スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主とマルチの蜜月関係 副代表・国対委員長までもが・・・ 

「小沢さん、次の選挙では政権取れそうですか?」

と聞いたら今の小沢さんはハッキリと「取れる!」と言えるでしょうか。


「国民の生活を守る」民主党が今や「マルチを守る」民主党「国民から金を搾り取る」民主党に・・・ 恐ろしい話ですね。

前田議員とマルチの関係が報道され、前田議員の離党、次期総選挙への不出馬で一応の決着がついたと思われましたが・・・・


まだまだ出てきてます!民主党マルチの関係が!


「擁護」発言次々飛び出す 民主党と「マルチ商法」の親密関係

民主党の前田雄吉衆院議員(48)が、マルチ商法業界から講演料や献金を受け取っていた問題で、民主党離党を正式表明した。前田議員が事務局長を務めていた「マルチ商法支援」の議員連盟には、民主党の石井一副代表や山岡賢次国会対策委員長らも参加したことがある。複数の議員がマルチ商法業界の政治団体から資金提供を受けていたことが明らかになり、民主党とマルチ商法業界との「親密な関係」が取りざたされている。

石井、山岡議員への政治資金提供が確認される

マルチ商法業界の政治団体HPでコメントする山岡民主党国対委員長
マルチ商法業界の政治団体は現在の「ネットワークビジネス推進連盟(NPU)」で、同連盟の事務局長を務めていた前田雄吉衆院議員はマルチ商法業者から2004年~07年にかけて講演料210万円を受け取っていた。「国民の生活第一」を掲げる民主党としては、マルチ商法業界とのつながりはイメージ悪化につながりかねないが、民主党と同連盟のつながりはどうやら深そうだ。同連盟は05~07年にかけて民主党のパーティー券を計170万円分購入していたことがこれまでに明らかになっており、前田議員の関連政治団体のほか、石井議員や山岡議員への政治資金提供が確認されている。

2008年10月16日の会見で民主党の菅直人代表代行は、党幹部がマルチ商法業界の政治団体から資金提供を受けていたことについて、

「最終的には前田雄吉議員本人が離党することで一定のけじめはついた。他の(資金提供を受けた)方についてはどういう事実関係があるか、わたしは直接聞いてないし、知らない。小沢代表の言葉を聞く限りでは、前田議員とは性格が違うと聞いているし、違いはあると思っている」
と話している。

前田議員については国会質問でマルチ商法業界を擁護するような発言があり、問題視されていたが、「ネットワークビジネス推進連盟(NPU)」(名称が「流通ビジネス推進政治連盟」だった時期も含む)のホームページでは、こうした前田議員の国会質問が「3年連続、国会でネットワークビジネスを質問」などと題した記事として取り上げられていた。(現在では削除されている)

山岡議員はマルチ商法を一貫して応援?


「ネットワークビジネスに正しく真面目に取り組んでいる方々が、世間の誤った『常識』から、あらぬ誤解を受け、肩身の狭い思いをされている現状の社会的環境を、いち早く改善して、この誤った『常識を破壊』し、本当の常識を確立していかなければなりません」
というコメントが掲載されていたほか、同連盟理事長と前田議員の3者での対談記事も掲載されていた。そのなかで山岡議員は

「ネットワークビジネスは、個人に対応する新しいビジネスであり、時代や国民の要請でもあると思う。いろいろな誤解や偏見、あるいは業界として未熟な点が残るのであれば、それは、政治の立場や政治連盟の努力で進めていく」
と述べた、と書かれている。「ネットワークビジネス」とは、いわゆる「マルチ商法」のことだ。

山岡議員とマルチ商法業界の関係をめぐっては、08年10月15日のTBS報道番組で、マルチ商法業者のイベントで「究極のフレックスタイムの正規の職業というのがこのネットワークビジネスだ」などと演説する山岡議員の映像が放送されている。こうして見てみると、山岡議員がマルチ商法を一貫して応援していたかのようにも見える。J-CASTニュースでは山岡議員の事務所に問い合わせたが「秘書も含めて地元に戻っていて、誰もいないのでわからない」とのことだった。

もっとも、自民党の野田聖子消費者行政担当相は10月16日の参院予算委員会で、過去にマルチ業界を擁護するかのような発言を国会の答弁でしていたことについて「自分の勉強不足で、消費者の視点に立った質問ができなかった」と釈明するなど、国会とマルチ商法業界との「関係」が取りざたされる事態に発展している。


J-CASTニュース 2008年10月16日付記事




あわわ!

石井一さんに山岡賢次さんじゃないですか!

石井一さんは民主党の副代表、山岡賢次さんは民主党の国会対策委員長。。

どちらも幹部。

これは民主党さんピンチですね。政権奪取目前にしてまさかのスキャンダルですからね~。


んで、実際にどのくらいの献金をもらっていたのかですが、こんな記事が。


民主・石井副代表に450万円 マルチ商法業界が献金

 民主党の石井一副代表(参院比例)が当時代表を務めていた「民主党兵庫県第1区総支部」が2003年、マルチ商法業者らでつくる政治団体など業界側から計450万円の献金を受けていたことが18日分かった。

 同支部が兵庫県選挙管理委員会に提出した03年の政治資金収支報告書の要旨によると、「流通ビジネス推進政治連盟(現・ネットワークビジネス推進連盟)」が300万円、企業1社が150万円をそれぞれ献金していた。

 連盟のホームページには、石井副代表が03年、業界を支援する議員連盟を立ち上げ、名誉会長に就任したとの記載がある。

共同通信(47NEWS) 2008年10月18日付記事



450万ですか。


さあ、小沢さんはこのピンチを乗り切れるでしょうか!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/519-af067bba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。