スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民一千万人計画はすでに進行中? 

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」からの引用です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)8月16日(土曜日)弐
通巻第2290号
 

△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 移民一千万人計画を粉砕する行動計画は?
  現実の脅威はもっと身近に、しかも着実に動いている
****************************************

 ちなみに下記の数字をごらん頂きたい。
 
 2002年  3209人
   03   3778
   04   5264 
   05   5878
   06   8272
 2007年 10262


 この数字は、日本へやってきた中国人留学生のなかで、卒業後も、日本で就職した人の数。つまり日本の就職戦線でライバル日本人を蹴落として、職をえた中国人の異常な増え方に注目していただきたい。
他の国の留学生居残り組を含めない。

 かれらは日本の若者の職場を奪っていることに結果するのか?
ちなみに下記に掲げるのが、彼ら彼女らの昨年の就職先の一覧である。

 翻訳・通訳     3431人(33・4%)
 販売・営業     1574人(15・3%)
 情報処理      1242人(12・1%)
 海外業務       656人( 6・4%)
 教育         541人( 5・3%)
 ほか        2818人
 合  計     10262人
 (数字の出展は『留学生新聞』08年8月15日号より)。


 ▼現実を直視する必要があるのでは?

 これらの統計が意味することは日本企業(中国・台湾企業の日本法人を含めて)が、むしろ積極的に中国人留学生を採用しているという“実態である。

 翻訳通訳は中国人の強みである。日本企業は通訳をほしがる。法律事務所や特許事務所は優秀な翻訳家が欲しい。
 社内で日本人が中国語を習得しようとする意欲を欠落させているからである。

 営業・販売は中国人の積極性を買われた。日本人よりエネルギーがあるからだ。五輪をみても、あれほどの闘魂をみせて、メダルを獲得していく中国人のさまを見ていると、ある種感慨が湧くというものだろう。

 情報処理は、逆に中国人のコンピュータ・スキルを求め、しかも安く雇えるからという企業のニーズにマッチしているからだ。

 つまり、中国人留学生にとっては中国に帰国しても溢れる新卒の群れに、コネがないと無職転落か、あっても3k現場の労働者や、サウナの番人になるくらいなら日本で永住したほうが良いと計算したからである。

 まだある。
 かれらはたくましく日本籍の配偶者を捜し求め、国籍を取得し、その数がすでに十万人を越えている!
 この現実を目撃して、むしろ歴史のイロニーを感得するのである。

というのも遣隋使・遣唐使が日本から夥しくシナへ仏教を学びに行った。最澄、空海、道元という巨星も。
 しかし同時にシナから日本へやってきた「遣日使」が、じつは日本からの留学生をはるかにしのぐ人数であり、そのうえ彼らの大半が日本に居座って帰らなかった。この歴史的事実がなぜか知られていない。

 日本人は阿倍仲麻呂にしても望郷の念やみがたく、ついには帰国船がベトナムに流されて帰国の夢を果たせなかったけれども帰国して祖国に貢献したいと念じた。
 他方、鑑真和尚に代表される遣隋使は、そのような野心、使命感は淡かったのだ。

 1000万人の移民受け入れに反対する諸兄!
 抽象的反対ではもはや時間的猶予は限られている。具体的な戦術が必要である。

 遣隋使の打ち切りを提案した「現代の菅原道真」が必要だろうが、同時にすでに日本に帰化した中国人を、「第二の鑑真」とする努力も必要ではないのか。
     ◎ ◎ ◎ ◎
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




2004年から異常に増加しておるようです。

いくら日本が団塊の世代の大量定年で人手不足とはいえ、この数字には何か良からぬものを感じてしまいます。

中国人に雇用の場を奪われるという脅威も勿論ありますが、治安や情報や技術の流失の危険も彼らが増えれば増える程高まります。そして日本の文化の問題もあります。わけの分からない人間をホイホイ移民させて、日本の文化が滅茶苦茶に・・・なんてことになる危険は無いのか?中川などの政治家や企業はどこまで考えているのでしょうか。。



読売新聞にも記事がありました。

留学生就職、初の1万人超え
 法務省は29日、大学などを卒業した後に日本国内で就職した外国人留学生が2007年は1万262人(前年比24%増)に達し、初めて1万人を超えて過去最多になったと発表した。

 「留学」や「就学」の在留資格から、就労を目的とする「人文知識・国際業務」や「技術」などに資格変更を申請した外国人留学生の数は1万1410人(26%増)で、こちらも過去最多となった。このうち90%が申請を許可され、就職したことになる。国・地域別では、中国が前年より1539人増え、7539人でトップだった。韓国が1109人、台湾が282人で続き、アジア諸国が97%を占めた。

読売新聞 2008年7月30日付記事



少し人数にズレがあるようですが、やはり全体的に増えていますね。


中川らが唱える「移民一千万人計画」は私たちの知らないうちに着々と進んでいるのかもしれません。

宮崎正弘さんの言うように何か具体的な戦術が必要なのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/489-c5851124

ピンハネは、ほどほどに

映画 吸血鬼ドラキュラ 期間工と同じ仕事でも年収差は100万円以上 期間工は自動車メーカーが直接雇用する分、派遣社員よりも待遇が恵...

  • [2008/08/18 21:16]
  • URL |
  • 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。