スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根県「Web竹島問題研究所」を開設 

島根県は、県ホームページ(HP)上に竹島問題に関する研究やリポートの発表、県民らの意見交流の場としての「Web竹島問題研究所」を開設した。

 同研究所は竹島問題研究会を引き継ぎ、新たな研究組織として発足。HP上では同研究会が今年3月にまとめた調査研究の最終報告書などを紹介。最新の資料調査や、その資料についてのリポートや研究なども随時掲載。竹島問題に関して意見を求め、研究所スタッフが回答する意見交流の場も開いた。このほか、竹島問題に関する研修会や啓発活動の日程などについても知ることができる。

 県の藤原弘管理監(竹島担当)は「竹島問題の研究を深めていくなかで、県民、国民への理解を深めていきたい」と話していた。

 Web竹島問題研究所のアドレスはhttp://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/
産經新聞 2007/09/29配信
http://www.sankei.co.jp/chiho/sanin/070929/sni070929000.htm

ーーーーーーーー以上引用

日本で竹島問題に真剣に取り組んでいるのは島根県のみだ。
島根県は「竹島の日」を制定するなど、竹島問題に対する国民の関心を起こさせる努力をしている。島根県にはこれからも頑張っていただきたい。

さて、「Web竹島問題研究所」はどのような活動を行っているのか見てみる。

以下は、 Web 竹島問題研究所HPより抜粋。

Web研究所は、次に掲げる活動を行う。
(1)竹島問題に関する歴史についての客観的な研究、考察、整理とその公開
(2)島根県の主張、活動状況、調査・研究成果、啓発資料などの公開
(3)(1)又は(2)に対する閲覧者からの評価や批判の受理と意見等に対する回答
(4)前各号に掲げるほか、研究所長が必要と認める活動

ーーーーーーー

是非とも日本政府は島根県を見習い、不法占拠を続ける韓国政府に対し竹島返還を要求し、竹島を奪還してほしい。恐らくは竹島を許せば彼の国はつけ込んでくる。未確認だが韓国国内には対馬さえも韓国領土だと主張する連中もあるときく。許せば彼らの標的は対馬になるだろう。用心せよ。


筆者はこの島根県の努力を無駄にさせない為にも、新しい動きがあれば、その都度ここで紹介していきたいと思う。


竹島は日本の領土である。




是非クリックお願いします!↓
。


こっちもお願いします!↓
にほんブログ村 政治ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/55-c96640eb

「Web竹島問題研究所」を開設

「Web竹島問題研究所」を開設など、竹島問題のニュースをいち早くチェック!

  • [2007/09/29 17:08]
  • URL |
  • トピックスバーストβ2.0 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。