スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国旗・国歌、嫌いなら辞めよ」上田埼玉知事の発言は至極真っ当なものだ! 

久々に気持ちのいいニュースです。

国旗国歌、嫌いなら辞めよ」=起立しない教員に-上田埼玉知事
 
 上田清司埼玉県知事は1日の県議会本会議で、県立学校の式典で君が代斉唱時に起立しない教員がいることについて「式典のルールに従って模範を示さなければならない教員が模範にならないようでは、どうにもならない」と述べた。その上で「そもそも、日本の国旗国歌が嫌いだというような教員は辞めるしかないのではないか。そんなに嫌だったら辞めたらいい」と強調した。
 君が代斉唱時に起立しない教員がいることへの解決法を民主党県議からただされ、答えた。これに対し、共産党県議団は「思想と良心の自由を定めた憲法19条の規定をないがしろにするもので、700万県民の代表にふさわしくない危険な発言だ」とし、撤回を求める談話を団長名で発表した。


時事ドットコム 2009年7月1日付記事




 学校教育には「儀式」も教育活動の一部として位置づけられている。

当然儀式の際には国旗を掲げ、国歌を斉唱する。これは万国共通の常識である。

上田知事も言うように、教員が「式典のルールに従って模範を示さなければならない」のは当然のことである。教員が模範を示すことで子ども達は、「儀式という厳かな場ではその場に相応しい行動をする」ということを学ぶ。

 しかしそれを教員が己の思想の自由を振りかざし、国旗に敬礼しない、国歌を斉唱しないという身勝手に振る舞えば、子ども達は「何をしようが自分たちの自由だ」と自由の意味を履き違えてしまう。それがゆくゆくは無秩序な社会を産み出すことになるのではないか。


 確かに共産党県議員が言うように「思想と良心の自由」は尊重されるべきものだ。
しかしそれはあくまで個人のものであって、それを教育現場の儀式という場において振りかざすのは、「思想と良心の自由」などではなく単なるエゴでしかない。


 国旗国歌を尊重することの出来ない教員は即刻辞めていただこう。

スポンサーサイト

コメント

おかしな国???

聴剣さん、今晩は。

至極真っ当な事が、物議を醸し出すとは、他国から見たら、笑いモノ。

>教員が己の思想の自由を振りかざ  し、国旗に敬礼しない、国歌を斉唱 しない

こんな教員が、教育界に蔓延っていては、亡国の一途になる。

採用時には、思想チェックも施すべきだと思います。

応援クリック~☆

 辞めてもらう前に教職に就けなくしちゃえば良いのに~

reikoさんコメントありがとうございます。

ほんとに~~。

外国人から見れば何やってんだろう!?と珍しがられるんでしょうね。あー恥ずかしい。


そうですよね。面接のときに訊くべきですよね。


まあそもそも、服務規程違反なんですけどね。上司の命令に背いてますからね。

usakazeさんコメントありがとうございます。


わあ!そうですね!それが一番手っ取り早い。是非そうしてもらいたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nihonwokaeru.blog52.fc2.com/tb.php/619-caeb9f0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。