スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で慰安婦映画・・・またか 

どうしようもない映画が韓国の全州国際映画祭で放映されたようです。



慰安婦問題テーマのドキュ、全州国際映画祭で上映


【全州5日聯合】「上渓洞オリンピック」「送還日記」などのドキュメンタリーで知られるキム・ドンウォン監督が、従軍慰安婦問題を扱った「終わらない戦争」を携え全州国際映画祭を訪れた。
 「終わらない戦争」はタイトルの通り、戦争から抜け出せずにいる元慰安婦らの証言を生々しく盛り込んだドキュメンタリーだ。キム監督はこれまで、独立的なドキュメンタリー作業を続けてきたが、国連人権政策センターの企画を受け明白な制作目的の下に同作を作り上げるため、既存の作業方法を大幅に変更しなければならなかった。

 キム監督は4日、映画上映後のあいさつで「海外放送用に企画されたため、韓国の観客よりも海外の観客を念頭に置いて作った。自分が韓国人だという事実を考えないようにした」と話した。映画の目的は2つあるといい、1つは日本の従軍慰安婦問題を知らない外国人にこれをアピールし、各国議会に日本政府の謝罪を求める決議案を採択させること、2つ目は日本が主張する論理がなぜ誤りなのかについて反論することだと説明した。

 しかしキム監督は、最初は自分の中で必要性を感じられず作業も進まなかったと打ち明ける。その気持ちが変わったのは、昨年春に日本の言論グループなどが「慰安婦動員に強制はなかった」とする広告をワシントン・ポスト紙に掲載したことがきっかけだった。「次第に熱を帯びてきた」というキム監督は、昨年7月に撮影に入り1カ月前に同作を完成させた。

 韓国やフィリピン、オランダ、中国などの元慰安婦の証言が作品の大半を占める。元慰安婦らは、幸せだった幼いころと強制的に従軍させられた辛い日々、終戦後も癒せない傷などについて、重い口を開いている。キム監督は「書類のような確証をたくさん提示するよう諮問を受けたが、わたしはそれよりも元慰安婦の話が重要だと思った。日本は元慰安婦らの話を証拠として認めていないが、証言よりも強力な証拠はない」と述べ、心を動かすのは書類ではなく、元慰安婦の声だと強調した。

 同作はテレビ用に作られたが、国内での放映はまだ難しそうだ。証言した元慰安婦の中には自身が慰安婦だったことを家族に話していない人もおり、テレビでの放映に反対しているという。キム監督は、いまも傷を癒せぬまま暮らしている元慰安婦らの話を紹介し続ける必要があると話した。


聯合ニュース  2008年5月5日付記事




なんとも胸くそ悪くなるような記事です。

映画の目的は

>各国議会に日本政府の謝罪を求める決議案を採択させること

>日本が主張する論理がなぜ誤りなのかについて反論すること

だそうです。。各国議会に決議案を採択させるような映画ですからきっと内容はヒドいものでしょうね。ハァ~・・・


なんで酷いか?それはこの映画が史料を基にして製作されたものではなく、ほとんどを
本当かどうかもわからないような証言ばかりを並べ立てたものなんだそうです。

>キム監督は「書類のような確証をたくさん提示するよう諮問を受けたが、わたしはそれよりも元慰安婦の話が重要だと思った。日本は元慰安婦らの話を証拠として認めていないが、証言よりも強力な証拠はない」と述べ、心を動かすのは書類ではなく、元慰安婦の声だと強調した。

「証言よりも強力な証拠はない」なんて馬鹿な事言ってますが、証言だけでは証拠になりませんよ。キムは阿呆ですか?


しかしこれが世界に出回れば、またどこかの国で慰安婦決議が採択されるでしょうね。

もういい加減にしてほしいですね!!!


それはそうと最近韓国では10代による性犯罪が多発しているようですよ。

韓流なんて気持ちの悪いのが流行ってましたが、実際の韓国はとっても恐ろしい強姦大国です。冬のソナタのような甘い?国ではありません。

気をつけましょう!


「冬ソナ」の純愛イメージ壊す韓国の性犯罪事情

10代では日本の10倍
 韓国でゾッとする事件が明るみになった。
 第4の都市といわれる大邱で、10人あまりの中学生と小学生のグループが小学3年生の女児(9)ら3人を集団レイプしたというのだ。この事件を端緒に、こうした子ども同士の性的虐待が日常化していたことも発覚。昨年11月以降、学校の教室やグラウンドなどで女児が次々に襲われ、被害者は50~100人に上るという。
 事件のおぞましさに韓国社会には激震が走っているが、実は、この国は性犯罪の発生率がかなり高い。しかも、ここ数年、若年層の“暴走”が目に余るのだ。朝鮮日報によると、10代人口10万人当たりのレイプ犯の数は、米国の2倍、日本の10倍という。
 手口も悪辣。ネットでチャットして弱みを握り、関係を強要したあとは行為をバラすと脅迫、集団レイプに持ち込むのだ。韓国事情に詳しいジャーナリストの青木理氏はこう言う。
「韓国は建前と本音がキッチリ分かれていて、出版物に乳首を載せることすらご法度なのに、ネット上には日本以上に過激な無修整ワイセツ映像があふれている。その弊害は大きいと思います。男尊女卑社会ということもレイプと無縁ではありません。また、急速に近代化する一方で社会の矛盾が一気に噴き出し、さまざまな社会問題を引き起こしていることもある。深刻なイジメや自殺率の高さなどがそうで、子ども同士のレイプも、そうした歪みの延長線上で起きたのかもしれません」
 日本では「冬ソナ」のイメージが強烈で、韓国は「純愛の国」と思われがちだが、現実はちょっと違うようだ。


日刊ゲンダイ 2008年5月5日付記事



強姦


こわいですねぇ・・・
スポンサーサイト

コメント

国を挙げてこういうプロパガンダ映画をつくるところが韓国も中国もすごいですね。日本もいろいろ情報工作やらないと不味いのでは、と思います。映画を観た人たちが主張を鵜呑みにすると怖いです。日本人でもいまだに信じてる人がいるんだから。現在世界中で売春をしている韓国人女性をインタビューした上で、歴史と絡めて「韓国人と売春」なんてドキュメンタリー映画を作って公開したらどうかね?戦後の韓国の国営売春やレイプ犯罪発生率の説明も入れてさ。監督の名前を朝鮮名にすればなお良い。あ、それじゃあどっかの国のやることと一緒になっちゃう。でも、いいか!

サボテンの花さんコメントありがとうございます。

日本も拉致問題関連をNHKを通じて世界に発信しようとしていましたね。

国内の実態不明の市民団体?に訴訟まで起こされてこじれていますが。。

>それじゃあどっかの国のやることと一緒になっちゃう。

そうなんですよ!気をつけなきゃです!

日本は真実をどんどん世界に発信していくべきです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/375-548ae742

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。