スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖火リレー 近日チベット通過か 

black-350-bar.jpg

アサヒる.net様より提供>


「調和の旅」という名前だけは立派な聖火リレーが、近いうちにチベットや東トルキスタンを通過するようです。日程は確定ではないそうです。

20日からラサで聖火リレー?=北京五輪公式サイト

 【北京16日時事】四川大地震を受けて日程とルートの調整が行われている北京五輪の中国国内聖火リレーで、チベット自治区内の日程が今月19日に山南地区、20、21日はラサで行うとする計画が、16日までに同五輪組織委員会の聖火リレー公式サイトに表示された。ただし、19日は新疆ウイグル自治区で聖火リレーを実施することになっており、サイト上の日程で行われるかどうかは確定していない。まだ組織委の正式発表もない。
 3月に暴動の起きたラサでの聖火リレーは、暴動後の治安の回復状況や、海外メディアへの取材が許可されるかなどで注目を集めている。サイト上の日程では、チベット自治区の後は青海省に続く予定。 (了)

時事通信 2008年6月16日付記事




中国当局は今頃、チベットや東トルキスタンの治安の回復や、五輪が彼らにも歓迎されているということを内外に見せつけるため取締りに躍起になっているかもしれません。きっとリレー当日までに不平分子を完全に取り除いて、聖火リレー中継では聖火を歓迎するチベット住民や僧侶(中身は解放軍?)の映像が流されることでしょう!


これも五輪へ向けての準備かもしれません。   東トルキスタン浄化週間。

五輪テロ計画で20人死刑か=香港団体
 
 【北京16日時事】香港の人権団体・中国人権民主化運動情報センターは16日、新疆ウイグル自治区のウルムチ中級人民法院(地裁)が近く、北京五輪を標的としたテロ活動を計画していたとして逮捕、起訴されたウイグル独立派のうち少なくとも20人に死刑判決を下すと伝えた。

時事通信 2008年6月16日付記事




東トルキスタンの一部が北京へのジハードを宣言してますから、恐らく当局もかなり厳しく取り締まっていたのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/416-e666c178

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。