中間で摩擦が生じても「両国国民の根本的利益に合致した方法で対処することが大切」という点に尽きる。日本人への印象も「勤勉で智恵がある」などと持ち上げ、北京五輪で「日本選手が健闘し、よい成績をあげることを祈る」とも述べた。中国側がしばしば問題にしてきた日本側の「歴史認識」に全く言及せず、「前向きな日中の未来像を強調した」(中国外務省関係者)のも、日本側から好評を得たいとの考えからだったようだ。
 胡主席が1984年に日本からの3000人の青年訪中団の受け入れ責任者として対日関係にかかわり、日本に知己が多いことは知られているが、会見ではあらためて「日本通」ぶりをアピールした。3月に国家主席に再選された後、初の外遊を日本としたことも対日重視の表れとされる。
 しかし同時に、福田康夫首相との首脳会談で、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りへの支持表明は行われず、東シナ海ガス田開発問題や日本国民が関心を抱く中国製ギョーザ中毒事件で新たな進展が得られないことも示唆した会見だった。「大胆な提案や譲歩ができない状況だからこそ、日中友好の側面に焦点を当てざるを得ない」(中国筋)との指摘がある。
 チベット騒乱を受けて聖火リレーへの抗議行動が世界各地で相次ぎ、中国のイメージが損なわれた。胡主席はこの状況を踏まえ、北京五輪での日本側の強い協力を得たい意向を示した。日本側が「日中関係発展の大局」(胡主席)に立ち、強い支持をしてくれるよう期待を込めたわけだが、胡主席は最近の日本国民の対中感情をきちんと理解しているのだろうか。

産経新聞 2008年5月4日付記事




>日本の国連安全保障理事会常任理事国入りへの支持表明は行われず、東シナ海ガス田開発問題や日本国民が関心を抱く中国製ギョーザ中毒事件で新たな進展が得られないことも示唆した会見だった。

来日前から、懸案解決の可能性が無い事がわかってるなら、もう会談なんてする必要ないでしょうに。北京五輪を成功させるためには日本が必要・・・だから煽てて協力してもらおうなんて誰が引っかかるかっての!!

・・・・福田総理がいたか!!・・・orz


国民の半数が中国に対して良い感情を持っていないという事を、彼らにはしっかり理解してもらいたいですね。パンダ云々で仲良しこよしを演出したって逆効果です。

福田と胡錦濤にはこう言ってあげましょう。

パンダよりもガス田どうにかしろ!

パンダよりも毒餃子で苦しめられた人々のために解決しろ!

パンダよりもチベット問題に対する、毅然とした態度を示せ!



スポンサーサイト

コメント

いいぞー!

聴剣さん、今晩は。

私も、この事に付随したものを書きましたけど、中国に対し~もっと厳しくに50%以上の指示があったことに、正直大変ビックリいたしました。

支持政党別で公明党が一番多かったのは、今までの言行動で分かっておりましたが、いづれにしても、
国民がこれだけ~冷静に判断しているにも拘らず~当の福田総理と言えば、相変わらず・・・対話対話の合唱ばかりで、いい加減に平和ボケ外交は卒業してくださいと言いたい。
まぁ~今回の会談の顛末も、
パンダ外交で終わるのが関の山でしょうけど・・・。

福田さんの口癖に・・・
国家国民の為に~!と仰るなら、あなたが総理を辞めることが国家国民に為になることを分かりませんか!
どれだけの支持率だと熟知できるんでしょう~~。20%では、まだ~支持が温存されているとでも云いたいのですか~?本当に、往生際の悪いお方ですね・・・あなたは(福田さん)・・・。

聴剣さん、ご無沙汰してました。
精力的にブログ更新、お疲れ様です!

パンダ、いりません。
パンダはチベットのものです。
モコモコ愛くるしいパンダに罪はないけれど、パンダいりません。

「氷を解かす旅」「春爛の旅」…この日中関係のどこが春だ!
胡主席の訪中と、見せかけの「友好」は、四面楚歌にある中国が「外交成功」をアピールするためのもの。
日本政府は、チベット問題と毒餃子問題を外交カードにすることができる。
立場が逆転する好機。しかし福田首相が強い姿勢で臨むことはないでしょう。

毒ギョーザ事件の謝罪もなく、真相究明も一向に進展せず、油田開発の協同運営の相談なんて、何を考えているんでしょうか。
先日、新聞で「支持率」の詳細が記載されておりました。
「リーダーシップがない」が第一位でしたが、おかしいな?と思います。
ネットで見る限り、チベット問題やギョーザ問題における弱腰、即ち対中国外交に関する不満が大きい。さては「リーダーシップ」に言いかえられているのではないかと、疑念が湧いてきました。

パンダ、いりません。
福田首相も、日本には必要ありません。

reikoさんコメントありがとうございます。

見事にパンダで終わりましたね。。ほんとがっかりです!サミット前に辞めてくれ!!

真に国民の事を考えるなら即刻解散すべきです。もうネジレとかいってぐだぐだやってもらいたくないです。



鴻さんコメントありがとうございます。

そう!パンダには罪は無いですよ。
でも懸案を全て棚上げしといてパンダだけを借りてくるなんて愚かですよ。中国の思うつぼじゃない。

>「リーダーシップ」に言いかえられている

たしかに!!
これもマスコミの思惑ですか。中国批判を避けるため?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/374-d6dc31a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。