スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央日報に唖然・・・ 

中央日報記事を見てとても驚いたので紹介します。

日本外務省ホームページ、韓国を否定的に紹介


日本外務省が韓国を旅行する自国民のためにホームページに載せている安全対策で、韓国を否定的に描写している。

日本政府は自国民の安全な海外旅行のため、外務省海外安全ホームページに各国に関する情報を掲示している。 この中で大韓民国(韓国)は否定的な面が描写されている。 韓国を訪れる日本観光客に‘韓国は後進性から抜け出せない国’という誤ったイメージを植え付ける可能性があり、政府レベルでの対策が要求される。

犯罪発生状況では、2004年の統計に基づいて作成された2005年韓国警察白書の内容が紹介されている。 窃盗・詐欺・横領・殺人・強盗・性的暴行など8つの犯罪別発生件数とともに、警察白書内容を引用し、強盗など凶悪犯罪は減少しているが、景気低迷による経済犯罪、コンピューター犯罪、女性・少年犯罪者が増えている、と紹介している。 8つの犯罪別発生件数は、こうした犯罪がもっと多く発生している米国や英国、中国の紹介では登場しない内容だ。

滞在中の留意事項では、軍事施設は範囲が非常に広く、写真の撮影に注意が必要だという内容が登場し、国家保安法の内容も出てくる。 共産主義活動は国家保安法により反国家的行為と見なされ、違反者は死刑を含む重刑に処せられるとし、恐怖感を与えている。

交通マナーは否定的な内容ばかり記述されている。 都市地域では交通渋滞が激しく、無理に割り込む車、信号や車線を守らない車、急発進・駐車違反・逆走行・車の間を縫い走行するオートバイに関する説明が出ている。 歩行者は横に広がって歩き、違反横断や信号無視で道路に突然に飛び出してくるため注意が必要、という内容だ。 高速道路は事故多発で注意が必要と紹介している。 交通事故は日本と比較すると人口対比で3倍、車保有台数比で6倍にのぼる、と紹介した。

風俗・習慣・健康の部分では、「朝鮮(チョソン)は朝鮮(チョソン)日報・朝鮮(チョソン)ホテルのような固有名詞以外には使われない」とし「チョウセンは韓国人に植民地時代の不幸な過去を想起させたり、北朝鮮が国号として使用しているので使用しないほうがよい」という説明がまず登場する。

衛生事情では、水道の水質は良くないので飲まないほうがよいと説明した。 また衛生状態が良くない飲食店や屋台で食事をする場合、食中毒や肝炎などに原因になりかねない、と記述している。 さらに韓国でほとんどないコレラや流行性出血熱、マラリア、日本脳炎に関する説明も各項目に分けて大きく扱い、こうした病気があたかも韓国で日常的に発生しているかのように書かれている。

薬局に関する紹介では、ほとんどの薬局では日本語が通じず、副作用が強い薬や薬効が強過ぎる薬が多いため、常備薬は日本から持参するよう案内している。 韓国の病院治療および入院費は比較的高額という説明も登場する。

しかし外交通商部と駐日韓国大使館はもちろん、観光・広報を担当する文化体育観光部、韓国観光公社ともに、日本外務省が韓国をどのように紹介しているかについて正しく把握していない。 駐日韓国大使館側は2日、「実務者が席にいないので答弁できない」と話した。 日本観光客誘致業務を担当している文化体育観光部の関係者は「日本外務省のホームページに接続したことはない。一度見てみる」と述べた。

中央日報 2008年6月3日付記事



「日本政府は自国民の安全な海外旅行のため、外務省海外安全ホームページに各国に関する情報を掲示している。」

って・・・中央日報さんちゃんとわかっているじゃないですか。

外務省HPに載せている「渡航情報」は、自国民が渡航先で事故や犯罪に巻き込まれないようにするために、犯罪の状況や防犯対策などを表示して注意を促しているものです。ようするに海外へ行く自国民に、「これを見てリスク管理をちゃんとやってね」と言ってるページです。

安全対策基礎データとは

 防犯・トラブル回避の観点から提供される基礎的情報で、現地での犯罪発生状況・防犯対策、査証・出入国審査、風俗・習慣・健康、その他滞在時の留意事項などを内容とします。

外務省HP ~渡航情報とは~ より引用



よってその国で起こっている犯罪や防犯対策について載せるのは当たり前のことであり、それを「否定的に紹介」などと反発するのはまったくのお門違いなのです。そもそも外務省の渡航情報を見て旅行する国を決める日本人など誰一人としていません。中央日報も大手を気取るなら「渡航情報」は旅行パンフレットとは違うことくらいは理解しておいてもらいたいものですね。


ちなみに中央日報が批判している韓国の「安全対策基礎データ」はこう。

● 犯罪発生状況、防犯対策
犯罪発生状況
 韓国警察白書(2005年度版)によれば、2004年の犯罪発生総件数は、1,968,183件、人口10万人当たり4.083件で、前年に比べ約3.9%増加し、詐欺、横領、背任は、前年に比べ約9.1%増加しました。統計の取り方や警察の事件の認知の仕方等が異なるため日本とは一概に比較できませんが、主な犯罪の内訳は以下のとおりです。

[主要犯罪内訳]
  窃盗   155,311件 (前年比 17.1%減)
  詐欺   239,664件 (前年比  3.3%増)
  横領    25,702件 (前年比 15.3%増)
  背任    5,787件 (前年比 31.0%増)
  殺人    1,083件 (前年比  8.5%増)
  強盗    5,832件 (前年比 20.0%減)
  強姦    6,950件 (前年比 17.8%増)
  暴力犯  286,464件 (前年比  2.9%減)

警察白書では、2004年に発生した犯罪の特徴について以下のとおり分析しています。

(1)景気低迷による経済犯の増加
 国内外の経済状況の悪化による内需不振、失業率の増加等により、詐欺、横領、不正手形使用等が増加した。

(2)コンピューター犯罪の増加
 インターネット利用人口の増加に伴い、ハッキング、ウィルス流布などのほか、インターネット詐欺、不法サイト運営等のサイバー犯罪が引き続き増加した。

(3)強盗など凶悪犯罪の減少
 刑法犯は、前年比2.9%減少し、特に強盗事件は前年比20%減少した。これは、生活侵害事件に対する取締の強化によるものと見られる。

(4)女性、少年犯罪者の増加
 女性及び少年犯罪者総数は487,575名で、犯罪者総数の21.2%を占めた。

主要都市・地域別の状況

(1)犯罪発生件数は、ソウル市が392,377件で全体の19.9%を占め、ついで京畿道(19.9%)、釜山市(7.2%)、慶尚南道(6.4%)の順となっています。

(2)釜山市の犯罪発生件数は、141,672件で全体の7.2%、済州島は、29,627件で全体の1.5%となっています。

日本人の被害例

(1)犯罪被害事例、犯罪手口
(イ)窃盗(置き引き・スリ)
 駅、市場、繁華街や混雑した車内などでのスリの被害が多く見られ、空港、ホテルのロビー、バスの車内などでは置き引きが多発しています。また、観光中に見知らぬ人から声を掛けられ、油断した隙に財布等を持ち去られる事案も発生しています。
さらに、旅館やモーテルなど比較的安価な宿泊施設を利用した旅行者が室内で窃盗の被害に遭うケースが見られます。これらの施設は安全面で問題がある場合もあり十分注意が必要です。
(ロ)強盗
 深夜、ソウル市内の人通りが少ない路上で、後方から接近してきた複数の者にショルダーバックを強奪されるという事件が発生しています。(後方から被害者を押し倒して、肩にかけていたショルダーバックを強奪するものです。)
(ハ)昏睡強盗
 男性が釜山市内の繁華街で一見紳士風の男性とその友人と称する者から日本語で言葉巧みに誘われ、飲酒酩酊し(睡眠薬等薬物混入の疑いあり)、数時間後、気が付いた時には財布から現金を抜き取られているという事件が発生しました。
(ニ)暴行傷害事件
 釜山のホテルに宿泊中の男性が、ホテルの地下でビリヤードに興じていたところ、韓国人2人と台の順番をめぐってトラブルとなり、相互に暴行傷害を負わせる事件が発生しました。
(ホ)詐欺
タクシーの運転手や空港での無資格ガイドに観光案内を依頼し、法外な料金を請求されたり、無理矢理ショッピングに連れて行かれ、高額な商品を購入させられるケースが見られます。
ソウル市内の北倉洞(プラザホテルの裏手)、南大門市場周辺、新村等では、日本人男性が日本語のできる見知らぬ男性と親しくなり、タクシー等で移動しクラブで飲酒したところ、法外な料金を請求されるケースが発生しています。
親しくなった韓国人に仕事もしくは投資等を持ちかけられ詐欺に遭うケースや、同棲状態の韓国人女性のために女性名義で家を購入したあげく、別れる際に家等を取られたケースがあります。
日本からインターネットを利用してホテルを予約し料金を支払ったものの、実際には予約されていなかったり、予約の変更等が困難であったりするケースがあります。
(へ)殺人
 男性が釜山市内ホテルの室内で殺害され、そのまま放置されるという事件が発生しました。
(ト)文化財保護法違反
 釜山観光に来ていた日本人4人が、骨董品屋で陶磁器(1点数万円程度)等を購入し、金海空港から出国しようとした際、「文化財的価値のある陶磁器を当局の許可なく国外に搬出しようとした」として文化財保護法違反容疑で検挙されるという事案が発生しました。

犯罪被害危険地域
 特段危険地域とされている場所はありませんが、歓楽街や、夜間人通りの少ない場所への立入りは控えましょう。

防犯対策
 何よりも、自分と自分の家族の身は自分たちで守るという心構えが大切です。韓国の治安は比較的安定していると言えますが、外国にいることを常に忘れず、スリや置き引き、詐欺等の一般犯罪には特に注意する必要があります。また、歓楽街や、夜間人通りの少ない場所への立ち入りは控えましょう。
 雑踏では、カバン等はしっかり持ち、貴重品からは常に目を離さないでください。
 パスポートは、コピーをとっておき、クレジット・カードの紛失時の連絡先等は記録しておきましょう。外出する際には必要最小限の貴重品、現金を所持するようにしましょう。また、ホテルに在室中はドアの施錠を確実に行い、ドアチェーンも使用しましょう。
 詐欺や不当な料金請求等の被害に遭わないためには、他人を無条件に信用しないようにしましょう(甘い言葉や誘いにも「ノー」と言う勇気が必要です)。

その他
 ホテルやタクシー内での置き忘れなど、パスポートを紛失する旅行者が多くなっています。行動の節目には必ず貴重品を確認しましょう。
 路上で観光バス等から乗り降りする際や歩行の際には交通事故に遭わないよう十分注意しましょう。

外務省HP ~韓国の安全対策基礎データ~ より引用



別段何の問題も無い記述ですね。これの何処が否定的なのか全く理解できませんね。全て事実。

否定的な事を書くな!という前に手前の国の治安を良くすることを考えてほしいですね。


ちなみに中央日報が「8つの犯罪別発生件数は、こうした犯罪がもっと多く発生している米国や英国、中国の紹介では登場しない内容だ。」と書いているので、中国に関する渡航情報も見てみました。

・リンク
 中国に関する渡航情報


「2005年及び2006年上半期の犯罪件数から見ると、これまでの増加傾向にやや歯止めがかかり、治安は、比較的良好に維持されています」とあるように、犯罪の増加に歯止めがかかってきているようですね。(まああの国の情報がどこまで正確なのかは全く未知ですが)

韓国はほとんどの犯罪が増加していますね。そりゃ載っけなきゃ駄目ですよね。


~~~~~~~~~~~~~~~

最後に・・・
韓国に関する【安全対策基礎データ】を引用しておいたのには理由があります。

下らない記事ですが、これに韓国政府が反応して日本政府に圧力をかけてこないとも限りません。無いとは思いますが、「渡航情報」の内容が書き換えられるような事があれば、それは問題です。後で比較できるように全文引用しておいたのです。

しばらく時間をおいて、外務省の「渡航情報」を見直してみる必要があると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/404-3ed3c0d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。