スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家的モラルハザードに陥った韓国 

押し寄せる韓国人留学生に米教育界が苦心

「ここ数年間韓国人中高生の留学が急増し、米国の中高校がそれらの指導に頭を悩ませている。一部教師は生徒を理解するために、韓国の文化を勉強しはじめた」。エール大・比較文化研究所の名誉研究部長で東岩研究所理事長・全恵星(チョン・ヘソン、78)博士が12日に開かれる世界女性フォーラムに出席するため来韓した。

全博士は、中央SUNDAYとのインタビューで、韓国人中高生の米留学に関連した米教育界の悩みを伝えた。「先輩と後輩の間の綱紀が厳しく暴力事故が起きる。カンニングなど不正行為が目立つ。進学を希望する大学がハーバード・エールなどいくつかの名門大学に集中する」。

研究所は今年4月、米私立中高校の教師ら約200人を対象に韓国人留学生を指導するうえでの苦情を問うアンケート調査を行なった。全博士は「韓国人生徒は不正行為をしても、誤った行動であることに気付けない『モラル・ハザード』に陥っている。ある生徒は進学推薦書を書いてあげたら、気に入らないとして破ってしまった。ビックリした」と語った。

同氏は「申貞娥(シン・ジョンア)氏事件は個人の問題ではない。こうした韓国的状況がもたらした結果だ。本当に大きな問題だ」とした。

中央日報 2007.09.09配信
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=91011&servcode=400§code=400

以上引用
ーーーーーーーーーーーー
>先輩と後輩の間の綱紀が厳しく暴力事故が起きる。カンニングなど不正行為が目立つ。進学を希望する大学がハーバード・エールなどいくつかの名門大学に集中する

>韓国人生徒は不正行為をしても、誤った行動であることに気付けない『モラル・ハザード』に陥っている。


この記事は韓国人の人となりをよく表している。何か気に入らないことがあれば暴力を振い、捏造などの不正を得意とし、不正を不正と思わないのが韓国人である。

また留学するには費用がかかる。それができるのは中産階級以上の国民であろうが、そのような人間にすらモラルが無いのだから、其の他の国民にそれがあるとは到底思えない。

>申貞娥(シン・ジョンア)氏事件は個人の問題ではない。こうした韓国的状況がもたらした結果だ。本当に大きな問題だ

もはや国家自体にすらモラルは求められないということであろう。

日本は慰安婦問題、竹島、在日の問題等に対して、以上のようなことをしっかり把握したうえで対応すべきである。生温い対応では全てを奪われかねない。間違えていることは間違えていると主張し、決して要らぬ譲歩はしてはならない。


最後に、日本にのさばる在日、犯罪目的で入国、不法滞在をする韓国人について、日本もなんらかの対策を講じる必要が有ろう。政府には毅然とした態度を求める。


是非クリックお願いします!↓
。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/48-86c49b7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。