スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本よ、常任理事国入りに嫉妬する韓国にはかまわず、悲願の常任理事国入りを! 

朝鮮日報記事より

【社説】日本の常任理事国入りを支持したブッシュ大統領

 米国のブッシュ大統領は25日、国連総会で演説を行い、「日本には国連安全保障理事会の常任理事国となる資格が十分にあると信じている」と語った。日本としてはこれほどありがたい話はなかったことだろう。その前日にはイギリスのミリバンド外相が日本やブラジル、インド、南アフリカ共和国の常任理事国入りを支持することを明言した。

 国連の安保理拡大問題をめぐっては数年前から国連改革の一環として浮上し、激しい外交上の駆け引きが繰り広げられてきた。そしてその中心となってきたのが日本だ。日本はすでに膨大な資金力と外交力を背景にかなりの加盟国の支持を取りつけたと言われている。日本は安保理非常任理事国選挙の際には、ライバルだったモンゴルに3億5000万ドル(約400億円)を提供することで、選挙を棄権させている。

 日本がここまで来られたのも、現実的には世界第2位を誇る経済力によるところが大きい。だが日本は他の国とは明らかに異なる、特殊な国だ。まず日本はアジア全体に筆舌に尽くしがたい苦痛と傷跡を与えた第2次世界大戦の責任を認めようとしないでいる。また被害国がいくら反発しようとも、日本の首相や閣僚はA級戦犯の位牌がある(編集部訳注:原文ママ)靖国神社に団体で参拝している。さらに日本はアジア11カ国で推定10万人の女性を強制連行し、日本軍の慰安婦として動員したという歴史的事実すら否定している。安倍前首相はこの問題について「つくりあげられた話」としている。そしてこの問題に関し、米下院で非難決議案の採択を進める動きが強まるや、安倍前首相は被害者でもないブッシュ大統領に謝罪した。

 日本はこうした考え方が自分たちの常識であり、アジアの国々にもそうした独りよがりの考え方を常識として受け入れるよう要求しているのだ。だがアジアのどこでも、そうした日本の考え方を常識として受け入れるところはない。アジアの視点から見れば、日本が安保理の常任理事国入りをもくろむことそのものが、非常識な行動以外の何物でもない。日本が国連でもアジアを代表する国として安保理常任理事国になれば、それはアジアの人々の感情を逆なでする結果となることだろう。

 一方、同じく敗戦国であり、また同程度の経済力を備えながらも、徹底した自己反省を重ねて生まれ変わったドイツの常任理事国入りについては、米国にもイギリスにも積極的に支持する姿勢は見あたらない。米国やヨーロッパにとっては、ヨーロッパが経験した苦痛は容易に忘れられない問題であっても、アジアが経験した苦痛はしょせん他人(ひと)ごとでしかないということなのだろうか。

朝鮮日報  2007/09/27配信

http://www.chosunonline.com/article/20070927000040

ーーーーーーー以上引用

何かと戦前の日本を引き合いに出し、反発する韓国。今回は、米国のブッシュ大統領が支持した日本の安保理常任理事国入りを、日本はアジアに対する蛮行を反省していないとして、反対をしているようだ。

>まず日本はアジア全体に筆舌に尽くしがたい苦痛と傷跡を与えた第2次世界大戦の責任を認めようとしないでいる。

こんなものはとうの昔に決着がついていたではないか。それを毎年のように蒸し返し、謝罪せよ謝罪せよという韓国に問題があるとしか言えない。

 
>被害国がいくら反発しようとも、日本の首相や閣僚はA級戦犯の位牌がある(編集部訳注:原文ママ)靖国神社に団体で参拝している。

そこに戦前日本のために命をかけた方々の魂が祀られているのならば、参拝をするのは個人の自由である。筆者の大叔父も靖国に眠っている。私も参拝した。他国にとやかく言われる筋合いはない。

>日本はアジア11カ国で推定10万人の女性を強制連行し、日本軍の慰安婦として動員したという歴史的事実すら否定している。

歴史を検証するときには、関係者の日記や公的な文書などの一級史料などがしっかりと存在し、なおかつそれを多角的に検討することがなされて、初めて受け入れられるのである。

「慰安婦は強制的に連れてこられた。」「強制的に連れてこられた慰安婦は推定10万人いた。」「慰安婦は性奴隷的なあつかいをうけていた。」これら韓国の主張するものに根拠は一切無い。歴史事実を捏造しているのはどちらの方か、よく考えてみるがいい。



2003年の米国の安保理無視でのイラク戦争開戦以来、国連安保理の存在意義が問われている。しかし依然として常任理事国の政治的な力は強い。日本は米英が日本の常任理事国入りを支持しているこのときを逃してはならない。耳元で五月蝿く飛び回るヤブ蚊は相手にせず、日本政府には是非とも常任理事国入りを果たしてもらいたい。


是非クリックお願いします!↓
。


こっちもお願いします!↓
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/53-bb90262a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。