スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島「領有」表現避ける・・・結局配慮? 

竹島は我が国固有の領土です!

前エントリをご覧になった方々に謝らなければなりません。

私の早とちりで糠喜びさせてしまいました。申し訳ありませんでした!!!



竹島「領有」表現避ける、韓国に配慮…学習指導要領解説書

 中学校社会科の新学習指導要領の解説書に竹島を初めて記述することを巡り、韓国が反発していた問題で、日本政府は12日、当初方針通り竹島の記述を盛り込む一方、「固有の領土」との表現を避けることで、韓国側への配慮を示す方向で最終調整に入った。文部科学省は14日に都内で開催する中央説明会で、都道府県教育委員会の担当者に解説書を示す予定だ。


 文科省は当初、「我が国の固有の領土である竹島」と記述する方針だったが、韓国が反発、日本政府内でも日韓関係への配慮を求める声が出たため、関係省庁が協議を続けている。これまでの調整で、竹島に関しては「固有の領土」とは表現せず、北方領土の記述に続けて触れることで、領土問題に関する授業で取り上げるべき対象として位置づける方向となった。

 北方領土に関しては「我が国の固有の領土である、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島が現在、ロシア連邦に不法に占拠されている」と記述する予定だ。韓国が竹島の領有権を主張しているとの記述を盛り込むことも検討している。

 解説書は、ほぼ10年に1度の指導要領改定に合わせて文科省が編集、小中高校の各教科ごとに作成する。指導要領の内容を補足するもので、指導要領と同様、出版社の教科書作成や教師が授業を行う際の指針となる。竹島が明記されれば、現在14社の教科書会社のうち4社しかない竹島の記述が増える可能性が高い。

読売新聞 2008年7月13日付記事



記述はするけども表現を曖昧にするってことですか。。。

なんかもうがっかりです。

馬鹿な私は昨日の共同の記事を見て(というか良く読まないで)小躍りしてしまったんですが、まったく大バカ者だったんですね。。とほほ。


具体的にどのような表現になるかは明日を待たねばなりませんが、期待通りの表現にはならないようですね。


なんと中途半端なんでしょう。

やるならやれ!取り戻す気がないんならいっそ放棄してしまえ!

と言いたいです。

・・・・いや、放棄はやっぱマズいかな。
スポンサーサイト

コメント

ガッカリですね。

聴剣さん、今晩。

福田総理のやることだから、
やはり詰めが甘いですね。

日本の国有の領土だと、何故!言わぬ!
腹立だしさでいっぱいです。

何も出来ない総理は、
総理をやっている資格はない。
もう~~やめて!(怒)

reikoさんコメントありがとうございます。

つめが甘いですね。。向こうも福田総理なら押せばなんとかなる!という考えなんでしょう。変な組織作って日本に来ますね。

まったく迷惑な話ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/443-01a93f3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。