スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中共主導の犯罪行為を許すな! 

米下院議員ら中国のハッカー侵入公表、警戒呼びかける
 
 【大紀元日本6月14日】米国下院議員がこのほど、議会関係者のパソコンに中国からのハッカーが侵入していると発表した。6月11日午後、議員らが関連決議案を提出、すべての下院議員を対象に、警戒と防犯措置を取るよう求めた。

 6月11日、米国下院のベテラン議員、共和党のフランク・ウルフ(Frank Wolf)氏が国会で記者会見を開いた。2006年8月同議員事務所職員4人のパソコンは全部ハッカーに侵入された。後に、FBIから、ハッカーは中国からと告げられた、と同議員が会見の席で明らかにした。侵入されたパソコンには、同議員が長年かけて収集してきた中国人権問題の情報があり、中国政権異議者のデータも含まれているという。

 中国の人権に関心を示し続けているもう一人のベテラン議員クリス・スミス(Chris Smith)氏も同日に声明文を公表し、米議会人権委員会で使用する同議員のパソコンが2006年12月と2007年3月の二度にわたってハッカー攻撃を受けていたことを発表した。調査の結果、ハッカーのIPアドレスは中国からのものと判明したという。

 また、下院国際関係委員会の報道官リン・ウィル(Lynn Weil)氏は、同委員会のパソコンは、少なくとも一度は中国からのハッカー攻撃を受けたことがあると話した。

 昨年12月、カルロス・グティエレス商務長官が中国訪問の期間中に、同行の米政府関係者が所持するノートパソコンの情報が中国当局に複製・窃取されたとの疑いが浮上、いま、米国側が調査中とAP通信は6月初めに報道した。

 前述のフランク・ウルフ下院議員は、FBIからの説明として、下記の情報を明らかにした。「これまでに、その他の下院議員や、下院委員会の1台のパソコンにも、中国からのハッカー侵入が確認できた」という。

 同議員は、上院のパソコンも同様な攻撃を受けた可能性があると指摘し、自身はだいぶ前からハッカー侵入に気づいたが、米政府関係者には公表しないよう求められていたという。

 「この問題を明らかにしようとする人がいない。毎回、私が行動を起こそうとするときに、必ずだれかから『そうしないでください』と言われる」と同議員は話した。

 FBIとホワイトハウスは今回の発表に関するコメントを避けている。

 ウルフ議員は6月11日午後、関連の決議案を提出、下院議員全員にハッカー侵入への警戒・防犯を強化するよう求めた。「我々が皆、公でこの問題を議論しなければ、この国の安全をさらに悪化させてしまう」と同議員は行動の主旨を説明した。

 この決議案は議会審理で議員全員の支持を得て、下院行政管理委員会に提出された。

 
大紀元時報 2008年6月14日付記事




何々、狙われたのは長年かけて収集してきた中国人権問題の情報や、中国政権異議者のデータが入った一下院議員のパソコンですか。

個人が狙うには面白みが無いですね。


この問題について中国政府は「まさか発展途上国の中国がそうした高等技術を持っていると思っているのか。私はまったく信じない」と反論(産経6月13日付)しているそうです。。都合が悪くなると発展途上国だから・・・を使う中国。もう皆見抜いているのに、まったく面白い国ですね。


さてこのような中国から世界各国へのハッカー攻撃は、度々起こっているそうです。


・フランス政府関係者、中国からのハッカー侵入を明かす

独米英の政府コンピュータシステムに中国軍のハッカーが侵入? ←ここで既に米下院議員パソコンへの中国ハッカー侵入が取り上げられてました・・・


このような国家ぐるみでの犯罪を許して良いのでしょうか。

いいえ絶対に許してはなりません!

各国は一斉に非難の声を上げるべきです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/413-7d92d823

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。