スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府は島根県を見習え! 

竹島は日本の領土です!


島根県頑張ってます!

竹島で小中生用副教材作り

 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島=トクト)をめぐり、島根県などは、小中学生を対象にした竹島に関する独自の副教材づくりに取り組む。学校現場で竹島問題への理解を広げるのが狙いで、県が副教材づくりにかかわるのは初めて。来年度から公立小中学校での使用を目指す。

 作製するのは県と県教委、竹島・北方領土返還要求運動県民会議。県は同会議に100万円を補助する。竹島問題を分かりやすく解説した教材は少なく、学校現場で指導方法に戸惑いの声があった。同会議内にある教師でつくる教育者会議が主体となり、内容を検討する。

 竹島問題の副教材では、隠岐の島町教委が2006年度、竹島の歴史的経緯などを盛り込んだ副教材「ふるさと隠岐」を作製した。文部科学省は12年度から全面実施される中学校社会科の新学習指導要領の解説書に竹島を「我が国固有の領土」と明記する方針を固めており、副教材活用への追い風となりそうだ。

中國新聞 2008年5月23日付記事




不甲斐無い政府とは違って島根県は頑張ってくれていますね。


>文部科学省は12年度から全面実施される中学校社会科の新学習指導要領の解説書に竹島を「我が国固有の領土」と明記する方針を固めており、副教材活用への追い風となりそうだ。

とありますが、日本政府は「竹島の日」制定を渋っているしで、本当に竹島を取り戻す気があるのかはっきりしません。日本政府には是非とも島根県を見習ってもらいたいですね。


島根県にはこれからも竹島問題で日本の先頭で頑張ってもらいたいです。

頑張れ島根!!



Web竹島問題研究所では、寄付を募集しています。

ふるさと納税制度を活用し、竹島の領土権の確立に関する事業に寄附をお願いします。
 
 竹島の領土権の早期確立に向け、国民的世論を盛り上げるために次の事業を応援してください。
●竹島問題の研究成果(報告書など)を全国の図書館・大学等へ配布
●広報啓発事業(パンフレット等の作成配布、講演会の開催など)の実施
●子供たちに竹島問題をわかりやすく理解してもらうため教材の作成と配布
詳しい寄附制度について(平成20年4月1日から寄附金を受け付けます。)


詳しくはWeb竹島問題研究所 TOPページで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本考(仮)では竹島についての投票を行っております。




この投票ですが、ブログなどなさっている方で「うちにも置きたい」という方が居りましたら、どうぞ自由にバナーをお使いください。


バナー置き場はこちら!
http://vote.nifty.com/individual/3115/12205/index.html

スポンサーサイト

コメント

聴剣さん、こんばんわ~。
島根県って、日教組の状況はどうなんでしょうか?
アカい県なら、県議も教員も、「独島は韓国様のモノで間違いない!」ってやってるはずですし~。
意外にマトモな県だったりしますか?

るうとさんコメントありがとうございます。
島根県は私の祖父母が住んでるんですよ☆
う~む竹島の日は県議会で決まったものですし、今までも島根県の見解は一貫しています。
島根県はもともと保守なので(自民党がめちゃめちゃ強い土地) 議会で「竹島は韓国のもの」みたいなおかしな主張をする議員は少ないでしょう。

教育についてはわかりませんね。。県の意向に反した教育が行われている可能性も無きにしも非ずですね。

聴剣さん、おはようございます。

>島根県は私の祖父母が住んでるんですよ☆

ああ!だからお詳しいんですね!

>島根県はもともと保守なので(自民党がめちゃめちゃ強い土地) 議会で「竹島は韓国のもの」みたいなおかしな主張をする議員は少ないでしょう。

う~ん。鳥取なんかとは大違いですねぇ。アカく染まった県と、しっかりしてる県。どこで違いができたんでしょうね?

るうとさんふたたびありがとうございます!

最近行ってないので、今はどうなっているか心配ですね~。。田舎なので保守な土地柄ですが、ここんとこの自民党の駄目っぷりに嫌気がさしてないか心配です。
次の選挙で民主党やその他の政党へ票が流れるかもしれません。嫌だなー。


鳥取ね~・・・
勝手に交流回復しちゃうしな~。まー田舎ですから観光の面でやっぱり痛いんでしょうね。島根のセイでっておもってるんでしょうかね。

好きですけどね鳥取。梨が美味しいし。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/398-bb81733a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。