スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華々しい?五輪の裏では未だ弾圧が続く 

black-350-bar.jpg

アサヒる.net様より提供>


北京五輪盛り上がっているようですね。

見ないようにしていますが(意地)、日本選手の活躍を聞くと嬉しくなってしまいます。そして彼らの活躍を祈ってしまいます。

選手の皆様、頑張ってください!!




連日メディアは五輪の様子を伝えていますが、開催国の中国が行っている事には余り興味が無いようですね。

大紀元です。


五輪開催中もチベット人は虐待されている=ダライ・ラマ

 【大紀元日本8月18日】チベット精神指導者ダライ・ラマは8月16日、北京五輪開催中にもかかわらず、中国では依然としてチベット人たちが虐待を受けていると指摘した。

 ダライ・ラマはフランス・TF1テレビ局の取材で、五輪期間中は停戦するという伝統は尊重されているかという質問を受けた時、「非常に不幸なことに、中国政府職員はチベットにおいてオリンピック精神を少しも尊重していない」と述べた。

 また、「チベットでは情報が制限され、非常に厳しい審査を受けている」「一般市民は常に逮捕され、虐待を受け死亡している。本当に、非常に悲惨なことである」と指摘している。

 ダライ・ラマはフランスを2週間訪問したが、主に宗教活動に関係しており、政治議題に対しどのような評論もしなかったが、13日のフランス議員との会談時、中国のチベットにおける行為を批判した。

 ダライ・ラマの訪問はフランス国内で論争を巻き起こし、サルコジ大統領が中国の圧力に屈服しダライ・ラマとの面会を望まなかったと批判した者もいる。

 ダライ・ラマは16日、仏大統領選挙の際、サルコジ氏と争ったロワイヤル氏と面会した。ロワイヤル氏はチベット訪問の意思を示している。

 外国人活動家は北京五輪期間中、北京において多くの抗議活動を行い、中国のチベット人弾圧に対する非難を強調している。しかしダライ・ラマはチベット支持者に対し、五輪の妨害をしないよう呼び掛けている。

大紀元時報 2008年8月18日付記事




世界が五輪に沸いている、、

しかしその一方でチベットなどでは今も弾圧が続いている。


この五輪は多くの人の血の上に成り立っている・・・ということを世界はもっと知るべきである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/490-ddb9bb8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。