スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海を汚しておいて何が独島か東海か! 

韓国による海洋汚染はブログで何回か取り上げてきました。

もうだいぶたちますね。

しかしまだまだ韓国による海洋汚染は収まっていないようです・・・


生物が生息できない‘死の海’、韓国の西・南海に4カ所も

 地球上に海洋生物が生息できない‘死の地域’が拡大している。

米時事週刊誌「タイム」最新号(9月1日付)が「海中の酸素量が急激に減少して生物が生息できなくなった海岸地域が約400カ所にものぼる」と科学専門誌「サイエンス」を引用して報じた。韓国の西海(ソヘ)1カ所と南海(ナムヘ)3カ所の計4カ所も含まれている。

‘死の地域’が拡大しているのは大都市近隣の海岸から川に流れる遺棄栄養物が海を荒廃させているからだ。都市から流れてきた栄養物は海洋生態系の餌になり、海中の緑藻類を急激に成長させた。成長した緑藻類は呼吸を通じ、海中の溶存酸素量(DO)を大幅に減少させる。

今回発表された死の地域(約400カ所)は西海、バルト海、黒海、メキシコ湾海岸、デンマークとスカンジナビア半島の間にあるカテガット海峡周辺などで、主要漁業地域に該当する場所でもある。広さは24万5000平方キロメートル。死の地域は1960年代以降、10年で2倍に拡大している。

研究スタッフは「全体の海の大きさに比べれば‘死の海’の面積は大きくないが、このような地域が海洋生態系に及ぼす影響は致命的だ」と指摘した。

科学者は「死の地域を縮小するためには農業分野で窒素肥料の使用を減らす必要がある」と主張する。溶存酸素量を減少する原因になる海の富栄養化を防ぐためだ。

専門家は「溶存酸素量が減少し、魚介類が大量死するまでは長い潜伏期を経ることもある」とし、事前予防の必要性を強調した。実際、メキシコ湾北側の海岸では数十年にわたり酸素不足のため海底の海洋生態系が破壊されたが、漁業に影響を与えるまでは注目されていなかった。

中央日報 2008年9月1日付記事




日本のEEZ内で密漁し、その籠や網などの不法な投棄。

強い酸性の液体の入ったポリタンクなどの不法な投棄。

汚物・排水などの垂れ流し。


彼らの滅茶苦茶な行為は散々批判され、日本からの要請があったにもかかわらず現在も続いているようです。


海を大切に出来ない奴が「日本海の名称を変える」だって?


笑わせちゃいけません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福田総理の辞任が発表されました。

これは次期総選挙を睨んでの辞任でしょうか。

このまま福田さんで行っても勝てない。となったんでしょうか。


どうなんでしょうね。。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/502-670fcd7a

全国500万人のハケン仲間よ、あなたは年間120万円以上ピンハネされています。この現実をどう思う?

毎日、約5千円~9千円ピンハネされている事が厚生労働省発表のデータから分かりました。 登録型では、1日当り15,577-10,571=5,006円 常用型では...

  • [2008/09/03 22:11]
  • URL |
  • 巨大派遣会社と戦うドンキホーテのブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。