スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルト統一教会を許すな! 

カルト宗教が蔓延る日本。。。

彼らに共通するのは、不安を煽りそこにつけ込む手法である。

騙す手口が巧妙なのか、それとも簡単に騙されてしまう程日本人の心が弱くなったのか。。


印鑑販売拡大、統一教会幹部が指示か メールを押収


 東京都渋谷区の印鑑販売会社「新世」が、根拠のない姓名鑑定で不安をあおって印鑑を売りつけていたとされる事件で、新世社長の田中尚樹容疑者(51)=特定商取引法違反容疑で逮捕=が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の幹部から、印鑑の販売拡大を指示されていたことを示すメールの記録を、警視庁公安部が押収していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。公安部は、統一教会が印鑑販売を通じて信者を集めていたとみて調べている。

 公安部によると、逮捕された田中容疑者ら7人は容疑について否認しているという。

 捜査関係者によると、メールの記録は新世の関係先から押収された。それによると、田中容疑者は、渋谷区などでの布教を担当する統一教会南東京教区の教区長(50)と一日に何度もやりとりしていた。田中容疑者からは教区長に印鑑の販売状況を報告したり、社員の賞与額について指示を仰いだりしていた。教区長はたびたび売り上げを伸ばすよう指示していたという。

 さらに、印鑑の売り上げが少なかった際に新世の販売員が書いたとみられる「反省文」が押収された。田中容疑者が取りまとめて教区長に提出していたとみられる。

 公安部によると、押収資料から、田中容疑者が同教区の運営部長を務めていたことが判明。運営部長は「特別伝道部隊」と呼ばれる信者獲得活動や献金集めを担うチームのまとめ役で、公安部は、新世が特別伝道部隊の拠点だったとみている。

朝日新聞 2009年6月12日付記事




この事件の注目すべきところは「統一教会幹部が指示」していたというところである。

単なる末端の信者が行った犯罪ではない。


教団主導でこのような犯罪行為が行われていたのである!



幹部が印鑑販売で金と信者の獲得を支持していたというが・・・・

これこそ統一教会というカルト教団の汚い本性であり、

今回の事件でその一端が露呈したということである。



このように人を騙し、金を巻き上げているような宗教をなぜ放置しているのか。

公安部は事件を徹底的に追及し、統一教会の真の姿を暴いて欲しい。



そうそう統一教会主催の合同結婚式で、日本人女性6500人が行方不明になっていることはあまりにも有名である。


スポンサーサイト

コメント

 個人的には詐欺商法と共にお金の流れが解明されるのを待っています^^

usakazeさんコメントありがとうございます。


なるほど!お金の流れはどうなってるんでしょうね。まさか北に流れてるって事はないですよねー。
そのへんもしっかり見て欲しいですね。

統一教会、創価学会等カルト教団は政治に深く・広く関与し日本の将来を蝕む病巣です。
彼らの行う集団ストーカー被害について多くの方に実態を知って頂きたいと思います。
この犯罪は利権・金銭収奪の為、非被害者の方も犯罪に巻き込むと考えられます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/603-d1c30cd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。