スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化くいとめよ 

ーーーー
「我が国は海に沈む」キリバス大統領が全10万人移住計画

球温暖化に伴う海面上昇により、国土が水没の危機にひんしている太平洋の島国キリバスのアノテ・トン大統領(55)は本紙と会見し、「我が国は早晩、海に沈むだろう」と明言。

 国家水没を前提とした上で、国民の脱出を職業訓練などの形で側面支援するよう、日本など先進各国に要請した。

 首都タラワの大統領官邸で、30日、インタビューに応じたトン大統領は、キリバスの水没は不可避との見方を強調、「小さな我が国には海面上昇を防ぐ手だてなどなく、どうしようもない」と述べた。国際社会の取り組みについても、「温暖化は進んでおり、国際社会が(2013年以降のポスト京都議定書の枠組みなどで)今後、どんな決定をしても、もはや手遅れだ」と明確に悲観論を展開した。

9月1日10時0分配信  読売新聞

ーーーー以上引用

太平洋の島国キリバスがとうとう限界のサインを出した。国土の水没が避けられないようだ。

自分たちは何も悪くないのに、他国が排出してきた温室効果ガスの為に国土を失うという現実が迫っているキリバスの国民の、怒りや悲しみは計り知れない。もちろんその怒りは、私達温室効果ガスの排出国の人間に向けられているだろう。
                
※(ツバル共和国についても沈没が懸念されている)

このような国がある一方、経済に支障を来すとして京都議定書の批准を拒否する国もある。日本にも車を乗り回し、暑い寒いでエアコンをぶん回し、温暖化など知ったことかと開き直っている人間がいる。文明に浸りきった今に、車は乗るな、エアコンはつけるなと言ったってそれは無理だ。筆者も車は乗るし、エアコンだって我慢するが我慢できなければつけてしまう orz  一度手に入れてしまった便利さ、快適さを捨てることはよほどの事が無い限り難しい。

しかし、現実に国土を失おうとしている国が出てきた今、私達は本気で地球の事を考え、温暖化を防ぐための努力をしていく必要があるのではないか。これは筆者自身へのことばでもある。。。


日本は主要な排出国であるとともに、省エネ技術がかなり進んでる。これからの日本のありかたとしては、中国やインドなどへの省エネ技術などによる支援を積極的に行い、温暖化防止に貢献してもらいたい。


みなさんも一つ地球について考えてみては?

~~~~~~~~

※国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が4月6日に出した報告書

http://www.jma.go.jp/jma/press/0704/06a/ipcc_ar4_wg2.pdf

今回発表された報告書によると、今現在も地球は温暖化の影響を受けているとしている。
すでに生じている主な影響として、以下のものを挙げている。

・氷河や氷帽が融けることによる、氷河湖の増加と拡大
・永久凍土地域における地盤の不安定化
・山岳における岩なだれの増加
・春季現象(発芽、鳥の渡り、産卵行動など)の早期化
・動植物の生息域の高緯度、高地方向への移動
・北極及び南極の生態系(海氷生物群系を含む)及び食物連鎖上位捕食者における変化
・多くの地域の湖沼や河川における水温上昇
・海面上昇による海岸浸食
・熱波による死亡、媒介生物による感染症リスク
~~~~~~~~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/43-da66163c

キリバス 10万人移住を検討

キリバス 10万人移住を検討など、地球温暖化問題のニュースをいち早くチェック!

  • [2007/09/01 23:46]
  • URL |
  • トピックスバーストβ2.0 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。