スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自業自得とはまさにこのこと 李大統領 日中に無視される 

竹島を占領し話し合いには一切応じてず、さらに国際的に決まっている「日本海」という呼称を「東海」にしろ!などと主張し、そして世界中で「日本は韓国人女性を性奴隷にした」などと全くの大嘘を宣伝してきた。。

そんな韓国の経済はガタガタのズタボロ。

ヤバいと思ったんでしょう。日本に助けを求めてきましたよ。

<金融危機>韓国が赤っ恥?首脳会談提案を日中が無視韓国

2008年10月、韓国紙・朝鮮日報は、李明博(イ・ミョンバク)大統領が6日にアジア欧州会議(ASEM)で日中と金融に関する首脳会談を開催したいと発言したが、両国からは反応がなく無視された状態になっていると報じた。10日付で中国紙「環球時報」が伝えた。

米金融危機の影響が世界的に拡大しているが、なかでも韓国はウォン安、株安が続き一種のパニック状態となっている。先ごろは債券市場の外国人投資資金流出から通貨危機が訪れるという「9月危機」の風説が流れ、政府がうわさの打ち消しに躍起となる事態まで起きている。

「9月危機」を乗り切った今も緊張した状況が続く韓国だが、李大統領は日中との首脳会談と危機回避の枠組作りを発表、国民の不安を払拭しようとした。しかし日本からは「実質的な提案は聞いていない」、中国からは「まだ構想段階にあると聞いている」などと冷淡な反応が返ってくるにとどまった。朝鮮日報は、首脳会談の開催には綿密な事前準備が必要で、李明博政権の先走りは大きな失態だと批判、むしろ韓国に余裕がないとのメッセージを与えることにつながりかねないと苦言を呈している。(翻訳・編集/KT)

Record China 2008年10月11日付記事




無視されてしまったようですね。かわいそうに。

しかしまあ自業自得。としか言いようがありませんね。日頃あれだけ誹謗されればねえ。
優しい日本も黙っちゃいません。


中国が無視するのも頷けます。

四川大地震で韓国人等から「ざまあみろ」といわれれば・・・ねえ。


反省するしかないですね。

スポンサーサイト

コメント

『喉元過ぎれば熱さ忘れる』・・・民族

聴剣さん、今晩は。

今まで、日本から~~いくら援助された思うのか!その恩も忘れ、

『喉元過ぎれば熱さを忘れる』の諺を、地でいく民族に、
嫌と云うほど苦しめられた日本ですから、

今後も、屈する事無く、
凛と対応して頂きたいと思います。

韓国破綻秒読み

面白いなぁ~、韓国紙www

>九月危機の風説

風説とは笑止。リーマンブラザーズに買収詐欺働いて破綻の決定打(アメリカ激怒)。アメリカ騙して乗り切った危機ですよね?
報道規制のため、ほとんど日本でもニュースの話題になりませんが、ウォンの通貨価値は先週末1日で16%ダウン、資金調達はどん底、国民の年金の60%までを使用。週明け(10/13)にも国家総動員(最後の無駄な抵抗)とかなんとか、韓国では報道=逮捕らしいですが、韓国の方はこの明日にもの経済破綻を知らないんでしょうかね?

reikoさんコメントありがとうございます。

日頃反日に燃えている韓国がみっともないと思わないんでしょうかね・・・思わないんでしょうね。恥なんて言葉は存在しないんでしょう。

ばっさりと切り捨てるべきですね。

こじこじさんコメントありがとうございます。

>アメリカ騙して乗り切った危機

えっ!!そうだったんですか!しかもリーマン破綻の決定打??あわわですねそりゃ。

私経済の方はくわしくないので突っ込んだ記事はかけないんですよね~。報道規制が敷かれちゃうってことはそうとうなところまで言っちゃってるってことですね。


「韓国経済、アイスランドとは異なり不渡り危機少ない」…WSJhttp://japanese.joins.com/article/article.php?aid=105865&servcode=300§code=340

なんて記事もありますね。大丈夫大丈夫っていってるあたり、あまりよろしくないんだなと思ってしまいます。

どうせ韓国が破綻する前に日本が援助しちゃうんだろうな。

国家詐欺

>リーマン破綻の決定打

韓国は10年前の経済破綻をIMFよりお金を借りました。
借りたら返す、その返済が先月9月8日~10日でした。返済はドルで、つまりはウォンの価値が高いほど返済額が少なくすむのです。
そこで登場が、ハゲタカ=ファンドです。彼等は2005年頃からばれないように少しづつウォンを購入。韓国人は国の成長と勘違いwww ウォンは買われ価値がグングンと上昇。返済額が少なくて済むと歓喜の韓国。が、そうはいくかとハゲタカは価値の高まったウォンを売り始めました。するとウォンは価値が減少(安くなったら売りは中止)、韓国はIMFの返済ができなくなるとウォンの価値を上げるため泣く泣くウォンを買います(返済に使う予定のドルでwww)
が、価値が上げる=ハゲタカがすぐに売りを開始します。するとあっという間にウォンの価値は下落の繰り返しと、これがいわゆる九月危機です。
これに対し、資金不足の韓国は国債の発行を、次を宣言します。
「韓国政府関連の銀行がリーマンを援助します」
目的は、国債発行のための国の評価の上昇と、IMFの返済(アメリカ負担分)を先送りにしてくれでした。一応の合意は、韓国は九月危機を乗り切り、またまた宣言。
「リーマンへの援助は中止します」
この、不意打ち大陸横断キムチミサイルはアメリカの対応間に合わず数日でリーマンを粉砕、アメリカ全土はおろか、世界中を大恐慌に巻き込みましたのでしたwww

こじこじさんコメントありがとうございます!

大陸横断キムチミサイルですか!!いや、この恐慌に韓国が絡んでいたなんて知りませんでした…最悪じゃないですか!
勉強になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/516-d2a09e6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。