スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅し取られる日本海 

米ニューヨークの国連本部で27日に開かれた国連地名標準化会議(UNCSGN)で、東海表記問題をめぐり韓日が激しい応酬を展開した。

 会議に出席した外交通商部国際機構局の宋永完(ソン・ヨンワン)局長は首席代表演説を通じ、東海表記の正当性を歴史的・規範的レベルからアピールした。宋局長は、国際的に用いられる地図の約24%が「東海」を併記しており、「日本海」との表記が国際的に確立されたとする日本側の主張は理屈に合わないと強く反発した。東海併記はUNCSGNと国際水路機関(IHO)の決議にも合致する措置だと強調した。

 またUNCSGNとIHOの既存決議は、名称について合意に至らない場合、近隣の国々が使用する名称を併記することを勧告していると紹介した。東海表記問題もこうした関連決議に従い併記されるべきだとし、妥協しない日本の態度を批判している。

 これに対し日本の代表団は、「日本海」は国際的に確立された名称で、韓国が東海表記問題を政治的な目的で提起しているとの主張を繰り返した。また、UNCSGNが東海表記問題を議論する場としてふさわしくないとの立場も示した。

 日本がこうした態度を取るなか、代表団関係者は東海併記が進められて以後4回の会議を経て、この問題が主要議題として浮上しただけでも成果だと評価した。1時間半にわたり行われた討論でも、韓国の主張に賛成するムードが強かったと話している。東海表記問題を国際社会に初めて提起した1992年には、「東海」と併記した地図は全体の1%にも満たなかったが、現在では24%にまで迫っている。

<2007/08/28 11:44配信 聯合ニュース

以上引用  


彼の国等は何も解っていない。反日を唱えることでようやく国体を維持できる国とはもはやまともな議論は出来ないだろう。
オルメリング議長が「個別国家が特定の地名を国際社会に押し付けることはできない」として議論を打ち切ったことをまったく理解できていない。

「日本海」として既に定着していたものを、朝鮮半島の身勝手な主張で変えることなど甚だ迷惑な話なのだ。国際社会は朝鮮半島の主張する「東海」などに微塵の興味も無いという事だ。

現に産経記事によると、韓国案に賛同する国はなく、日本の主張に、オーストリア、英、仏が賛同したようだ。当たり前の結果だ。

一方韓国メディアでは、そのような事実は伝えられておらず、韓国の善戦と各国の賛同があったとねつ造記事を垂れ流している。真実を知らずにいる韓国民には同情する。自国が世界で大恥をかいているともしらないのだから。

=====
国際機関の海図改訂で独自案=日本

日本の小寺次郎国連3席大使は27日、世界の海図作成の基準となる国際水路機関(IHO)の海図集の改訂作業が日本海呼称問題のため暗礁に乗り上げていることを受け、IHO側に「妥協案」を提出したと語った。日本案の内容は不明だが、外交筋によれば、日本海単独表記を主張する立場は不変という。

時事通信 8月28日12時1分配信  

以上引用
=====

なぜ日本が朝鮮の理不尽な主張のために妥協などしなければならないのか。内容は不明だが、このような妥協は後々朝鮮に付け入る隙を与えかねない。彼の国連中は譲れば平気でそれ以上に踏み込んでくる。徹底的に闘うしか無いのだ。日本海単独表記を主張する立場は不変というが、どうなるか注視していく必要があろう


日本海の名称を守るためにも日本政府には頑張ってもらわなければならない。日本の国土はおろか文化までをも奪い去ろうとする、こそ泥国家、いや強奪国家から日本を守ってもらいたい。


是非クリックお願いします!↓
。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/39-acd1a2c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。