スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領土問題解決にはハッキリとした意思表示が必要不可欠! 

竹島は日本の領土です!

変態新聞より引用。

Web竹島問題研究所:「韓国側が攻勢」 研究団体が見解 /島根

 インターネット上で竹島韓国名・独島)に関する調査研究を公開する「Web竹島問題研究所」のスタッフ会議が25日、松江市内で今年度初めて開かれた。下條正男所長(拓殖大教授)は、韓国側の竹島問題への取り組みについて、「前回(今年2月)の会議以降、韓国側がかなり攻勢をかけている」と指摘した。

 同会議は歴史や教育の専門家ら研究スタッフや協力員が参加。下條所長は韓国側の主な動きを列挙し「韓国内でなく、アメリカやヨーロッパ、世界に向けて情報発信している。問題解決は日本政府がはっきり意思表示しない限り難しい」と話した。
(省略)

毎日新聞 2009年5月26日付記事



韓国はまともに戦えば負けると解っているので、日本と論を戦わせるようなことはしない。

そして日本が静かなのを良いことに、世界に嘘をばらまき竹島の不法占拠を正当化しているのである。下条所長の指摘通り、日本政府が毅然とした態度を示さない限り解決はできない。それどころか、韓国の嘘が真実になりかねないであろう。嘘も100回言えば何とやらである。政府はそれをしっかりと認識すべきである。


ところで、麻生総理は北方領土問題に対して、

「(旧ソ連以来)不法占拠が続いている。日本が独立した昭和27年(1952年)から以降、ずっと同じことしか言っていない」と発言した。

また、ロシアからの批判があったことにたいし、

「前から言われている日本政府の公式見解だから、それを私が改めて言ったからと言って、私とメドベージェフ(大統領)との間で特段、話がこじれることはない」

(読売新聞 2009年5月30日付記事より発言部分のみ引用)

とも。堂々としていてとてもよい。

そこで疑問がわいた。なぜ同じように「竹島は日本の領土である!」と堂々と主張できないのか。なぜ「私が改めて言ったからと言って、~~特段、話がこじれることはない」と言うことが出来ないのか。同じ日本の領土であるはずなのに。ロシアには言えて、韓国には言えない何か事情でもあるのか。理解に苦しむ。。。


是非とも竹島問題について政府が先頭に立って、竹島返還に向けて主張をしていただきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/593-3b1c8d9f

【麻生首相にモノ申す】

【櫻井よしこ 麻生首相に申す】領土問題1ミリも譲るなの見出しが躍る。                   ・                   ・ 記事の中で・・・ プーチン首相と握手し破顔大笑する麻生首相。 ロシア外交の場で、このよう...

  • [2009/06/03 18:43]
  • URL |
  • 悲喜交々...reiko's blog |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。