スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また変態記事!?今度はJapan Timesか! 

毎日新聞による日本侮辱記事で、日本は世界から誤解を受けたわけですが、、実は変態記事を垂れ流していたのは毎日新聞だけではなかったようです。。。しかも変態記事を垂れ流していた人間は元毎日新聞勤務の男・・・

どうしようもねえな毎日は!


おっとこれは毎日新聞ネタではなかった。

じゃあ記事をどうぞ。

ジャパンタイムズの性的記事配信 「海外に誤解与える」と批判出る


ジャパンタイムズが自らのサイトで、日本人の性的な行動を強調する週刊誌記事などを海外などに多数紹介していたことが分かった。毎日新聞英語版サイトのような改変の指摘はないものの、ネット上では「海外に誤解を与えかねない」と批判が出始めている。

「主婦のセックス もっと金を稼ぐために」

週刊プレイボーイ引用の2006年5月14日付記事
「既婚女性からの反応は、驚くべきものでした。性風俗店には1人の募集に電話が40件も殺到するほどで、彼女らはすぐに仕事を始めたいようにみえます」
ジャパンタイムズのサイト記事で、週刊朝日2002年6月7日号の記事にあるとされた風俗雑誌販売員の告白部分だ。このサイト記事では、風俗ライターの次のようなコメントも紹介されている。

「『リストラひも』と呼ばれる女性らの夫たちもいます」「最近は、夫がリストラされた家庭では、家計を助けるために売春に手を染める妻は珍しくありません」
このサイトは、「TOKYO CONFIDENTIAL」。毎週日曜日に、週刊誌から性に限らず様々なストーリーを3本ほど紹介している。週刊朝日の記事は、ジャパンタイムズの米国人記者が書いた02年6月2日付サイト記事で紹介された。「主婦のセックス もっと金を稼ぐために、もっと無貞操になるために」と刺激的なタイトルが付けられている。

サイトには、この記事のほかに、性的に特異な行動を紹介する多数の記事がストックされている。例えば、06年5月14日付記事では、週刊プレイボーイから引用し、田舎の子どもたちは楽しみごとが少ないため、飲酒やセックスに耽るという医師の話を紹介。また、07年8月5日の記事では、日本人女性100人が少なくとも1回は即エッチを認める主義になったと告白したというSPA!の記事を報じている。タイトルは、それぞれ「田舎のセックス暴走に踏み殺される少女」「即エッチ 性ホルモンが論理を凌駕するとき」とかなり刺激的だ。

毎日「WaiWai」からジャパンタイムズに移る
変態記事を流し続けた毎日新聞英語版サイト「WaiWai」のように、表現を変えられたという指摘はまだ出ていない。各記事には、「ここでの見方はジャパンタイムズの見方を反映したものでなく、われわれは内容の信憑性については保証できない」と断り書きが添えられている。

ところが、ニュースサイトや2ちゃんねるでは、内容が保証されない性的な行動の紹介について、批判が出ている。「海外の人々に多大な誤解を与える」「主婦は売春・買春やり放題。日本人は男も女も淫乱の性的倒錯者ばかり。とでも言いたいのか?」といったものだ。

毎日サイト問題でも発言しているアルファブロガーの池田信夫さんは、これらの記事に対し、こう指摘する。

「このような記事は、一時期はやったオリエンタリズムではないでしょうか。欧米人による東洋人蔑視の裏返しのように思えます。自分たちと違うものは、劣っている、狂っている、正義でないと思っている。読者である白人の潜在的な差別意識をくすぐることで人気を得ようとしているようです」
さらに、ジャパンタイムズが内容を保証しないとしていることについては、「そのようなことを新聞社が書くのは恥、ということを自覚していない」と手厳しい。

ちなみに、サイトの米国人記者は、毎日の紙媒体(当時)「WaiWai」で記事を書いた後、ジャパンタイムズに移籍していた。処分を受けた毎日のライアン・コネル記者とは、「Tabloid Tokyo」の共著者に名を連ねている。

ジャパンタイムズ社の岡田恵介編集局長は、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明する。

「外部からは、10本ぐらい『これはいかがなものか』と指摘は受けました。10年近くサイトのコラムを続けている中で、確かに、900本以上の記事には、性風俗、性行動、性犯罪のものが一部にあります。しかし、年150~60本のなかでそういうテーマは数本です。援助交際など日本人の間で話題のテーマは、日本の一面であることは間違いなく、まじめな記事だと思っています
岡田編集局長は、週刊誌の内容を歪めたりしたことはないとし、刺激的な見出しについては、「キーワードはどうしても入ってしまいますが、記事中の翻訳は正確にしています」と理解を求める。断り書きについては、「掲載責任がまったくないというつもりはありません。出所を説明し、そこからの翻訳であることを誤解のないように伝えておこうというものです」と話す。

同社では、毎日サイト問題が発覚してから、対応を協議しているといい、読者には何らかの形でできるだけ早くきちんと説明したいとしている。


J-CASTニュース 2008年7月31日付記事




もう怒りで記事が真っ赤っかになってしまいました。

この侮辱記事を書いた米国人記者の名はMark Schreiber。そうです「猥猥」のRyann Connellと共に「Tabloid Tokyo」を刊行した曲者です。

02-1.jpg

探偵ファイル 2008年7月29日付記事 より引用。




変態記事はこちら↓


・援交ネタ
「Kids in Net-dating peril」By MARK SCHREIBER  Sunday, Feb. 13, 2005
Asahi Geino
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fd20050213t1.html



・即エッチ!日本人女性はすぐヤル、ヤレる!!男性読者は舌なめずりするべき情報。
「'Soku-H' ? when hormones overrule logic」By MARK SCHREIBER Sunday, Aug. 5, 2007  
Spa! (August 7)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fd20070805t1.html



・1942年生まれのニシダ・マサコは売春婦。微笑みながら高齢主婦の組織売春について語る。 ニシダ・マサコ曰く、「日本では普通の主婦が売春している。売春は儲かる。楽しい。」 「X-rated confessions of a call granny」By MARK SCHREIBER Sunday, April 15, 2007
Shincho 45 (April)
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fd20070415t1.html



2chからいただきました。ありがとう。


さて、この問題についてジャパンタイムズ社の岡田恵介編集局長は、「日本の一面であることは間違いなく、まじめな記事だと思っています」としらを切っているそうです。。反省の色は全く無しですね。


もう一度上の真っ赤っかな部分を読んでみてください。。


どこが真面目な記事なんですか!

日本の女は皆売女!みたいな記事ばかりじゃないですか・・・雑誌の記事をそのままのっけて、まじめな記事ですか・・・

ふざけるな!


一番怒った部分はここ↓

「ここでの見方はジャパンタイムズの見方を反映したものでなく、われわれは内容の信憑性については保証できない」

信憑性の保証できない記事を垂れ流すとはどういう神経をしているんでしょうね。日本の事をあまり知らない外国人がこれらの記事を読んだら、日本に対してどういう印象を持つのか、そのくらいのことも予測できないのか!マスコミ失格でしょ!


記事に責任を持たないようなジャパンタイムズはマスコミ失格である!

即刻廃刊せよ!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/473-b1f577d8

「ハケンに娘はやれぬ!」

と言われて、駆け落ちして来たカップルさんが職場にいます。会社の近くにアパートを借り、朝夕二人で仲良く歩いているのを見かけます。なん...

  • [2008/08/01 21:00]
  • URL |
  • 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。