スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう北京五輪なんて止めchina! 

black-350-bar.jpg

アサヒる.net様より提供>


みなさん、北京五輪までもうあと一ヶ月あまりになりましたね。

私は意地でも北京五輪の中継などは見ないぞ!と独りボイコットを決意しているところです。。意味ないかな?


ところで、世界で大騒ぎになった聖火リレー憶えていますか??えっとなんでしたっけ、「調和の旅」でしたっけ。

チベット人への弾圧に対して聖火リレーが通過した都市では「free tibet!」が叫ばれ、一気にチベット問題が盛り上がりましたよね。

その時の中国政府の反応は確か

「五輪に政治を持ち込むな!」


でしたね。


・・・・・・・じゃあこの記事読んじゃってください!

IOC:中国当局へ、政治とスポーツを分けるよう要求

 【大紀元日本6月28日】チベット自治区で21日に行われた聖火リレーの閉幕式で、地区トップの共産党幹部が、ダライ・ラマを批判するコメントをしたことについて、国際オリンピック委員会(IOC)は、誠に遺憾だと発表し、政治とスポーツを分けるべきだと書簡で北京オリンピック委員会に要請した。

 英BBCの報道によると、チベット自治区党委書記・張慶黎氏が、チベット・ラサで行われた聖火リレーの閉幕式で、「我々は必ずダライ・ラマ集団の企みを打ち破る。われわれは、チベット地区を安定させる力がある」「チベットの空には、永遠に共産党の赤旗がはためく」などという強気な発言を繰り返した。

 IOCは、張慶黎氏の政治的なコメントは誠に遺憾であると発表し、政治とスポーツを分け、2度と同じことが起らないようにとする書簡を北京に送ったことを明らかにした。

 それに対し、中国外交部(外務省に当たる)スポークスマン・劉建超氏は記者会見で、IOCが出した手紙の内容は理解できないと述べ、張氏の発言はあくまでも五輪の安定および調和の環境を作るためであったと強調した。

(翻訳/編集・余靜)

大紀元時報 2008年6月28日付記事



「我々は必ずダライ・ラマ集団の企みを打ち破る。われわれは、チベット地区を安定させる力がある」

>「チベットの空には、永遠に共産党の赤旗がはためく」


まー過激だこと!つい本音が出ちゃったようですね。


あれだけ五輪と政治はなんだかんだと言っておきながら、ばっちり政治持ち込んじゃってます・・・・orz



もうなんか呆れちゃいますね。

こんな下らない北京五輪なんてやめchina!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/428-a3d4c372

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。