スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設利権ドップリな小沢さん 

「国民の生活が第一」が売りの民主党・・・・

のはずなのに、トップの小沢さんは建設利権にどっぷりですか。

何処向いてんのかさっぱり解らない小沢さん。

西松建設OB2団体 脱法的献金 4億8000万円


 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)のOB二人が設立した二つの政治団体が、二〇〇六年末までの約十年間に、総額約四億八千万円の政治献金をしていたことが分かった。複数の同社関係者は本紙の取材に「実体は同社がつくった政治団体」と認めている。政治家個人に対する企業献金は禁じられており、同社は“抜け道”を利用した脱法的な献金を続けていた可能性が強い。 
 同社については、海外事業で捻出(ねんしゅつ)した裏金一億円を、無届けで国内に持ち込んだ外為法違反の疑いで、東京地検特捜部が捜査を続けている。
 団体は「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」。西松建設の営業管理部長を務めたOB二人がそれぞれ、一九九五年と九八年に設立。事務所は千代田区内のビルの同室で、〇六年末にそろって解散した。
 二団体の政治資金収支報告書や官報によると、新政治研は十二年間で約三億五千五百万円を寄付し、約七千百万円分のパーティー券を購入。未来研は九九年以降の八年間で、約二千九百万円を寄付、約二千二百万円分のパーティー券を買っていた。
 〇四-〇六年の主な献金は、小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」へ千四百万円、自民党・二階派の政治団体「新しい波」(二階俊博代表)へ七百七十八万円など、与野党首脳や建設族の議員が中心。小沢氏については、岩手県の政党支部にも千七百万円を寄付している。
 二団体の収入は会費と、年三回ずつ都内で開いていた政治資金パーティーの二本柱。会員は新政治研が数百-千四百人、未来研が百人前後。パーティーでは一回平均二百万円近い収入が計上されているが、参加者など実態は不透明だ。
 二団体の代表を務めた西松建設OB二人には、文書などで取材を申し込んだが、二十八日までに応じていない。西松建設総務部は「捜査が続いている現時点では、何もコメントできない」としている。

東京新聞 2008年12月29日付記事



読売も!

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081231-OYT1T00021.htm


おお!小沢さんは西松建設が脱法的献金をした政治家の中で堂々の1位ですね。天晴れ!

汚いお金をこんなにもらっちゃって。。。見返りは何なんでしょうね。気になるところです。




~~~~~~~~~

恥ずかしながら私はこの報道を1月13日に知りました。

こんな大きな事件なのにテレビなどで見かけなかったのは私だけ??

マスコミ小沢民主マンセー!状態ですから故意に報道しなかったのでしょうか?

それとも選挙を睨んでマスコミは知らんぷりしたのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

官報

官報情報が手に入る便利なサイトです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/547-b735094b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。