スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだいたのか野中爺!好き勝手言いよって・・・ 

野中さんj!久しぶりです。

中日友好の集い:歴史知り合うことが大切 野中さんが講演--神戸 /兵庫

 神戸中華総商会は20日、神戸市中央区で「9・18中日友好の集い」を開き、元自民党幹事長の野中広務さん(82)が講演。98年、政府高官・自民党幹部として初めて訪れた中国南京市の南京虐殺記念館の様子を紹介し、「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」と語った。

 1925年、京都府園部町(現南丹市)に生まれた野中さんは「自宅近くの山の斜面に兵器工場が疎開してきた。中国や朝鮮半島から連行されてきた人たちが働いていた」と明かした。将来は友好を深め、日本は中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともにEU(欧州連合)のような国づくりを描かなければならない」と述べた。【浜本年弘】

〔神戸版〕

毎日新聞 地方版 2008年9月21日付記事



大丈夫かこの方。

中国、韓国、北朝鮮、そしてロシアとともに欧州連合のような・・・って 


オイオイオイオイ!


どう考えたって不可能でしょーに(笑)

中国、韓国、北朝鮮、そしてロシア・・・問題国家の寄せ集めじゃねえですか!

一つとしてまともな国が無い。。。

引退したからって勝手なこと言われちゃ困りますな。浜コーじゃあるめーし。

まあ野中さんの場合は現役時代からかな。部落利権でウハウハ。反日の塊の様な方ですから?


それにしても、野中さん。南京虐殺記念館訪問は政府高官・自民党幹部としては初だったんですね。う~ん筋金入りですね。


しかもあんな大嘘で塗り固められたプロパガンダ施設を見て、


「1人でも多くの日本人が訪れ、お互いの歴史を率直に知り、友好を深めることが大切」

と言っちゃったり。

幼少期に見た朝鮮人労働者などを

「連行されてきた」

なんて言っちゃうくらいですから、彼はやっぱり本物なんでしょうね。



・・・短い記事なのに突っ込みどころ満載。流石です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/508-a0c6ebb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。